日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2017.10)
スイーツのジレンマ
欲望と罪悪感の狭間で成長するチョコレート市場
プロジェクト・チーフ 中尾結花





本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの先行公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 チョコレート市場が好調だ。健康・美容意識の高まりから、チョコレートに含まれるポリフェノールの効果に消費者の注目が集まっている。「チョコレート=健康」というイメージが浸透し、その人気は今や不動のものだ。また、三越伊勢丹が毎年開催する、世界中の有名チョコレートを集めた祭典「サロン・デュ・ショコラ」も年々大規模になり、バレンタインはいつの間にか、"自分のために良いチョコレートを買う日"になってきている。そんな人気が沸騰するチョコレートのこれからの可能性や、人々を引きつける魅力について、考えてみる。


1.絶好調のチョコレート市場とその要因
(1)-1 絶好調の実態その1:売上は好調に推移、高カカオチョコレートが市場をけん引

 2015年のチョコレート市場は小売金額ベースで5,040億円と、初めて5,000億円の大台を突破した。2016年は5,260億円とさらに売上を伸ばし、10年前と比べて3割近く増加している(図表1)。中でも、高カカオチョコレートの人気が高い。高カカオとは、一般的にはカカオ分が70%以上のチョコレートを指す。明治の「チョコレート効果」や森永製菓の「カレ・ド・ショコラ」などが代表例だ。


図表1.チョコレート小売金額の推移
チョコレート小売金額の推移

(1)-2 その要因:「チョコレート=健康」というイメージの定着

 ではなぜ、ここまでチョコレートは支持されているのだろうか。理由のひとつは、今までは「チョコレート=お菓子」だったものが、「チョコレート=健康によい食品」というイメージに転換してきていることにある。

 ポリフェノールを含むチョコレートは、血圧低下、動脈硬化の予防、脳の活性化など、幅広い効果があるとされる。特に高カカオには、ポリフェノールが多く含くまれている。そういったポリフェノールに興味のある消費者をターゲットとして発売されたのが、明治の「チョコレート効果」だ。

 高カカオ商品のほかにも、グリコの「GABA」は「ストレスを低減する」機能性表示食品として、会社員の仕事中のお供としてうまく入り込み、女性だけでなく男性にも間口を広げることに成功した。また、ロッテの「乳酸菌ショコラ」は、生きた乳酸菌を常温で、いつでも食べられる食品として広まった。このように各メーカーも、消費者の健康志向を反映させた商品を次々と市場に投入している。

 健康に良いといわれる食品や商品が星の数ほど出ては消えていく中で、チョコレートに注目が集まっている。売上げが伸び、定着してきている背景には、やはりその「おいしさ」が影響しているのではないだろうか。おいしくなければ、たとえ健康に注目が集まっているとしても、ここまで市場が伸びていくとは考えづらい。


(2)-1 絶好調の実態その2:バレンタイン催事を中心とする、チョコレート催事の人気が過熱

 一方で、三越伊勢丹のサロン・デュ・ショコラや、高島屋のアムール・デュ・ショコラといったチョコレートの催事の過熱ぶりも話題だ。例年伊勢丹新宿店で開催されていた日本でのサロン・デュ・ショコラは、年々来場者が増え、15回目の今年はとうとう東京国際フォーラムでの開催となった。ツイッターでは会場の待ち時間や混雑状況がつぶやかれ、インスタグラムでは1箱何千円もするようなチョコレートの数々が戦利品として連日投稿されていた。また、今年で17回目だった高島屋のアムール・デュ・ショコラも年々売上は伸びてきており、16年には70万人を集め、売上は18億円を超えるほどだったという。

(2)-2 その要因:嗜好品としてのチョコレートと消費者の知識の深まりとこだわり

 チョコレート人気が過熱し、消費者の中には作り方や作り手にとことんこだわる人たちも増えている。特にカカオ豆の厳選から、チョコレート製造までを一貫して行う「bean to bar」を売りにした商品やお店が増えている。このトレンドは2015年頃から始まり、大手メーカーの明治も2016年秋に新生「明治 ザ・チョコレート」を発売して人気となった。このシリーズは、一部販売中止となるほどの売れ行きだという。

 サロン・デュ・ショコラでも、bean to bar専門店が多く出店している。作り手にフォーカスしているのも特徴だ。今やショコラティエはスター的存在であり、購入したチョコレートの箱にサインを書いてもらう消費者もいるほどだ。2017年のサロン・デュ・ショコラではショコラティエのポートフォリオがポスターとなるなど、より作り手に注目が集まっていることがうかがえる。

 モノの背景にあるストーリーも含めて、消費者はその価値を理解して購入しているようだ。

 「チョコレート=健康」というイメージが定着し、さらには「健康は気になるけど、甘いものが食べたい」という心理的ジレンマの解消や罪悪感が軽減できるスイーツとしてチョコレートが人気となっている。さらに消費者の知識が深まり、とことんこだわったチョコレートが求められるようになり、市場は拡大しているようだ。


食べたい」欲求と健康志向との間で揺れる消費者。今後のチョコレート市場を牽引するのは?
【続きを読む】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。


参照コンテンツ


業界の業績と戦略を比較分析する


おすすめ新着記事

消費者調査データ 2019年、印象に残ったもの<br>──改元、ラグビー、タピオカ
消費者調査データ 2019年、印象に残ったもの
──改元、ラグビー、タピオカ

2019年に印象に残った出来事ランキング1位は「改元/天皇陛下即位」、人物ランキングでも「天皇皇后両陛下」だった。時代の区切りであり、即位礼正殿の儀、即位パレード、祝賀御列の儀など話題の行事が続いたことも後押ししたようだ。このほか、歌では米津玄師「パプリカ」、ヒット商品では「タピオカ」、流行語ではラグビー日本代表の「ONE TEAM」という結果となった。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>ブーム終焉近い?タピオカドリンク、今後の飲用意向伸びず
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
ブーム終焉近い?タピオカドリンク、今後の飲用意向伸びず

最近は落ち着きを見せてきたものの、「タピる」「タピ活」などの流行語を生み出し根強い人気のタピオカドリンク。一体どのような人たちが飲んでいるのか。調査の結果見えてきたのは、ブームの頭打ちの気配だ。

成長市場を探せ 豆乳(2019年版)
成長市場を探せ 豆乳(2019年版)

豆乳の生産量は過去10年で約2倍の成長を遂げており、2019年には初めて40万キロリットルを超える見込みだ。背景にあるのは消費者の健康志向の高まりだ。低コレステロール、低カロリー、さらに大豆イソフラボンの効果が周知されたことで飲用量が増加。豆乳を使ったメニューの拡散や、凍らせて食べるといった新たな楽しみ方も広がっている。






成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.