日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2018年10月18日
戦略200+・企業活動分析
株式会社高島屋
18年2月期は増収増益。インバウンド需要で百貨店伸長
2018年2月期決算の総括

高島屋の2018年2月期の連結決算は、売上高9,496億円(前年同期比2.8%増)、営業利益353億円(同3.9%増)、経常利益386億円(同3.7%増)、当期純利益は237億円(同13.4%増)であった。グループ総合戦略である「まちづくり戦略」のもと、営業力の強化に努め、街・館の魅力を最大限に高める取り組みを推進した結果、中心となる百貨店業がインバウンド需要の伸長もあり好調に推移、計画超過での増収増益となった。またデジタル技術を活用し、グループ経営のあり方を抜本的に見直すことで効果を高める「グループ変革プロジェクト」にも着手した。 2018年度は「まちづくり戦略の進化を支えるグループ経営基盤の構築」を経営目標に掲げ、グループの力を結集した「まちづく り戦略」を具現化するとともに、将来を見据えた投資による基盤づくりを行う。また「グループ変革プロジェクト」を推進し、商品情報や顧客情報などこれまで事業ごとに別々に管理さ れてきた非効率なシステムを効率化し、業務の進め方を変革、これらの課題を改善することにより新たに創出された原資をグループの成長戦略に生かす。2022年に向けた長期プランでは、「業界トップ水準の収益・効率・安全性を実現」を目指す。2018年度は将来成長のための先行投資費用増により減益予想ながら、2019年度以降は回復軌道に乗せて成長を加速、2020年度の営業利益500億円の目標達成を目指す。

企業活動分析レポートのダウンロードには有料の会員登録が必要です。
レポートでは企業の戦略や活動を当社独自のフレームに沿って時系列で整理しています。競合比較や業界分析などに幅広くご活用いただけます。

分析レポートのサンプルを見る

分析レポートのダウンロード


バックナンバー
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ

企業活動分析 サンプルのご案内

当コンテンツの全体像をより具体的にイメージしていただけるように、掲載中の239社の中から1社を抜粋してサンプルとしてご用意いたしました。下記よりご利用下さい。


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

消費者調査データ 紅茶飲料<br>成長市場をリードする「午後の紅茶」
消費者調査データ 紅茶飲料
成長市場をリードする「午後の紅茶」

成長市場をリードする「午後の紅茶」
今2019年の紅茶飲料の販売数量は4年連続の増加となった。ここ最近のトレンドは、働く人をターゲットにした新製品や、フルーツのフレーバーティなど新たな切り口の商品の新発売が相次いでいるが、今回の調査結果では、リーディングブランドである「午後の紅茶」がランキングのトップを独占した。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>在宅時間の増加で増えるおうちカフェこだわり派
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
在宅時間の増加で増えるおうちカフェこだわり派

在宅勤務や外出自粛で自宅で過ごす時間が増える中、コーヒーやお茶の飲み方にも"ある変化"が起きている。今回は在宅時間の増加に着目して、コロナ前後でのコーヒーや日本茶の飲み方の変化を探った。その結果、在宅勤務をしている人ほど豆から挽いたコーヒーや茶葉から淹れた日本茶の飲用が増えていることがわかった。コロナ禍で、手間ひまかけて丁寧にコーヒーやお茶を淹れることにより、おうち時間を大切に過ごしたいという意識が垣間見える。

消費者調査データ 日焼け止め<br>盤石「ビオレUV」、ロングセラーひしめく上位に定着する「スキントーンアクア」
消費者調査データ 日焼け止め
盤石「ビオレUV」、ロングセラーひしめく上位に定着する「スキントーンアクア」

今回の調査では複数項目で「ビオレUV」が首位を獲得した。一方「スキントーンアクア」が再購入意向で首位など、ロングセラーひしめく上位で存在感を増している。10年連続で拡大してきたサンケア市場だが、今年は新型コロナウイルスの影響でインバウンド需要が激減。需要最盛期を前に先行き不透明感が続いている。






会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.