日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
サントリーホールディングス株式会社(2018年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2017年12月期決算の総括
サントリーホールディングスの2017年12月期連結決算は、売上高2兆4,203億円(前年同期比2.6%増)、営業利益2,536億円(同0.3%増)と増収増益となった。「飲料・食品」と「酒類」という、グローバルに展開するふたつのコア事業が着実に成長。特に、ビームサントリー社の統合については、着実に成果が出ており、既存事業ベースの売上高が前年同期比一桁台半ば増の伸びを実現、酒類セグメントの利益面で大きく貢献した。共同開発商品であるジャパニーズクラフトジン「ROKU(ロク)」を国内およびドイツや東南アジアで上市し高い評価を得た。また、日本発のハイボールという飲酒文化も国境を越え、アジアで順調に拡大を続けている。当期では米国でも本格的にハイボールの活動を開始しており、新しい飲み方として浸透してきている。国内酒類事業においても「ジムビーム」の大躍進、RTD のさらなる伸長など大きな成果があった。一方でビール事業に関しては、新取引基準の施行や夏場の天候不順など非常に厳しい市場環境であった。そんな中で「ザ・プレミアム・モルツ」は、ビール市場のトレンドを上回って前年並と健闘したことに加え、新ジャンルが過去最高の販売数量を達成し、ビール類のシェアは16.0%と過去最高となった。2018年も引き続きGrowing for Goodを目指し、"事業の成長"と"社会との共生" の両輪で活動を行い、飲料・食品と酒類というふたつのコア事業を柱に据えながら、特に「ザ・プレミアム・モルツ」の成長を核に、グローバルに展開する食品酒類総合企業グループとしてさらなる成長と収益力の強化を目指す。

【最新版 2018.07.19 更新】
サントリーHD
企業活動分析 更新状況
00年 01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年
10年 11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年
戦略200+・企業活動分析「サントリーホールディングス」
戦略200+・企業活動分析


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>シャンプー<br>人気のモイストダイアン、ボタニカルは新たな定番に定着できるか
消費者調査データ
シャンプー
人気のモイストダイアン、ボタニカルは新たな定番に定着できるか

2017年のシャンプー市場は横ばいまたは微増とみられている。今回の調査では、過去2回の調査と同様、「ラックス」「パンテーン」「メリット」の3ブランドが上位を占めた。一方で再購入意向では男性向けの「サクセス薬用シャンプー」、オーガニックやボタニカルをうたう「モイストダイアン」「ボタニカルシャンプー」など、はっきりと特徴を打ち出した商品が上位にランクインした。商品の入れ替わりが激しい市場で、これらが定番となれるかに注目したい。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>コンビニおにぎり、需要拡大の背景に健康志向
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
コンビニおにぎり、需要拡大の背景に健康志向

コンビニ加工食品の売上が伸びている。その中心が、商品の品質がそのコンビニの売上を左右するともいわれる、おにぎりだ。誰がどのようにコンビニおにぎりを買っているのか。今回の調査から見えてきたのは、女性、経営者・管理職、健康志向の三つのキーワードだ。

MNEXT 眼のつけどころ<br>消費行動のネット情報依存への転回と情報的マーケティング
MNEXT 眼のつけどころ
消費行動のネット情報依存への転回と情報的マーケティング

「消費社会白書2019」をまとめる上で、従来の消費行動の通説を塗り替えるべき多くの現実が明らかになった。ここでは、八つの通説の検証から見えてきた現実と、それにもとづく新しいマーケティングへの「転回」をコンパクトに提案する。「情報による市場化」、すなわち「情報的マーケティング」である。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.