半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2022年12月26日

戦略200+・企業活動分析
ソフトバンクグループ株式会社
投資先の株価下落が影響、22年3月期は巨額の赤字計上

ソフトバンクの現在の戦略は...
成熟下の脱キャリア戦略
現在の戦略を1シートにまとめた「戦略分析シート」公開中!

sample

「戦略200+ 企業活動分析」をベースに、業界魅力度や競争地位、戦略経営など、企業が置かれている局面をひと目で一覧できます。
手軽に局面を把握したいときは「戦略分析シート」、より深掘りしたいときは従来の「企業活動分析」と、目的にあわせてご利用ください。※「戦略分析シート」は戦略局面にあわせて随時更新します。

こちらから「戦略分析シート」のダウンロードをご利用ください。

2022年3月期決算の総括

ソフトバンクグループの2022年3月期の連結決算は、売上高6兆2,215億円(前期比10.5%増)、税引前損益が-8,696億円と一転して赤字決算となった。損失の主な要因はソフトバンク・ビジョン・ファンド事業(税引前損益-2兆6,394億円)であり、高成長テクノロジー銘柄回避の動きやオーバーハング懸念、規制先強化などの様々な要因により複数社の株価が下落した。一方、アーム事業は売上高3,000億円(前期比143.0%)、税引前利益412億円(前期は339億円の損失)と大幅な増収増益となった。アームのテクノロジーを採用した5Gスマートフォンの出荷と5G基地局へのネットワーク機器の導入が大幅に増加したことや、自動車やサーバーなど多様な市場でシェアが拡大したことなどによるテクノロジー・ロイヤリティー収入の増加とともに、研究開発投資加速によりテクノロジー・ラインアップが拡充し、非ロイヤリティー収入も加速したことが要因となった。また、売上構成比の9割を占めるソフトバンク事業においては、LINE子会社化による広告関連サービスでの売上拡大や、テレワーク需要の高まりによるモバイル売上の拡大、企業のデジタル化に伴うクラウドサービスやデジタルマーケティングサービスの拡大により、セグメント全体では売上高5兆6,907億円(同9.3%増)、税引前利益8,801億円(同3.8%増)と増収増益であった。新型コロナウイルスやウクライナ侵攻による影響など不透明な環境が続く中、2022年度は「財務方針の堅持」「あらゆる変化に対応できる柔軟かつ機動的な財務運営」のふたつを財務戦略の柱として進めていく。


企業活動分析/戦略分析シートのご利用には有料の会員登録が必要です。
本コンテンツでは、企業の戦略や活動を当社独自のフレームに沿って時系列で整理しています。
各企業の決算情報やニュースリリースをチェックする手間をかけることなく、戦略や事業環境を素早く把握できます。競合比較や業界分析などに幅広くご活用ください。

現在、企業活動分析/戦略分析シートのサンプルを無料公開しています。無料会員への登録でダウンロードできますので、ぜひお試しください。

ひと目で現在の戦略がわかる!
戦略分析シートのダウンロード


強み・弱み、時系列表でもっと深掘りしたい!
企業活動分析レポートのダウンロード


バックナンバー
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


新着記事

2024.02.21

企業活動分析 味の素の23年3月期は為替の影響や販売増で過去最高益を更新

 

2024.02.20

23年11月の「旅行業者取扱高」は19年比で76%に

2024.02.19

23年12月の「商業動態統計調査」は小売好調で34ヶ月連続のプラスに

2024.02.19

24年1月の「景気の現状判断」は12ヶ月連続で50ポイント超えに

2024.02.19

24年1月の「景気の先行き判断」は3ヶ月連続で全国で50ポイント超えに

2024.02.16

23年12月の「家計収入」は15ヶ月連続のマイナス

2024.02.16

23年12月の「消費支出」は10ヶ月連続のマイナス

2024.02.15

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 男性子育て層の約5割が利用 バンドワゴン効果で拡大する新NISA

2024.02.14

企業活動分析 パナソニックHD A2Wや車載機器・電池などの販売増や為替の影響で増収、原材料高騰が響き2割減益(23年3月期)

週間アクセスランキング

1位 2024.02.07

企業活動分析 ソニーグループの23年3月期は為替の影響やPS5販売増で2桁増収わずかに増益

2位 2023.12.27

2024年の日本を読み解く―24の視点

3位 2021.10.14

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション―産業衰退死段階の生き残り戦略【1】

4位 2024.02.09

消費者調査データ スナック菓子(2024年2月版) 圧倒的な強さ、カルビー「ポテトチップス」 再購入意向の高いPB商品

5位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area