半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2022年05月24日

消費者調査データ No.366
冷菓(2022年5月版)
強い「ハーゲンダッツ」、ファンつかむPB



グラフの閲覧・詳細データのダウンロードには有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインしてご利用ください。

 2020年度の冷菓の市場規模は、前年比100.9%の5,197億円。2019年度は天候不順などの影響で2011年からの7年連続の拡大がストップしたが、2020年度は過去最高を更新した(一般社団法人 日本アイスクリーム協会)。また2021年の家計調査ベースでも、食糧費全体が前年割れとなるなか、冷菓の支出金額は10,148円と2年連続して1万円を超え、食糧費に占める冷菓の割合も2年連続で過去最高となった。

 今回は、当社が任意に選んだ冷菓32ブランドについて、「知っている(認知率)」「3ヶ月以内に広告を見た(広告接触)」「3ヶ月以内に店頭でみた(店頭接触)」「買って食べたことがある(購入経験)」「3ヶ月以内に買って食べた(3ヶ月以内購入)」「今後(も)買って食べたい(利用意向)」「購入経験者ベースの今後の購入意向(再購入意向)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査でも、前回(2021年5月版)と同様、「ハーゲンダッツ(ハーゲンダッツ ジャパン)」が認知率を除く6項目で首位を獲得。特に3ヶ月以内購入では2位の「チョコモナカジャンボ(森永製菓)」に9.7ポイント、今後の購入意向でも同じく「チョコモナカジャンボ」に9.3ポイントの差をつけた。

 2位以下には「チョコモナカジャンボ」をはじめ、「明治エッセルスーパーカップ(明治)」、「雪見だいふく(ロッテ)」などが入った。「チョコモナカジャンボ」は3ヶ月以内購入と今後の購入意向のほかにも広告接触で2位。「明治エッセルスーパーカップ」は店頭接触で、「雪見だいふく」は購入経験でそれぞれ2位に入った。

 再購入意向をみると、首位の「ハーゲンダッツ」の75.6%に続くのは、セブン&アイ、イオン、ローソンのPBで、それぞれ70%以上の高い再購入意向となっている。ファミリーマートのPB「食べる牧場アイス」も7位に入っており、提示したPBはすべて10位内にランクインした。前回(2021年5月版)に引き続き、固定ファンをつかんでいる様子がうかがえる。

 2021年度の冷菓市場は、前年度並みで着地の見通しとなっている。コロナ禍で業務用が苦戦する反面、家庭用のマルチパックや癒しのデザートアイス、流行のピスタチオのフレーバーなど、各社も"イエナカ"用に注力している。家計調査によると、食糧費全体に対する冷菓の支出は、2017年に初めて1%を超えてから4年連続で1%台を維持、食生活における存在感は高まり続けている。今年も最需要期が近づいているが、6月以降には原材料価格高騰などによる値上げを予定している商品も多い。マルチパックなど価格が需要に影響する商品も多いことから、どのような影響がみられるのか。再び成長軌道にのれるのかが注目される。


注目ランキング
  • 3ヶ月以内購入
    1. ハーゲンダッツ(ハーゲンダッツ ジャパン)  27.4%
    2. チョコモナカジャンボ(森永製菓)      17.7%
    3. 明治エッセルスーパーカップ(明治)     17.6%
  • 再購入意向
    1. ハーゲンダッツ(ハーゲンダッツ ジャパン)    75.6%
    2. セブンプレミアムアイスクリーム(セブン&アイ) 75.3%
    3. トップバリュのアイス(イオン)         73.3%

ログインしてグラフを見る

グラフの閲覧・詳細データのダウンロードには有料の会員登録が必要です。



詳細データのダウンロード

クロス集計表 サンプルイメージ
消費者調査データ クロス集計表 サンプルイメージ

調査概要

提示32ブランド

  • SUNAO(江崎グリコ)
  • 牧場しぼり(江崎グリコ)
  • ジャイアントコーン(江崎グリコ)
  • アイスの実(江崎グリコ)
  • パナップ(江崎グリコ)
  • 明治エッセルスーパーカップ(明治)
  • 明治TANPACT(明治)
  • 爽(ロッテ)
  • クーリッシュ(ロッテ)
  • レディボーデン(ロッテ)
  • 雪見だいふく(ロッテ)
  • モナ王(ロッテ)
  • ガーナアイス(ロッテ)
  • ピノ(森永乳業)
  • パルム(森永乳業)
  • MOW(モウ)(森永乳業)
  • アイスボックス(森永製菓)
  • サンデーカップ(森永製菓)
  • チョコモナカジャンボ(森永製菓)
  • ヨーロピアンシュガーコーン(クラシエ)
  • ガリガリ君(赤城乳業)
  • ソフ(赤城乳業)
  • かじるバターアイス(赤城乳業)
  • あずきバー(井村屋)
  • ルマンドアイス(ブルボン)
  • サクレ(フタバ食品)
  • 昔なつかしアイスクリン(オハヨー乳業)
  • ハーゲンダッツ
  • 食べる牧場アイス(ファミリーマート)
  • ウチカフェのアイス(ローソン)
  • セブンプレミアムアイスクリーム(セブン&アイ)
  • トップバリュのアイス(イオン)


調査設計

調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2022年4月8日(金)~4月13日(水)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,061サンプル
サンプル構成(%)






参照コンテンツ


おすすめ新着記事

浸透するプレミアムビール、進むビール市場の分解
浸透するプレミアムビール、進むビール市場の分解

コロナ禍での家飲み需要に対応するように、メーカー各社も新商品やリニューアル品を積極的に投入している。今回は、その中でもとりわけ活況なのプレミアムビールに着目して調査を行った。飲用頻度ではレギュラービールの3分の2にとどまるが、コロナ禍以前と比較すると着実に飲用率を伸ばしている。需要をけん引するのは、アッパー層やビールへの高関心層だ。

星野リゾート進出が変えた「豊島区大塚」 ―官民連携で地域活性化の好事例
星野リゾート進出が変えた「豊島区大塚」 ―官民連携で地域活性化の好事例

都心再開発の多くが完工する2030年頃にかけて、人の流れが大きく変化します。「豊島区大塚」もそのひとつで、官民一体の街づくりによって新たな観光スポットに生まれ変わりました。そもそも大塚といえば、良く言えば下町レトロ、、悪く言えばちょっといかがわしい街のイメージ。それが、2018年の星野リゾート進出によって一変しました。エリアマーケティングでは、大塚のような官民一体型の地域活性策も重要になってくるでしょう。

コロナ下でも強い「ビオレUV」、再購入意向は「スキンアクア」
コロナ下でも強い「ビオレUV」、再購入意向は「スキンアクア」

2年連続で大幅縮小したサンケア市場。今年は、コロナ禍での規制緩和により外出機運も高まっており、再成長が期待されている。今回の調査も、過去同様「ビオレUV」が6項目で首位を獲得、盤石の強さをみせた。唯一首位を譲ったのが再購入意向で、「スキンアクア」が87%と圧倒的支持を獲得。各社も花粉ブロックやホワイトニングなど付加価値製品を投入しており、夏を目前にあつい戦いが予想される。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.