半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年05月27日

ポケット版・会社早わかり
株式会社セブン&アイ・ホールディングス
21年2月期は減収減益。コロナでコンビニ事業苦戦
セブン&アイ・ホールディングスの2021年2月期決算の総括と戦略計画

セブン&アイ・ホールディングスの2021年2月期の連結決算は、営業収益5兆7,667億円(前年同期比13.2%減)、営業利益3,663億円(同13.7%減)と、減収減益となった。国内コンビニエンスストア事業では、消費者の行動変化に対応した商品開発及び品揃え強化に加え、加盟店への感染防止対策物資の支給や経済的支援の実施等の経営サポートにも注力したが、既存店売上は前年を下回り、減収減益となった。海外コンビニエンスストア事業は、ファストフード及びPB商品の開発・販売に引き続き注力したが、コロナ禍の影響で減収減益。スーパーストア事業では、首都圏食品マーケットへの対応強化を目的に、イトーヨーカ堂から「食品館」15店舗及び「ザ・プライス」5店舗をヨークへ移管するなど、事業を再編。巣ごもり需要に対応した食品の売上は伸長したものの、総合スーパーであるイトーヨーカ堂の営業時間短縮及びアリオにおけるテナント部分の休業等が影響し、わずかに減収、営業利益は収益性改善等により大幅増となった。百貨店事業では、営業時間の短縮及び休業等が影響し営業損失、そごう・西武において営業不振の5店舗を閉店した。コロナ禍により、グループが主要な事業領域としている「食」が、健康、安全・安心など暮らしの基盤を支える重要な取り組みであり、ここに注力する意義がますます鮮明になった。2021年度は、根本的な存在意義の見直しから生まれた新たなビジネスチャンスに挑戦し、具体的な成果に結びつけていく。


戦略や業績をより深く分析するには「戦略200+・企業活動分析」をご利用下さい


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

人種のるつぼ「川口市」 
人種のるつぼ「川口市」 "本当に住みやすい街"は流通戦略の新たなモデルケース

テレワークの定着で職住分離が進み、生活者のライフスタイルが変化。それに伴い、人気のエリアも変わってきている。なかでも注目の街が、東京都北区に隣接する埼玉県川口市だ。川口市は、2021年度の税収が当初見込みより34億円上回る943億円になることを発表。コロナ禍で税収が落ち込む自治体が多いなか、バブル期以来の増額補正となった。買い物面では、都市型店舗と郊外型店舗が同居する"買住近接"エリアだ。居住者も多様で、ファミリーからシニア、日本人と外国人など、様々なライフスタイルが共存。多様性の街「川口市」には、今後の流通戦略のヒントを見出すことができる。

5G(第5世代移動通信システム)
5G(第5世代移動通信システム)

5Gとは「第5世代移動通信システム(5th Generation)」のことで、通信規格の名称。現在の「4G」に続く最新の規格で、日本では2020年3月から商用化が開始された。4K/8Kの高精細映像などの大容量コンテンツの伝送や、自動運転や遠隔ロボットへの活用、IoTの普及などが期待されている。

テイクアウト、デリバリーで伸びる洋風ファーストフード
テイクアウト、デリバリーで伸びる洋風ファーストフード

コロナ禍で外食全体が苦戦するなか、ハンバーガーチェーンなどの洋風ファーストフード業態は、コロナ前の2019年と比較しても116.2%と伸長している。原動力となったのは、感染症対策がしやすく、テレワークなど働き方・ライフスタイルの変化に伴うテイクアウトやデリバリーの拡大だ。原材料の値上がりや、健康意識、環境配慮意識の高まりなどの不安要素はあるものの、今後も成長が期待される業態だ。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.