日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ
クラフトビール(2019年版)



 2018年のビール類市場は14年連続で下落、1992年以降の過去最低を更新するなど、ビール類全体がシュリンクするなか、クラフトビールがひとり気を吐いている。




 国税庁の「地ビール等製造業の概要」によれば、クラフトビールは伸長を続け、ここ5年間で製造量は1.6倍に拡大、2015年、2016年は2桁の伸び、2017年も前年比109%となった。昨年4月のビールの定義変更や、世界的なクラフトビールブームも追い風だ。製造業者も3年で25%も増加、クラフトビールのブームは、90年代後半の規制緩和をきっかけとした第1次のブーム、2000年代後半の第2次ブームに続く、第3次クラフトビールブームとでもいうべき状況だ。

 クラフトビールには大手メーカーも注力している。キリンは2014年に国内最大のクラフトブルワリー「ヤッホーブルーイング」を買収、2015年にはクラフトビールの醸造所とレストランを併設した「スプリングバレーブルワリー」をオープン。2018年にはクラフトビール専用サーバーの「タップマルシェ」を開発、全国の飲食店に設置した。アサヒビールは、2016年に一度事業を大幅に縮小したものの、翌2017年には茨城工場内にマイクロブルワリーを新設し、再び展開を拡大した。サントリーも2015年に「クラフトセレクト」ブランドを立ち上げ、2018年には「東京クラフト」を発売。サッポロビールも2015年「クラフトレーベル」を立ち上げた。飲料メーカー以外では、DHCが2016年にクラフトビール事業に参入した。

 一方、各地の小規模ブルワリーでは、さつまいもを原料にした川越の「コエドビール」や、流氷をイメージした網走の青いビールなど地域の特色を生かしたクラフトビールなども販売されている。今年も、クラフトビールのイベントや、クラフトビールを売り物にしたビアガーデンなどが目白押しだ。ビール市場に占めるクラフトビールの割合は、いまだ1%程度と小さいが、今後のさらなる拡大が期待される。


参照コンテンツ


シリーズ 成長市場を探せ


おすすめ新着記事

「オールフリー」「ドライゼロ」がしのぎを削る ノンアルコール飲料の商品ランキング
「オールフリー」「ドライゼロ」がしのぎを削る ノンアルコール飲料の商品ランキング

ノンアルコール飲料の市場は2019年まで6年連続で拡大している。コロナ禍でビール系飲料が落ち込む中、家飲みの増加や健康志向の高まりが成長を支えているとみられる。まだ市場規模は小さいものの、今後の成長に期待がかかる商品分野だ。

市場「アップダウン」期のマーケティング戦略―コロナ後、消費の反発力はどこへ向かう?
市場「アップダウン」期のマーケティング戦略―コロナ後、消費の反発力はどこへ向かう?

コロナ禍で、「ワンランク上」の高級品が売れている。30年ぶりの株高も加わり、「バブル」消費の再来を思い起こさせる。「上」へ昇っていく市場だ。他方でホテルや外食など「下へ」降っていく市場もある。このめまぐるしく「アップダウン」しトレンドが読めない市場を「エレベーター市場」と規定してみる。この市場転換期に、状況を見定めて、守りと攻めを明確にしたマーケティングを展開すべきだ。

料理の強い味方 増加する加工食品の利用
料理の強い味方 増加する加工食品の利用

コロナ禍で内食が増加し、加工食品の需要が伸びている。今回は、実際に加工食品が誰に、どのように利用されているのかを調査した。その結果、在宅時間の増加とともに増えた調理の時間や手間の短縮に、加工食品が貢献している実態がみえてきた。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.