日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



ポケット版・会社早わかり
キリンホールディングス株式会社(2018年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
キリンホールディングスの2017年12月期決算の総括と戦略計画

 キリンホールディングスの2017年12月期連結決算は、売上収益1兆8637億円(前年同期比0.5%増)、事業利益1943億円(同6.8%増)で増収増益となった。売上収益はキリンビール(株)及びライオン社酒類事業での販売数量が減少したが、医薬バイオケミカル事業での技術収入が増加したこと等により、ほぼ前年並みとなった。事業利益は、国内綜合飲料事業と医薬バイオケミカル事業の増益により増加、固定資産売却益と持ち分法による投資損益の貢献により、連結税引き前利益も増加した。さらにブラジルキリン社の株式譲渡に伴う非継続事業からの当期利益の増加により、当期利益も増加した。日本綜合飲料事業では、「キリン一番搾り生ビール」は刷新以降、市場平均を上回るペースで販売数量を増加させたが、6月からの酒類の公正な取引に関する基準の施行等による影響により、ビール類の販売数量は減少。一方で「氷結シリーズ」や新商品「キリン零ICHI」の販売好調や、キリンビバレッジをはじめとする各事業会社における収益性改善の取り組みにより増益となった。これらの結果日本綜合飲料事業全体では減収増益となった。オセアニア綜合飲料事業では飲料事業での材料価格の高騰の影響により、減収減益となった。海外その他綜合飲料事業ではミャンマーブルワリー社におけるミャンマービール等の販売数量の増加による増収と米国での事業譲渡の影響と事業譲渡に伴う初期費用の増加により増収減益となった。医薬バイオケミカル事業では技術収入の増加と研究開発費の減少等により、増収増益となった。今期は低収益事業の再生・再編について大きな成果をあげ、収益構造改革を一段と進めた。今後はビール事業の収益基盤の強化を図りつつ、東南アジアの成長を取り込み、医薬・バイオケミカル事業を成長させることで確実な成長を目指す。


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>コーヒー飲料<br>クラフトボス、ジャパンクラフトマン。ペットボトルコーヒー躍進
消費者調査データ
コーヒー飲料
クラフトボス、ジャパンクラフトマン。ペットボトルコーヒー躍進

2017年のコーヒー飲料市場は前年比2.8%増で、特にペットボトルコーヒーの成長が著しい。今回のランキングでも「BOSS」が6項目で首位を獲得、それを「ジョージア」が追う展開となった。17年4月に発売された「クラフトボス」は前回から大きく評価を上げ、再購入意向では首位に躍り出た。後発のペットボトルコーヒーも健闘しており、新たな飲用シーンを開拓したコーヒー市場から目が離せない。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
"脱コーヒー"で存在感増すペットボトルコーヒー

サントリーの「クラフトボス」のヒットをはじめとし、存在感を増してきているペットボトルコーヒー。いったい、誰がどのような目的で飲用しているのか。今回の調査では、ペットボトルと缶で、飲用シーンや購入理由などに特徴的な差がみられた。ペットボトルコーヒーは、従来の"コーヒー"としての枠組みを超え、缶とは違ったニーズで飲まれている実態が見えてきた。

消費者調査データ<br>無糖茶<br>緑茶飲料が上位独占も、むぎ茶ブームは定着するか
消費者調査データ
無糖茶
緑茶飲料が上位独占も、むぎ茶ブームは定着するか

2017年の茶系飲料市場は、無糖茶が市場の伸びを牽引している。今回の調査でも伊藤園の「お~いお茶 緑茶」が複数項目で首位を獲得、僅差でサントリー「伊右衛門」が続く結果となった。しかし、再購入意向ではコンビニPB3商品が上位に入るなど躍進。18年夏の記録的な猛暑が影響し、熱中症対策として安価なPBが選ばれた結果だと考えられる。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.