日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
アサヒグループホールディングス株式会社(2018年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2017年12月期決算の総括
アサヒグループホールディングスの2017年12月期連結決算は売上高2兆849億円(前年同期比22.1%増)、営業利益1,832億円(同33.8%増)と増収増益であった。国内の酒類・飲料・食品事業の収益性向上に加えて、中東欧のビール事業も加わった国際事業が好調に推移したことにより、計画を上回る増収増益を果たすことができた。事業別には、酒類事業では、最盛期の天候不順の影響などにより厳しい市場環境となったが、広告販促費などの効率化を図りながら、新ジャンルのシェアを拡大するなど、ブランド力とコスト競争力を同時に高めたことにより収益力を強化した。飲料・食品事業については、引き続き主力ブランドへの集中や統合シナジーの拡大を中心として利益率の向上を図り、「中期経営方針」で掲げる「稼ぐ力」を着実に高めた。また海外では、3月に取得した中東欧のビール事業を含め、欧州事業が好調なスタートを切っており、オセアニア事業と合わせて、国際事業の成長エンジン化が着実に進んでいる。更に、欧州での成長基盤を拡大する一方で、中国の持分法適用会社を譲渡するなど、事業の「選択と集中」を推進したことにより、事業ポートフォリオの再構築に一定の目処をつけることができた。2018年度は「中期経営方針」に基づいて、国内では高付加価値化を軸としたブランド価値の向上などにより収益基盤の更なる盤石化に取り組み、海外では欧州事業を核に国際事業の成長エンジン化を加速する。さらに、企業価値向上経営の深化を目指した経営改革にスピードを上げ て取り組んでいく。

【最新版 2018.7.19 更新】
アサヒグループHD
企業活動分析 更新状況
00年 01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年
10年 11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年
戦略200+・企業活動分析「アサヒグループホールディングス」
戦略200+・企業活動分析


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>無糖茶<br>緑茶飲料が上位独占も、むぎ茶ブームは定着するか
消費者調査データ
無糖茶
緑茶飲料が上位独占も、むぎ茶ブームは定着するか

2017年の茶系飲料市場は、無糖茶が市場の伸びを牽引している。今回の調査でも伊藤園の「お~いお茶 緑茶」が複数項目で首位を獲得、僅差でサントリー「伊右衛門」が続く結果となった。しかし、再購入意向ではコンビニPB3商品が上位に入るなど躍進。18年夏の記録的な猛暑が影響し、熱中症対策として安価なPBが選ばれた結果だと考えられる。

消費者調査データ<br>レトルトカレー<br>強い定番、ロイヤル層を掴む複数パック
消費者調査データ
レトルトカレー
強い定番、ロイヤル層を掴む複数パック

カレールウの市場規模を抜いたとされるレトルトカレー。今回の調査では、7項目中5項目で「ククレカレー」が首位を獲得した。だが2位との差は小さく、「銀座カリー」「ボンカレー」などロングセラーブランドが激しい闘いを繰り広げている。一方再購入意向では「インドカリー(新宿中村屋)」などのプレミアムブランドが上位にランクインするなど様相は異なる。単身世帯の増加や少子高齢化でますますの需要増が見込まれるレトルトカレー市場。今後の行方に注目したい。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>伸びるレトルトカレー 品質向上がカレールーを脅かす
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
伸びるレトルトカレー 品質向上がカレールーを脅かす

レトルトカレーの需要が伸びている。店頭には様々なブランドが並び、幅広い価格帯の商品が揃っている。今回の調査では、1年前と比べてレトルトカレーの喫食率が上がっている一方、カレールーは減少傾向にあることがわかった。なぜレトルトが好まれるようになったのか、その背景を探る。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.