半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年04月27日

戦略200+・企業活動分析
サントリーホールディングス株式会社
20年12月期は減収減益。「金麦」販売過去最高も、コロナ禍で業務用、外食苦戦
2020年12月期決算の総括

サントリーホールディングスの2020年12月期の連結決算は、売上収益2兆3,676億円(酒税込み・前年同期比7.8%減)、営業利益2,170億円(同16.4%減)と減収減益となった。売上比率で50%を占める「飲料・食品」セグメントでは、サントリー緑茶「伊右衛門」が発売以来最大の刷新に挑戦し前年を大きく上回るなど、水、コーヒー、無糖茶カテゴリーを中心に、重点ブランドの強化に取り組んだ。しかし、新型コロナウイルスで人の移動が制限されたことに伴い、自動販売機チャネルなどでの売り上げの減少が響き、売上9.2%減、営業利益13.8%減となった。売上比率で42%の「酒類」セグメントでは、スピリッツ事業は飲食店向けの売上は落としたが家庭用では前年を上回り、前年同期並みの売上。ビール事業も飲食店での需要が落ち込んだ影響を受けたが、缶製品に限れば「金麦」ブランド全体の販売数量が過去最高を更新したほか、「ザ・プレミアム・モルツ<香る>エール」も前年を上回るなど、機能面を訴求した商品が好調で酒類全体では売上4.6%減、営業利益9.2%減となった。その他セグメントは、健康食品事業では「セサミン」シリーズを中心に好調だったが、外食事業が振るわず、利益は前年を大きく下回った。現在、2030年ビジョンとして「世界で最も信頼され、愛される、オンリーワンの食品酒類総合企業」を掲げており、2021年12月期は、先行き不透明、不確実な状況ながら、売上収益が7.1%増の2兆5,380億円、営業利益が1.8%増の2,210億円と、増収増益を目指す。


分析レポートのダウンロード


バックナンバー
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ

企業活動分析 サンプルのご案内

当コンテンツの全体像をより具体的にイメージしていただけるように、掲載中の239社の中から1社を抜粋してサンプルとしてご用意いたしました。下記よりご利用下さい。


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

チャネルの見極めとメーカーとの信頼関係づくり 元ヤオコー常務、大塚明氏に聞く
チャネルの見極めとメーカーとの信頼関係づくり 元ヤオコー常務、大塚明氏に聞く

新型コロナの感染拡大は、消費者の購買行動を一変させました。実店舗での買い物は、近場で時間をかけずにすませる作業のようなものに変わりました。CVSは苦戦する一方、ドラッグストアやSMは好調です。しかし、アフターコロナは好調な業態を含めて激しい淘汰が進むと考えています。今回は、ヤオコーの元常務で、コーネル大学RMPジャパンのプログラム・ディレクター大塚明氏へのインタビューから、今後の成長チャネルを見極めるヒントをご紹介します。

市場脱皮期の富裕層開拓マーケティング―価格差別化戦略
市場脱皮期の富裕層開拓マーケティング―価格差別化戦略

コロナ禍で、「ワンランク上」の高級品が売れている。30年ぶりの株高も加わり、「バブル」消費の再来を思い起こさせる。「上」へ昇っていく市場だ。他方でホテルや外食など「下へ」降りていく市場もある。このように転換期にある2021年の市場を、昇降する「エレベーター」のような「市場衰退期」の「脱皮期」と予測する。コロナ禍からの脱出を見据え、品質差別化のマーケティングを提案したい。

コロナ下でも高ロイヤリティ維持する「ハーゲンダッツ」
コロナ下でも高ロイヤリティ維持する「ハーゲンダッツ」

2019年度の冷菓の市場規模は微減、2011年からの7年連続の拡大がストップした。今回の調査では、「ハーゲンダッツ」が認知率を除く6項目で首位を獲得、再購入意向も高く、相変わらずの強さをみせた。在宅時間の増加でアイスを食べるシーンも多様化、従来とは違う切り口でヒットを記録した商品もみられた。需要の最盛期を控え、市場から目が離せない。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.