日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
江崎グリコ株式会社(2018年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2018年3月期決算の総括
江崎グリコの2018年3月期の連結決算は、売上高3,534億円(前年比0.06%増)、営業利益204億円(同16.25%減)の増収減益となった。セグメント別にみると、菓子、食品、食品原料、その他の部門では増収減益となり、冷菓部門と牛乳・乳製品部門では減収減益となった。菓子部門では、 "ビスコ"や"LIBERA(リベラ)""GABA(ギャバ)"等のチョコレート製品が貢献し、全体では3.2%の増収となったが、販売促進費及び広告宣伝費の増加により減益。食品部門では、"DONBURI亭""カレー職人"が前年を上回り、1.2%の増収となったが、リベート等販売促進費の増加等により減益。食品原料部門では"A-グル"「ファインケミカル」などが前年を上回り、3.0%の増収だったが、売上原価率及び運送費及び保管費率の改善等により減益。その他の部門では、"SUNAO""アーモンド効果"が貢献し、6.1%の増収となったが、販売費及び一般管理費の増加等により減益。冷菓部門は得意先の帳合変更の影響等により減収減益。牛乳・乳製品部門は受託販売の前年割れ、広告宣伝費の増加等による減収減益となった。今後は、機能性食品をはじめとする健康事業の育成や、重点ブランドの強化を加速させていく。また、組織の連携や機能の強化を図り、グループ経営資源を結集させる。海外では、2017年に設立したASEAN地域統括会社をはじめとするグローバルブランド強化など、海外事業の展開をより強く推進する。

【最新版 2018.12.06 更新】
江崎グリコ
企業活動分析
更新状況
01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年 10年
- - - - - - -
11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年
- - - - -
戦略200+・企業活動分析「江崎グリコ」
戦略200+・企業活動分析


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

消費者調査データ 2019年、印象に残ったもの<br>──改元、ラグビー、タピオカ
消費者調査データ 2019年、印象に残ったもの
──改元、ラグビー、タピオカ

2019年に印象に残った出来事ランキング1位は「改元/天皇陛下即位」、人物ランキングでも「天皇皇后両陛下」だった。時代の区切りであり、即位礼正殿の儀、即位パレード、祝賀御列の儀など話題の行事が続いたことも後押ししたようだ。このほか、歌では米津玄師「パプリカ」、ヒット商品では「タピオカ」、流行語ではラグビー日本代表の「ONE TEAM」という結果となった。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>ブーム終焉近い?タピオカドリンク、今後の飲用意向伸びず
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
ブーム終焉近い?タピオカドリンク、今後の飲用意向伸びず

最近は落ち着きを見せてきたものの、「タピる」「タピ活」などの流行語を生み出し根強い人気のタピオカドリンク。一体どのような人たちが飲んでいるのか。調査の結果見えてきたのは、ブームの頭打ちの気配だ。

成長市場を探せ 豆乳(2019年版)
成長市場を探せ 豆乳(2019年版)

豆乳の生産量は過去10年で約2倍の成長を遂げており、2019年には初めて40万キロリットルを超える見込みだ。背景にあるのは消費者の健康志向の高まりだ。低コレステロール、低カロリー、さらに大豆イソフラボンの効果が周知されたことで飲用量が増加。豆乳を使ったメニューの拡散や、凍らせて食べるといった新たな楽しみ方も広がっている。






成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.