日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
サントリーホールディングス株式会社(2018年12月期)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2018年12月期決算の総括

サントリーホールディングスの2018年12月期の連結決算は、売上高2兆5,173億円(酒税込み・前年同期比4.0%増)、営業利益2,509億円(同1.1%減)と増収減益となった。海外事業や米蒸留酒大手のビームサントリーやRTDなど「酒類」に加えて、天然水やコーヒー飲料が好調で売り上げは拡大した一方、「飲料・食品」で人手不足などを背景とする物流費の高騰が響いた。売上比率で51%を占める「飲料・食品」は、「サントリー天然水」ブランドが、主力のミネラルウォーターに加え「スパークリング」が大きく伸長したことで前年を上回り、コーヒー飲料では「クラフトボス」が好調を維持した。そのため「飲料・食品」は売上は4.9%増となったが、営業利益は2.5%減となった。売上比率で40.4%の「酒類」はバーボンウイスキーが好調、チューハイやハイボール缶などのRTDは前年同期比10%と2桁増。ビール類も市場全体が4%程度縮む逆風下で、主力の「ザ・プレミアム・モルツ」が"神泡"プロモーションの影響などで前年比プラスとなったことなどから、2%減に踏みとどまった。2019年は、新ジャンル主力の「金麦」をフルリニューアル、同カテゴリで新製品も発売する。さらに自社蒸留所でつくられた原酒をブレンドしたウイスキー「碧 Ao」を発売。その他セグメントでは「セサミン」などのサプリメントや、外食などの積極展開を図る。減益要因となった物流費については、長期的な視点から人工知能(AI)やロボットのフル活用などデジタルテクノロジーを活用しての費用削減を目指す。2019年12月期は、売上高が2%増の2兆5,700億円、営業利益が0.1%増の2,510億円を見込む。



【最新版 2019.07.03 更新】
サントリーHD
企業活動分析 更新状況
00年 01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年
- -
10年 11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年 19年
戦略200+・企業活動分析「サントリーホールディングス」
戦略200+・企業活動分析


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事






成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.