日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(2019.03)

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 第106号
QRコード決済、一過性のブームに終わるのか?





JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食と生活」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食と生活」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食と生活」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。

本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
無料のご登録はこちらをご覧ください。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 第106号は、
  1. オリジナル調査結果 QRコード決済、一過性のブームに終わるのか?
  2. 業界クリップ - 2019年2-3月の動向
の2部構成でお届けします。


1.20-30代に受容されるQRコード決済、幅広い年代に浸透している電子マネー(本文抜粋)
レポートイメージ

 100億円の還元キャンペーンやそのテレビCMで注目されている、PayPayなどのQRコード決済。既存のスマホ決済プレーヤーである楽天Payは2016年10月、PayPayは2018年10月と導入から日の浅いものが多いが、急速に浸透しつつあるように見える。実際の利用状況はどうなっているのか、調査した。
 QRコード決済の認知率は60.3%と高いが、登録率は22.4%と、Suicaなどの電子マネーと比較するとだいぶ低い(図表1)。しかし、導入からの期間の短さを考慮すると、急速に認知浸透していることがうかがえる。



本コンテンツの全文はPDFでのご提供となります。
【全文を読む】(有料・無料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 20-30代に受容されるQRコード決済、幅広い年代に浸透している電子マネー
  2. 主にコンビニで利用されているQRコード決済
  3. 利用者の感じるメリットは利便性やポイント還元、非利用者の感じるデメリットはセキュリティ不安
  4. キャンペーンが動機のQRコード決済利用者、今後の普及はどうなるか

* 業界クリップ 2019年2-3月(全7頁)

  1. 消費者の動き        【景気の先行に不安】
  2. 売れている食品・メニュー  【清酒市場における首位交代】
  3. 東京市場          【スターバックスの新型店】
  4. 地産地消          【「くまモン」関連商品の好調】
  5. 食品企業の経営       【アルバイトの不適切動画問題】
  6. 製品開発          【缶チューハイで競争激化】
  7. 価格政策          【値上げ発表続く】
  8. プロモーション       【新元号キャンペーン】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【ローソンが減塩への取組強化】
  10. ヘッドラインクリップ    2019年2-3月の動向



最新バックナンバー

全てのバックナンバーはこちら

参照コンテンツ


おすすめ新着記事

成長市場を探せ 冷菓(2019年版)
成長市場を探せ 冷菓(2019年版)

17年の冷菓市場は過去最高を記録するなど、好調を維持し続けている。牽引しているのは中価格帯のアイスだ。「エッセル スーパーカップ」などのスイーツ系や、「sunao」など糖質オフを付加価値にした商品が伸びているとみられる。値上げや増税など逆風要素もある中、各社の今後の動向から目が離せない。

MNEXT 眼のつけどころ<br>次の時代のマーケティング戦略を考える<br>(3)営業の再起動とマーケティングによる市場創造の可能性
MNEXT 眼のつけどころ
次の時代のマーケティング戦略を考える
(3)営業の再起動とマーケティングによる市場創造の可能性

営業問題は日本独特のものだ。流通構造の変化によって日本の営業は岐路に立たされている。今こそ「営業の再起動」の時だ。さらに、マーケティング機能の有効性についても考えてみたい。売上を決定する要因を整理してみると、マーケティングそのうち30%程度の寄与度である。さらに機能別に分解してみると、セグメントとターゲティングがいかに重要であるかが見えてくる。

消費者調査データ 冷菓<br>拡大する市場で独走するハーゲンダッツ
消費者調査データ 冷菓
拡大する市場で独走するハーゲンダッツ

18年度の冷菓市場は7年連続で過去最高を更新する見込みだ。今回も過去の調査同様、「ハーゲンダッツ」が複数項目で首位を獲得、盤石の強さを示した。2位以下は「スーパーカップ」「ピノ」「パルム」などのロングセラーブランドがひしめく混戦模様だ。今春、多くの冷菓ブランドが値上げを発表。各社は高付加価値化を図り、健康訴求を行っている。需要最盛期を前に、今後の動向が注目される。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.