日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
スキミングプライス




スキミングプライスとは

 スキミングプライスとは、上澄吸収価格戦略や上層吸収価格戦略、初期高価格戦略と呼ばれるものです。新商品発売の際に、初期段階では高価格に設定し、早期に粗利益を確保し、開発費や商品導入段階における営業費を回収しようとする価格政策です。そして、売上が低下し始めた段階で、徐々に価格を引き下げていきます。情報家電などでの採用がみられます。

 新商品を市場導入する際に採用される主要な価格戦略には、このほかにペネトレイティングプライスがあります。


スキミングプライスの特徴

 高価格設定となるため、初期段階では富裕層やマニア層(イノベーター層)などの購入が見込まれます。そのため、こうした層の取り込みを通じた評判の形成を狙うことができます。

 価格戦略では、原価に獲得したい利益を乗せて設定するコストオン型だけでなく、コスト回収期間や、狙うターゲットなども考慮して検討する必要があります。例えば、スキミング戦略では、PLC(プロダクトライフサイクル)の黎明期において、流行に敏感なイノベーター層(マニア、オタクとも呼ばれる)をターゲットとして、高めの価格設定で収益を獲得します。逆に、初期にあまりに高い価格を付けたことで、立ち上がりの売れ行きが悪くならないように配慮することも必要です。


スキミングプライスの採用条件

 スキミングプライスを採用することができる条件は、以下のように検討できます。自社の都合ばかりではなく、こうした条件を勘案し、採るべき戦略を検討することが重要です。

 ひとつは、原材料の稀少性や新規生産設備の必要性など制約があり、新商品の生産能力に限界がある場合や、特許などによる参入障壁があり、生産量を急拡大させたり、新規参入する競合の出現が早期には困難だと予想される場合です。このような場合、先行者利益を狙ったスキミングプライスを採用する可能性が高くなります。

 もうひとつは、新商品の需要の価格弾力性が低く、価格に敏感でない新商品の需要がある場合です。発売当初の顧客層は、いわゆる革新者といわれるタイプであると想定されます。こうした条件下では、商品の購買ニーズが価格を超えるため、高めの価格設定が受容されやすいことになります。

 電化製品が市場に登場する際、多くの場合はこのスキミング戦略をとります。大々的なマーケティングを行い、非常に高価格ではあるものの、一部のマニアが購入するケースが一般的です。具体的には、オーディオ機器、スマートフォン等、多くのケースで見られます。

 競合追随までの時間的猶予の予測や消費者の商品に対するニーズの特性を見極めることが肝要です。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

成長市場を探せ チーズ(2019年版)
成長市場を探せ チーズ(2019年版)

チーズ市場が拡大している。農林水産省によると、消費量は過去10年間で4割増加、直近では3年連続で過去最高を更新している。とりわけ伸びているのがナチュラルチーズだ。骨粗鬆症や認知症の予防などの健康効果の周知も消費を後押ししている。外食ではチーズタッカルビやチーズドッグといた専門店も次々登場、SNS映えするメニューで人気を博している。19年2月からは日欧EPAの発効で輸入チーズの関税が引き下げられる。今後、市場拡大の勢いがさらに増すことが予想される。

成長市場を探せ チョコレート(2019年版)
成長市場を探せ チョコレート(2019年版)

全日本菓子協会によると、チョコレートの市場は7年連続で拡大している。成長を支えているのは大人向け商品だ。従来の「太る」「虫歯」といったマイナスイメージに代わり、健康イメージが浸透。高カカオやビーントゥバーといった商品が人気を集めている。2019年のバレンタイン商戦前には「ルビーチョコレート」といった新たなジャンルも登場し、今後ますますの市場拡大が見込まれる。

消費者調査データ<br>平成の31年間で印象に残ったもの
消費者調査データ
平成の31年間で印象に残ったもの

31年にわたった平成も、残り3ヶ月を切った。平成とは、どんな時代だったのか。平成の31年間に起った出来事49件から、「印象に残ったもの」を上位3位まで選んでもらった。もっとも得票数が多かったのが「東日本大震災」で、4割の人が印象に残った出来事の1位に挙げた。震災から8年が経つ今日でも、そのインパクトの大きさがうかがえる。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.