日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



ポケット版・会社早わかり
キリンホールディングス株式会社(2018年12月期)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
キリンホールディングスの2018年12月期決算の総括と戦略計画

キリンホールディングスの2018年12月期連結決算は、売上収益1兆9,305億円(前年同期比3.6%増)、事業利益1,993億円(同2.4%増)で2期連続の増収増益となった。原動力となった日本綜合飲料事業では、ブランドを絞り込んだ効率の高いマーケティングを実行。18年3月発売の「本麒麟」が販売計画を2度上方修正するほどの記録的なヒットとなった。主力の「一番搾り」も市場平均を上回るペースで販売数量を増加させるなど好調で、ビールカテゴリーが3年ぶりに前年比プラスを記録。RTDカテゴリーでも主力の「キリン 氷結」が堅調に推移したほか、4月発売の「キリン・ザ・ストロング」などが好調で、同事業は売上収益が前年同期比2.6%増、事業利益が同11.9%の増収増益となった。海外綜合飲料事業では、オセアニア綜合飲料事業に属する豪ライオン社の酒類部門が堅調に推移したが、低迷を続ける同社飲料部門の売却を決定、オセアニア事業は減収減益となった。海外その他綜合飲料事業では、ミャンマー・ブルワリーの販売数量増加などにより増収増益となったが、海外事業全体では増収減益となった。医療・バイオケミカル事業では、前年の植物成長調整剤事業譲渡の影響などにより減収減益となった。2018年までの中期経営計画では定量目標をすべて達成、「構造改革による、キリングループの再生」を実現したとし、2019年度は「新たな成長を目指した、キリングループの基盤づくり」を掲げた2022年までの中期経営計画を発表。中間持ち株会社のキリンを吸収合併、孫会社にあたる協和発酵バイオを子会社化するなど、組織改編を行い成長軌道を目指す。


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

MNEXT 眼のつけどころ<br>次の時代のマーケティング戦略を考える<br>「嫌韓」層の正体-プロマーケターが読み解く
MNEXT 眼のつけどころ
次の時代のマーケティング戦略を考える
「嫌韓」層の正体-プロマーケターが読み解く

日韓関係が悪化する中、19年5月8日付で毎日新聞に掲載された「なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか」という記事がネット上で話題になった。さらに産経新聞も6月3日付で世代を切り口にした記事を掲載。しかしこれらの主張からは、年代と世代を意図的あるいは無意識的に混同して主張の確からしさを示そうとしているようにも感じられた。この「嫌韓=高齢者」というテーマについて、プロマーケターの視点から統計的真実性を追求してみたい。

成長市場を探せ 冷菓(2019年版)
成長市場を探せ 冷菓(2019年版)

17年の冷菓市場は過去最高を記録するなど、好調を維持し続けている。牽引しているのは中価格帯のアイスだ。「エッセル スーパーカップ」などのスイーツ系や、「sunao」など糖質オフを付加価値にした商品が伸びているとみられる。値上げや増税など逆風要素もある中、各社の今後の動向から目が離せない。

MNEXT 眼のつけどころ<br>次の時代のマーケティング戦略を考える<br>(3)営業の再起動とマーケティングによる市場創造の可能性
MNEXT 眼のつけどころ
次の時代のマーケティング戦略を考える
(3)営業の再起動とマーケティングによる市場創造の可能性

営業問題は日本独特のものだ。流通構造の変化によって日本の営業は岐路に立たされている。今こそ「営業の再起動」の時だ。さらに、マーケティング機能の有効性についても考えてみたい。売上を決定する要因を整理してみると、マーケティングそのうち30%程度の寄与度である。さらに機能別に分解してみると、セグメントとターゲティングがいかに重要であるかが見えてくる。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.