日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
第3世代携帯電話




携帯電話初のデファクトスタンダード

 第1世代のアナログ携帯電話、第2世代のデジタル携帯電話の次の世代に当たる携帯電話サービスのことです。ITU(国際電気通信連合)が定めた世界統一規格であるIMT-2000(international mobile telecommunications 2000)に準拠した携帯電話で初めての国際標準規格となります。third generationを略して「3G」とも呼ばれています。
 NTTドコモが世界の先陣を切って2001年10月に「FOMA(フォーマ)」でサービスを開始しました。日本国内では2002年4月にKDDIが「CDMA2000 1x」、J-フォンは当初予定から半年遅れて2002年12月より本格サービスが始まります。


機能の多様化によるモバイルコンピュータ化

 第2世代では、NTTドコモの「iモード」に代表されるインターネットへの接続機能を搭載した情報端末として発展を遂げました。第3世代では、高速データ通信により動画配信や音楽・ゲームの配信、さらにテレビ電話や電子マネー、家電のリモコン装置など多様な機能を持つモバイルコンピュータ機器へと進化していきます。
 このように第3世代携帯電話は社会・生活・ビジネスに大きなインパクトを与える端末として期待が高まっています。しかし一方で各社のサービス開始時のもたつきなどの様々なトラブルや格安のIP携帯電話などの登場により、当初想定していた計画を下回る契約数などその先行きへの不安が指摘されています。



おすすめ新着記事

「キレイキレイ」「ビオレu」が上位独占 ハンドソープの消費者調査ランキング
「キレイキレイ」「ビオレu」が上位独占 ハンドソープの消費者調査ランキング

コロナ感染拡大で一躍脚光を浴びたハンドソープだが、市場自体は7年連続拡大とアップトレンドが続いている。2019年の販売数量は9.7%増の100,240トン、2013年に比べ約2倍に伸長した。生活必需品として一気に注目を増したハンドソープは、新しい生活様式の定着とともに、今後も成長が見込まれる。

マスク生活で熱中症危険度は高止まり?注目集まる「塩」入り飲料
マスク生活で熱中症危険度は高止まり?注目集まる「塩」入り飲料

今年上期の清涼飲料市場は、外出自粛などの影響を受け前年比10%程度のマイナスとなった。6月以降は回復の兆しがみられ、特に8月は東京都心の猛暑日が1875年の統計開始以来最多を記録するなど、マスク着用とあいまって例年以上に熱中症リスクが増加。メーカー各社も熱中症対策の周知に注力している。(2020.09.16)

新製品投入やフルーツティーなどで伸びる紅茶飲料、コロナ禍でも好調
新製品投入やフルーツティーなどで伸びる紅茶飲料、コロナ禍でも好調

2010年をピークに2015年までダウントレンドにあった2紅茶飲料の生産量は、2016年に反転。2019年は119万8,600Kℓで、4年連続の拡大、過去最高を記録した。今年4、5月は新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で、ペットボトル飲料は全体として低迷したが、紅茶飲料の市場は、トレンドのフルーツティーの新製品やリニューアルで活気をみせている。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
コロナ経営危機を乗り越える!中堅ビジネス向け無料オンライン相談
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.