半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年05月10日

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 第131号
消費抑圧の反動 食品購入は高価格帯へシフト


本コンテンツは、食生活についての消費者への独自調査をもとに、その分析結果をまとめたオリジナルレポートです。調査結果の分析パートと、主要各紙から食生活のトレンドを整理した業界クリップの2部構成でお届けします。

1.中心購入価格帯が高価格化(本文抜粋)
レポートイメージ
レポートイメージ

 宅内食が増えたことで利用が増加している加工食品。その購入価格帯について、現在どうなっているのかを新型コロナ感染症拡大以前と現在を比較して調査した。

 まず、購入頻度をコロナ前の2020年2月以前と比べてみると、冷凍食品、デザート等いずれの品目も増えていた(図表1)。

 ほとんどの品目で100~200円未満の価格帯を中心に購入されている。また魚類缶詰やレトルトカレーでは、3割以上が200円以上のものを購入していることが分かる(図表2)。


レポートダウンロード

レポートのPDFダウンロードには無料の会員登録が必要です。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 中心購入価格帯が高価格化
  2. 子なし層、子独立層で購入される高価格食品
  3. 利用意向の高い高価格食パンと魚類缶詰
  4. コロナ下で抑圧された欲求が食品へ

* 業界クリップ 2021年3-4月(全7頁)

  1. 消費者の動き        【コロナ感染の第4波始まる】
  2. 売れている食品・メニュー  【生ビールの定期配送サービス】
  3. 東京市場          【サイゼリヤのミラノ風ドリア専門店】
  4. 地産地消          【スポーツチームを中心とした地域振興】
  5. 食品企業の経営       【保険業と食品業の業務提携】
  6. 製品開発          【健康の新カテゴリー】
  7. 価格政策          【総額表示に合わせた値上げ】
  8. プロモーション       【感染対策しながら食事を楽しめるマスク】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【自販機で定額制の導入】
  10. ヘッドラインクリップ    2021年3-4月の動向



最新バックナンバー


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

チャネルの見極めとメーカーとの信頼関係づくり 元ヤオコー常務、大塚明氏に聞く
チャネルの見極めとメーカーとの信頼関係づくり 元ヤオコー常務、大塚明氏に聞く

新型コロナの感染拡大は、消費者の購買行動を一変させました。実店舗での買い物は、近場で時間をかけずにすませる作業のようなものに変わりました。CVSは苦戦する一方、ドラッグストアやSMは好調です。しかし、アフターコロナは好調な業態を含めて激しい淘汰が進むと考えています。今回は、ヤオコーの元常務で、コーネル大学RMPジャパンのプログラム・ディレクター大塚明氏へのインタビューから、今後の成長チャネルを見極めるヒントをご紹介します。

市場脱皮期の富裕層開拓マーケティング―価格差別化戦略
市場脱皮期の富裕層開拓マーケティング―価格差別化戦略

コロナ禍で、「ワンランク上」の高級品が売れている。30年ぶりの株高も加わり、「バブル」消費の再来を思い起こさせる。「上」へ昇っていく市場だ。他方でホテルや外食など「下へ」降りていく市場もある。このように転換期にある2021年の市場を、昇降する「エレベーター」のような「市場衰退期」の「脱皮期」と予測する。コロナ禍からの脱出を見据え、品質差別化のマーケティングを提案したい。

コロナ下でも高ロイヤリティ維持する「ハーゲンダッツ」
コロナ下でも高ロイヤリティ維持する「ハーゲンダッツ」

2019年度の冷菓の市場規模は微減、2011年からの7年連続の拡大がストップした。今回の調査では、「ハーゲンダッツ」が認知率を除く6項目で首位を獲得、再購入意向も高く、相変わらずの強さをみせた。在宅時間の増加でアイスを食べるシーンも多様化、従来とは違う切り口でヒットを記録した商品もみられた。需要の最盛期を控え、市場から目が離せない。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.