保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
今月の新着情報を掲載しています。

 2017年3月
MON TUE WED THU FRI SAT SUN










1

コンテンツアクセスランキング(2017年2月)
データ・事実
売上高は14ヶ月連続、客単価は2ヶ月連続のプラス。1月の「ファーストフード売上高」 / 売上高は2ヶ月連続のプラス、客単価は4ヶ月連続のプラスとなった、1月の「ファミリーレストラン売上高」
2

企業活動分析
原発事業の巨額損失や半導体事業分社化などで先行き不透明感増す「東芝」 / 4Kテレビの増販やテレビ事業合理化などで増益の「パナソニック」
3

消費者調査データ
袋めん(2017年3月版)
伸び悩む袋めんはロングセラーが上位を固める

レポートダウンロードサービス
「消費社会白書2016」第4章 選択的耐久財サービスにみる商品の普及メカニズム
4

5




6

データ・事実
実収入、可処分所得ともに3ヶ月連続のプラス。1月の「家計収入」 / 勤労者世帯は2ヶ月ぶりのマイナス、全世帯は11ヶ月連続のマイナス。1月の「消費支出」
7

データ・事実
1月の「完全失業率」は改善、「有効求人倍率」は横ばい
成長市場を探せ
ワイン(2017年版)
8

MNEXT 眼のつけどころ
三越伊勢丹の退任騒動の本質は何か?
9

企業活動分析
医薬品の売上増と原価率低下で増収増益を達成した「アステラス製薬」 / 中国・アジアで医薬品事業が高成長。大幅増益となった「エーザイ」
10

データ・事実
持家は12ヶ月ぶりのマイナスも、貸家は15ヶ月連続のプラス。全体でも7ヶ月連続のプラスとなった、1月の「新設住宅着工戸数」 / 普通乗用車は7ヶ月連続のプラス、軽乗用車は26ヶ月連続のマイナス。2月の「乗用車販売台数」
11

12




13

消費からみた景気指標
消費支出がマイナスに転じる。主要14項目中8項目が前年同月比プラス
14

MNEXT 眼のつけどころ
営業力の再構築のとき
15

データ・事実
国内旅行は8ヶ月連続のマイナス、外国人旅行は2ヶ月ぶりのプラスとなった、12月の「旅行業者取扱高」
16

企業活動分析
抗精神薬「エビリファイ」の特許切れなどが影響、減収減益の「大塚HD」 / 「リポビタン」苦戦やジェネリック拡大などで減益となった「大正製薬HD」
17

消費者調査データ
カップめん(2017年3月版)
日清のワンツーフィニッシュ。盤石のカップヌードル、2位はどん兵衛
18

19




20

21

企業活動分析
過去最大の増益を達成した「第一三共」。主力品特許切れへの対応が今後の課題
22

データ・事実
全国では2ヶ月連続、地域別でも6ブロックで50ポイントを下回った、2月の「地域別DI現状判断」 / 全国では19ヶ月ヶ月ぶり、地域別でも9ブロックで50ポイント以上となった、2月の「地域別DI先行き判断」
23

企業活動分析
北米で新製品の売上が好調、黒字回復の「武田薬品工業」
24

データ・事実
給与は4ヶ月連続、労働時間は24ヶ月ぶりのプラス。1月の「現金給与総額と所定外労働時間」
25

26




27

28

29

30

31






会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.