半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2020年07月27日

特集:コロナ禍の消費を読む
消費動向速報 進む基礎的支出へのシフト
主任研究員 菅野守


図表の閲覧には有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインしてお読みください。

 コロナ禍で、消費動向が変化しています。その変化をいち早く把握し、ビジネスに役立てるために、官公庁などが発表する統計データから気になる動向をご紹介します。


「家計調査」基礎的支出と選択的支出:進む選択的支出から基礎的支出へのシフト

1.高まる基礎的支出のウェイト

 総務省公表の「家計調査」では、消費支出を構成する各品目は、支出弾力性の高低に基づいて、基礎的支出(支出弾力性が1未満の品目への支出)と選択的支出(支出弾力性が1以上の品目への支出)の二つに分けられている。

 基礎的支出と選択的支出の前年同月比伸び率の推移をみると、選択的支出の伸びは2019年10月以降マイナスへと落ち込み、マイナス幅も2020年3月以降、拡大している。基礎的支出も2019年10月以降、概ねマイナスで推移してきたが、2020年2月から4月にかけてプラスに戻した。そして2020年5月には再びマイナスへと落ち込んだが、マイナス幅は小幅なものにとどまっている(図表1)。


図表1.基礎的支出と選択的支出の前年同月比伸び率の推移

ログインして図表をみる


 消費支出に対する基礎的支出と選択的支出の構成比の推移をみると、2020年2月以降、基礎的支出の構成比は一貫して上昇を続け、2020年5月時点では62.1%となっている。加えて、2020年2月から5月までの4ヶ月間は、基礎的支出の構成比が前年よりも高くなっている(図表2)。


図表2.基礎的支出と選択的支出の構成比の推移

ログインして図表をみる


2.コロナ禍の下で伸びる感染対策用品、屋内リフォーム、内食支出

 新型コロナウイルスの影響が出始めたと考えられる2020年2月から5月までの間に、基礎的支出の中で特に伸びている品目に着目してみる。

 基礎的支出の品目のうち、2020年2月から5月の間の月あたり支出金額が1,000円以上で、各月での前年同月比伸び率の値が15%以上のものを選び出し、図表3にまとめた。各月の上位品目が、前年同月比伸び率の値の大きい順に列挙してある。

 2020年2月から5月までの4か月間全てで、上位品目として挙がっているのは、「他の家事用消耗品のその他」や「保健用消耗品」である。「他の家事用消耗品のその他」の中には、ウェットティッシュや漂白剤などが含まれており、「保健用消耗品」の中にはマスクやガーゼなどが含まれている。これらは、コロナウイルス感染拡大で、品薄となったものである(図表3)。


図表3.基礎的支出における前年同月比伸び率の上位品目

ログインして図表をみる


 「他の工事費」や「他の調味料」は、2020年2月からの4か月中3か月間、上位品目として挙がっている。「他の工事費」の中には、エアコン取付代やサッシ修理代、フローリング工事費などが含まれる。「他の調味料」の中には、うま味調味料、パスタソース、麻婆豆腐のもと、ゼラチン、各種エッセンスなどが含まれる。

 これらは、外出自粛で、自宅内で過ごす時間が増えたため、屋内の修理やリフォーム、内食や宅内での手作り料理などの機会が増えたと予想することができる。内食の増加との関連では、他に「米」「鶏肉」「牛肉」「豚肉」なども、伸び率の上位品目として挙がっている(図表3)。

 コロナウイルス感染症の終息に目途が立つまでは、基礎的支出は引き続き底堅さを保つ一方、選択的支出の低迷状況は続くと考えられる。感染対策への支出だけでなく、リモートワークの浸透や自宅で過ごす時間の増加で、屋内リフォーム支出や内食支出が引き続き基礎的支出の伸びを牽引していくこととなりそうだ。


「消費動向速報」について

 このシリーズでは、消費の動向を把握する上で重要な、官公庁等発表の諸統計の直近の動向をご案内します。

 月1回公表の「月例消費レポート」とは若干スタンスが異なる、データの速報性や鮮度に重きを置いたショートレポートになります。各月の「月例消費レポート」発表後の消費の最新動向のフォローアップにお役立てください。



特集:コロナ禍の消費を読む


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション
都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション

シティホテルの9月の客室稼働率は34.5%(前年同月差-44.8%)と、コロナ前と比べると危機的だ。固定費を圧縮し、助成金などの借り入れで延命するしかない。日本のような支援のないニューヨークでは、ホテルの20%が閉業し、2025年までの回復は難しいと言われている。まさに、業界は「産業衰退死」の段階を迎えている。

錦糸町 千葉県民が支える大人の桃源郷は、いま大注目の消費王国
錦糸町 千葉県民が支える大人の桃源郷は、いま大注目の消費王国

錦糸町といえば、都内屈指の歓楽街。場外馬券場や風俗店などディープなイメージのこの街が、いま若者の人気を集めている。理由のひとつが、JR総武線によるアクセスの良さ。千葉県民の東京デビューの"関所"としても知られ、コロナ禍もあいまって千葉の若者で溢れかえっているのだ。再開発も進み、人口増加中の錦糸町は、エリアマーケティングを行う上でも重要なエリアとなっている。

本当?日本人の魚離れ 8割以上が「魚を食べたい」
本当?日本人の魚離れ 8割以上が「魚を食べたい」

水産庁の「水産白書」によると、国民1人当たりの魚介類消費量は2001年をピークに減少している。魚離れともいわれる昨今、魚が実際にどのように食べられているのか調査を行った。全体として魚を食べる頻度はやや減ってはいるものの、今後の魚食意向については8割の人が「食べたい」と答えいることからも、潜在的支持基盤は大きいと考えられる。本調査ではこのほか、年代や食意識、魚食意向といった属性別に調理頻度や食べる理由、食べない理由などを深堀りしていく。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.