日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
アサヒグループホールディングス株式会社(2018年12月期)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2018年12月期決算の総括

2018年12月期連結決算は売上高2兆1,203億円(前年同期比1.7%増)、営業利益2,118億円(同15.6%増)と増収増益であった。2016年に策定した「中期経営方針」のもとで、「『稼ぐ力』の強化」、「資産・資本効率の向上」、「ESGへの取組み強化」の三つを重点課題として、これまで推進してきた「企業価値向上経営」の更なる深化に取り組んだ。とくに国内に おける強いブランド基盤の拡大や収益構造改革の推進に加えて、海外では、欧州ビール事業を中心にプレミアム市場での成長基盤を拡大するなど、グループ全体で「稼ぐ力」を高めることができた。事業別には、酒類事業では、ビール類の販売数量が市場全体の縮小や前年の販促強化の反動などにより減少、RTD を中心としたビール類以外の強化や固定費全般の効率化などに取り組んだが、減収減益となった。飲料事業では、『カルピス』や『ウィルキンソン』などのカテゴリートップブランドの売上拡大に加え、操業度向上などによるコストダウンを推進したが、前期に売却したチルド飲料事業売却の影響等から減収減益。食品事業では、『ミンティア』などの主力ブランドの集中投資や原材料の低減などを図った結果、売上微増ながら増益となった。国際事業は、中東欧のビール事業の新規連結効果に加え、欧州事業全体が好調に推移したことから大幅な増収増益となった。 2019年12月期は、年初に制定した新グループ理念"Asahi Group Philosophy"、新たな「中期経営方針」に基づいて、国内外での高付加価値ブランドの育成やZBB (ゼロベース予算)の導入などにより『稼ぐ力の強化』 に努め、"グローカルな価値創造経営" を推進する。



【最新版 2019.5.28 更新】
アサヒグループHD
企業活動分析 更新状況
00年 01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年
10年 11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年 19年
戦略200+・企業活動分析「アサヒグループホールディングス」
戦略200+・企業活動分析


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

消費者調査データ 日焼け止め<br>ビオレ、アネッサ、ニベアサン、ヒートアップする日焼け止め市場
消費者調査データ 日焼け止め
ビオレ、アネッサ、ニベアサン、ヒートアップする日焼け止め市場

サンケア関連市場は10年連続で拡大中の成長市場だ。今回の調査でも、複数項目で花王「ビオレUV 日焼け止め」が首位を獲得、ブランドの強さを示した。日焼け止め市場は男性や若年層を取り込みながら、美白などの機能性を強化した商品を投入し成長を続けている。需要の最盛期を迎え、ますます過熱する市場から目が離せない。

戦略ケース<br>キリン「タップ・マルシェ」はクラフトビールの支配者となれるか
戦略ケース
キリン「タップ・マルシェ」はクラフトビールの支配者となれるか

飲食店にとって、クラフトビールの導入はコスト的な障壁が高い。しかし、メニューの差別化・付加価値化のための導入ニーズもまた強い。そんな中、急速に普及しているのがキリンの「タップ・マルシェ」だ。導入店舗は18年末時点で7千店舗超。キリンのサポートや販路などを活用できることは、飲食店、ブルワリー双方にとってメリットが大きい。一方で規模拡大につれ、ブルワリーにとっては「キリン色」がマイナス面になりつつある。

成長市場を探せ クラフトビール(2019年版)
成長市場を探せ クラフトビール(2019年版)

2018年のビール類の市場は1992年以降の過去最低を更新する中、伸びているのがクラフトビールだ。製造量は過去5年間で1.6倍に伸長。製造業者も過去3年間で2割以上増加した。大手メーカーや異業種からの参入も相次いでおり、各地の小規模ブルワリーも含めた今後の市場拡大に期待がかかる。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.