日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2020年07月01日
月例消費レポート 2020年6月号
消費の不振は続いている
主任研究員 菅野 守

※図表の閲覧には会員ログインが必要です。

 JMR消費INDEXは、低下の勢いに拍車がかかった。直近では、過去最低水準近傍での低迷が続いている(図表1)。

 預貯金と食料品売上の2項目以外のINDEXを構成する個々の変数の動きは、2020年3月以降、すべての項目で悪化となっている。2020年4月時点では、旅行業者取扱額、百貨店売上高、ファミリーレストラン売上のマイナス幅は、過去に類例のないものである(図表2)。

 消費を取り巻く状況を整理する。消費支出の伸びは2020年4月時点で、名目と実質ともに、マイナス幅が前月3月よりも一層広がっている(図表4)。

 10大費目別では、2020年4月は前月3月と同様、名目と実質の双方で、マイナスの費目数がプラスの費目数を大きく上回り、マイナスの側が優勢の状況となっている(図表5)。

 2020年4月時点での消費性向は70.9%であり、2019年4月の水準(78.3%)よりも低下している(図表2)。

 その結果、黒字の額は124,776円となり、2019年4月時点よりも31,238円増加している。黒字の増加分は主に、クレジット購入借入金返済の純増(+17,697円)と、預貯金の純増(+10,926円)とに振り向けられている。

 販売現場での動きでは、日常財のうち小売業全体の売上の伸びが、2020年4月もマイナスとなり、伸び率の値は前月3月よりも低下した。

 主要な業態別では、スーパーは引き続きプラスを保っている。他方、百貨店とコンビニエンスストアはマイナスが続き、特に百貨店の落ち込みは深刻である(図表9)。

 外食全体の売上の伸びは2020年4月も、前月3月と同様、大幅な落ち込みが続いた。業態別でも、ファーストフード、ファミリーレストラン、パブ・居酒屋の全てで、前月3月を更に上回る、過去に類例のない規模の大幅なマイナスを記録した(図表13)。

 2020年6月25日に日本フードサービス協会(JF)から公表された、2020年5月時点での売上の伸びは、全体では67.8%、業態別ではファーストフードで90.7%、ファミリーレストランで50.6%、パブ・居酒屋で4.1%となった。ファーストフードとファミリーレストランでは伸び率の値は若干回復したが、歴史的低水準が続いている。パブ・居酒屋では伸び率の値は更に落ち込み、一層深刻な状況にある。

 耐久財のうち、新設住宅着工戸数の全体の伸びはマイナスが続いている。カテゴリー別では、分譲住宅・マンションは再びプラスに戻したが、持家と分譲住宅・一戸建てではマイナスが続いており、伸び率の値も更に落ち込んでいる(図表12)。

 家電製品出荷の伸びは、2020年4月時点で、黒物家電はカテゴリー間で好不調分かれており、白物家電はマイナスが続いていた(図表11)。

 2020年6月19日に電子情報技術産業協会(JEITA)から公表された、2020年5月時点での黒物家電の伸びは、プラスとなっている。他方、2020年6月18日に日本電機工業会(JEMA)から公表された、2020年5月時点での白物家電の伸びは、4月に続きマイナスとなっている。黒物家電と白物家電との間で、好不調が分かれる状況が依然続いている。

 新車販売の伸びも、乗用車(普通+小型)と軽乗用車ともに、マイナスが続いている。2020年5月には、伸び率の値は前月4月よりも更に低下しており、特に軽乗用車では2008年1月以降で過去最低の水準となっている(図表10)。

 雇用環境は2020年に入り、完全失業率と有効求人倍率ともに、悪化の動きが続いている(図表6)。

 収入環境について、2020年4月時点では、所定内給与額の伸びは横ばいとなり、現金給与総額と超過給与の伸びはマイナスとなった。伸び率の値は、現金給与総額、所定内給与額、超過給与のいずれも、2020年1月をピークに低下が続いている(図表7)。

