半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

新製品の価格設定はどのように考えればよいのでしょうか?(家電メーカー・商品企画、スタッフ28歳)

 新製品は当然ながら、いかに認知を獲得するか、からマーケティング戦略を検討しなくてはなりません。特に、市場導入の成否は、そのままその商品の市場での生き残りの可否を決定づけてしまうことも多く、価格設定も戦略的に検討する必要があります。

 新製品の価格設定の定石にはつぎのふたつがあります。

(1) スキミング・プライシング(上澄吸収価格戦略)

 発売時は比較的高価格を設定し、商品の普及とともに徐々に価格を低下させていく価格戦略です。このプライシング方法は、つぎのような高価格でも購入される条件があることを前提としています。

  1. 新商品発売当初の顧客層は、いわゆる革新者といわれるタイプであると想定される。この層は、多少高い価格でも、自分の生活上で意味があり、先進的である等のプライドを満たすものであれば購入する層である。
  2. 新商品導入期は競合が少ないと想定されること。価格競争を回避できるこうした高めの価格が市場に定着すれば、商品のイメージ価格を高く維持することも可能。

 こうして、高めの価格レベルで吸収し得る顧客を確実にゲットしながら、競合の参入状況(特に、低価格で参入する競合の出現可能性は事前にチェックが必要)を見定めて価格を下げて市場の拡大を目指すのがこの戦略です。市場における上客をすくい取るためスキミング・プライシング(上澄吸収価格戦略)と呼ばれます。このプライシングの最大のメリットは、新製品の開発コストを早期に回収できる点です。

(2) ペネトレーション・プライシング(市場浸透価格戦略)

 もうひとつの定石がペネトレーション・プライシングです。先のスキミング・プライシングとは逆に、低価格で市場導入し、販売数量の増大をできるだけ短期間で図り、市場そのものの確立を狙う戦略です。ペネトレーション・プライシングは、需要の価格弾力性が高い商品や競合が早期に低価格で参入することが予想される場合にその初動を制する戦略として有効と考えられます。

 ペネトレーション・プライシングを採用する場合は、大量生産を通じたコスト・ダウンが可能であり、利益確保の目処があることについて事前にチェックしておくことが肝要です。また、当然ながら、一旦低価格設定してしまうと、価格を引き上げるためには困難を要します。特に、成熟期に入ると大量販売が難しくなり、価格引き上げ策を議論する可能性が出てきます。価格引き上げのためには、商品のバージョン化など価格変更の根拠が必要であり、将来的にこうした施策が可能であるかについても事前検討が必要です。


図表 新製品のプライシングの定石 図表

 新製品の市場導入時には、認知拡大が急務とされ、プロモーション戦略の構築や実践に目を奪われがちですが、一方で、こうした周到なプライシングを併せて検討しておくことが大切です。



参照コンテンツ


関連FAQ


関連用語


おすすめ新着記事

王者「コカ・コーラ」、固定ファン多い無糖炭酸
王者「コカ・コーラ」、固定ファン多い無糖炭酸

2020年の炭酸飲料の生産者販売金額は前年割れとなった。今回のランキングでは、再購入意向を除く6項目で「コカ・コーラ」が首位、2位以下もロングセラーの有糖炭酸が目立つ結果となった。しかし再購入意向では上位10位内のうち7ブランドが無糖炭酸水だ。在宅勤務中のリフレッシュなどの「巣ごもり需要」が支えているとみられ、今後の伸びが期待される分野である。

「東京エディション虎ノ門」日本上陸!マリオットの最高級ホテルは富裕層の心を掴むか
「東京エディション虎ノ門」日本上陸!マリオットの最高級ホテルは富裕層の心を掴むか

東京五輪に向けて都心での開業ラッシュが続くホテル。そのほとんどがラグジュアリー向けです。トレンドは、宿泊だけでなく、食べる、遊ぶ、集うなどをトータルに提案するライフスタイル型ホテルです。今回は、富裕層向けの中でもハイエンドに位置する「東京エディション虎ノ門」を訪れました。NYのナイトクラブを源泉とするこのブランドの独特なコンセプトと、実際に滞在して感じた空気をお伝えします。

首位争いは「オールフリー」「ドライゼロ」、再購入意向は健康系商品
首位争いは「オールフリー」「ドライゼロ」、再購入意向は健康系商品

2020年のノンアルコール飲料市場は、前年比1%増の2,266万ケースと7年連続で堅実な成長を続けている。コロナ下で飲食店での酒類提供が制限され、代替としても注目を集めるノンアルコール飲料。さらに健康志向の強まりも存在感を後押ししている。今まではノンアルコール飲料といえばビールテイスト飲料がその8割以上をビールテイストが占めていたが、昨今はバラエティ化の動きがみられる。認知や購入ではサントリーの「オールフリー」とアサヒビールの「アサヒ ドライゼロ」が首位争いを繰り広げたが、再購入意向では、別の傾向がみられる。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.