日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2014年05月23日



ポケット版・会社早わかり
ユニーグループ・ホールディングス株式会社(旧:サークルKサンクス)
14年2月期は二桁減益。主力事業での減益響く



ユニーグループ・ホールディングスの2014年2月期決算の総括と戦略計画

ユニーグループ・ホールディングスの2014年2月期の連結決算は、営業収益(売上高と営業収入の合計)1兆321億円(前年同期比0.2%増)、営業利益253億円(同27.7%減)と増収減益となった。事業別にみると、ユニーが中核となる総合小売業は営業収益7,999億円(前年同期比1.0%増)、営業利益122億円(同14.1%減)、サークルKサンクスが中核のCVS事業は営業収益1,485億円(前年同期比3.8%減)、営業利益95億円(同43.5%減)と、主力2事業で販管費の増加などにより計画を下回る減益であった。グループシナジーを最大化する戦略として、ユニーからは日用雑貨MDや冷凍食品、サークルKサンクスからは惣菜やスイーツなど、それぞれが強みを持つ商品を相互還流させ、高価格帯PB『プライムワン』拡大と合わせて荒利率の改善を図る。ユニーでは、北欧雑貨「ラガハウス」の出店や大規模改装などにより、GMS業態の「アピタ」直営売場の"専門店化"を推進するほか、独自の電子マネー「ユニコカード」を導入。今期はサークルKサンクス全店に「ユニコ」を導入する計画である。今後は、出店を加速させているミニスーパー「ミニピアゴ」や生鮮・惣菜強化型CVSなど、小商圏対応の業態戦略の成否が注目される。


戦略や業績をより深く分析するには「戦略200+・企業活動分析」をご利用下さい


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ ウイスキー(2020年版)
企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ ウイスキー(2020年版)

酒類全体のダウントレンドのなかで、ウイスキーの快進撃が続いている。2018年度のウイスキーの課税数量は182,743kl、前年度比9.4%増で、11年連続で拡大している。そのきっかけとなったのは、サントリーがスタートさせた「ハイボール復活プロジェクト」。ハイボールという飲み方提案を通じて、若者向けのアルコールとしての地位を確立したことが大きい。

戦略ケース ぶれない基軸で何度も危機を乗り越える チョーヤの成長戦略
戦略ケース ぶれない基軸で何度も危機を乗り越える チョーヤの成長戦略

日本食ブームなどで海外でも人気が高まっている日本の梅酒。その製造・販売のパイオニアがチョーヤ梅酒だ。同社は1959年に梅酒の販売を始めて以降、大手メーカーの参入や生活者の酒離れなど、幾度も苦境に立たされてきた。それでも2018年度の売上高は124億円、国内シェアトップの地位を築いている。中堅企業である同社は、どのように危機に立ち向かい、今日の成長を遂げたのか。

消費者調査データ エナジードリンク<br>「コカ・コーラ エナジー」「アイアンボス」 新商品で再びブームなるか
消費者調査データ エナジードリンク
「コカ・コーラ エナジー」「アイアンボス」 新商品で再びブームなるか

2019年のエナジードリンク市場は前年比116%と2桁の伸びだ。今回調査ではいずれのブランドも3ヶ月内購入は6%台で、ユーザー層は大きいとは言い難い。しかし再購入意向は高く、ユーザー層は活発だ。新商品も登場する中、再びブームは訪れるのか。






会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.