日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



ポケット版・会社早わかり
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(2018年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
セブン&アイ・ホールディングスの2017年2月期決算の総括と戦略計画

 セブン&アイ・ホールディングスの2018年2月期の連結決算は、営業収益6兆378億円(前年同期比3.5%増)、営業利益3,917億円(同7.4%増)と、増収増益となった。国内コンビニエンスストア事業では、ドミナント強化を目的とした既存エリアでの新規出店に加え、既存店舗活性化を推進すべく積極的な立地移転を実施し、国内で展開する小売業として初めて20,000店舗を突破した。おにぎりや麺類などの基本商品の積極的なリニューアルを継続し、更なる品質向上に取り組んだことなどにより販売は好調に推移。海外コンビニエンスストア事業も、ファスト・フードやプライベートブランド商品「セブンセレクト」の開発及び販売に引き続き注力した結果、売り上げを伸ばすことができた。スーパーストア事業では、テナントミックスによる売場構成の見直しや、大型ショッピングセンター「Ario」の改装などによる事業構造改革を進めた。また、個店・地域特性に合わせた品揃えの拡充や、新たに安全・安心の生鮮ブランド「セブンプレミアム フレッシュ」の展開を開始するなど差別化商品の販売を強化した。発売10周年を迎えたグループのプライベートブランド商品「セブンプレミアム」は、これを機に「更なる品質の向上」「新たな価値の創造」「新領域への挑戦」の三つの方針を新たに掲げ、ますます多様化するお客様ニーズに対応していく。そして、2020年に営業利益4,500億円・ROE10%を達成を目標とする中期営業計画の2年目となる18年度も、数値目標達成に向けて着実に実行していく。


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>キャッシュレス決済(2019年4月版)<br>Suica、WAON、nanaco、上位に満足度で食い込むQRコード決済
消費者調査データ
キャッシュレス決済(2019年4月版)
Suica、WAON、nanaco、上位に満足度で食い込むQRコード決済

政府主導で普及が進みつつあるキャッシュレス決済。市場規模も高い伸びが見込まれている。今回の調査では、多くの項目で交通系の「Suica」、流通系の「WAON」が上位を争う展開となった。QRコード決済では「PayPay」が認知度が圧倒的だが、利用可能チャネルの少なさから浸透度は低い。新たなサービスが続々登場する中、成長市場の覇者となるのはどれか。今後の市場に注目したい。

MNEXT 眼のつけどころ<br>次の時代のマーケティング戦略を考える<br>(1)AGFA、増税、キャッシュレスなどへの対応
MNEXT 眼のつけどころ
次の時代のマーケティング戦略を考える
(1)AGFA、増税、キャッシュレスなどへの対応

ネットとリアルのメディアが融合する時代、日本の企業に求められるのは、20世紀のブランディング手法から脱却して市場プラットフォームブランドへと革新することだ。次代のマーケティングソリューションのアイデアを、徒然なるままに書き連ねてみる。みなさんのヒントになれば、嬉しい。

成長市場を探せ 無菌包装米飯(2019年版)
成長市場を探せ 無菌包装米飯(2019年版)

人口減や少子高齢化などでコメの消費が減り続けているなかで、2018年のパックご飯の市場は9年連続で増加、過去最高を更新した。「サトウのごはん」が先駆けだが、伸びが著しいのは東日本大震災以降だ。防災意識の高まりで非常食としての需要が増加。加えて技術革新によりおいしさが向上、高齢化や単身世帯の増加などで日常食としても利用が進んでいる。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.