 消費マインドについて、2020年5月時点では、消費者態度指数と景気ウォッチャー現状判断DIともに、前月4月よりも若干回復している。だが、依然として、歴史的低水準にある(図表8)。

 総合すると、消費は2020年4月以降、落ち込みに拍車がかかり、消費の不振は続いている。

 日常財と耐久財のいずれにおいても、消費は総じてマイナスが続いている。スーパーの販売実績や黒物家電の出荷などで伸びはプラスだが、そうした動きはごく一部にすぎない。

 その結果として溜まった家計の黒字は、貯蓄の純増と借金返済とに向かっている格好だ。

 雇用環境と収入環境では、悪化の動きがさらに進んでいる。消費マインドは足許で若干改善しているが、歴史的低水準に沈んだままである。消費を取り巻く環境条件は、むしろ厳しくなりつつあるようだ。

 2020年5月分の各種統計指標は、4月時点よりは若干ましなものとなる可能性は高いが、回復の動きは依然鈍く、V字回復というには程遠いと予想される。

 6月19日に、東京都、神奈川県、千葉県で休業要請が全面解除されるとともに、都道府県境をまたぐ移動の制限も全面解除となった。

 プロ野球は6月19日に開幕した。Jリーグも6月27日にJ2が再開、J1も7月4日より再開の予定である。各地のレジャー施設や旅館・ホテルなども、次々と営業を再開した。東京ディズニーランドと東京ディズニーシーも、7月1日からの営業再開を発表している。

 だが、コロナ感染防止対策を行いながらの営業では、顧客数や入場者数、宿泊者数など最大限達成可能な稼働率は、コロナ前の水準を下回らざるを得ない。

 過去の不況の局面とは異なり、過去最大規模で経済対策を施しても、全力での活動再開に足かせがかかっているため、即効的な急回復は到底望めない。

 こうした事情を踏まえると、今後も暫し低迷は続き、回復の足取りも重いものとなるだろう。


図表を含めた完全版を読む

完全版を読むには無料の会員登録が必要です。

参照コンテンツ


おすすめ新着記事

陽性者報道の消費インパクトは1人3円から1円へ コロナへの関心低下鮮明に
陽性者報道の消費インパクトは1人3円から1円へ コロナへの関心低下鮮明に

当社独自の推計モデルを用いて、コロナ陽性確認者数が消費支出に与える影響の推計を試みるコンテンツ第三弾。今回は、前回モデルに7月の消費支出データを追加し、モデルの修正を行った。その結果、前日の陽性確認者数が1人増えると、消費支出の日別支出は約1円減少するという結果が得られた。前回モデルの1人増えると3円減少という結果よりもインパクトが小さいことがわかる。要因は、消費者のコロナへの関心の低下だ。

特集:コロナ禍の消費を読む 家電出荷は先行復活の気配
特集:コロナ禍の消費を読む 家電出荷は先行復活の気配

コロナ禍において、家電出荷は先んじて回復の動きが出ている。ノーリモートワークの導入が進む中でノートパソコンが復調に転じた。AV機器においても、コンテンツ消費の活発化などを後押しに復調の動きがみられる。白物家電では「ホットプレート」や「空気清浄機」など食生活や住環境の改善に力点を置いた宅内充実の動きが、裾野の拡がりをみせている。

マスク生活で熱中症危険度は高止まり?注目集まる「塩」入り飲料
マスク生活で熱中症危険度は高止まり?注目集まる「塩」入り飲料

今年上期の清涼飲料市場は、外出自粛などの影響を受け前年比10%程度のマイナスとなった。6月以降は回復の兆しがみられ、特に8月は東京都心の猛暑日が1875年の統計開始以来最多を記録するなど、マスク着用とあいまって例年以上に熱中症リスクが増加。メーカー各社も熱中症対策の周知に注力している。(2020.09.16)






コロナ経営危機を乗り越える!中堅ビジネス向け無料オンライン相談
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.