日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



ポケット版・会社早わかり
サントリーホールディングス株式会社(2018年12月期)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
サントリーホールディングスの2018年12月期決算の総括と戦略計画

サントリーホールディングスの2018年12月期の連結決算は、売上高2兆5,173億円(酒税込み・前年同期比4.0%増)、営業利益2,509億円(同1.1%減)と増収減益となった。海外事業や米蒸留酒大手のビームサントリーやRTDなど「酒類」に加えて、天然水やコーヒー飲料が好調で売り上げは拡大した一方、「飲料・食品」で人手不足などを背景とする物流費の高騰が響いた。売上比率で51%を占める「飲料・食品」は、「サントリー天然水」ブランドが、主力のミネラルウォーターに加え「スパークリング」が大きく伸長したことで前年を上回り、コーヒー飲料では「クラフトボス」が好調を維持した。そのため「飲料・食品」は売上は4.9%増となったが、営業利益は2.5%減となった。売上比率で40.4%の「酒類」はバーボンウイスキーが好調、チューハイやハイボール缶などのRTDは前年同期比10%と2桁増。ビール類も市場全体が4%程度縮む逆風下で、主力の「ザ・プレミアム・モルツ」が"神泡"プロモーションの影響などで前年比プラスとなったことなどから、2%減に踏みとどまった。2019年は、新ジャンル主力の「金麦」をフルリニューアル、同カテゴリで新製品も発売する。さらに自社蒸留所でつくられた原酒をブレンドしたウイスキー「碧 Ao」を発売。その他セグメントでは「セサミン」などのサプリメントや、外食などの積極展開を図る。減益要因となった物流費については、長期的な視点から人工知能(AI)やロボットのフル活用などデジタルテクノロジーを活用しての費用削減を目指す。2019年12月期は、売上高が2%増の2兆5,700億円、営業利益が0.1%増の2,510億円を見込む。


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

消費者調査データ 紅茶飲料<br>成長市場をリードする「午後の紅茶」
消費者調査データ 紅茶飲料
成長市場をリードする「午後の紅茶」

成長市場をリードする「午後の紅茶」
今2019年の紅茶飲料の販売数量は4年連続の増加となった。ここ最近のトレンドは、働く人をターゲットにした新製品や、フルーツのフレーバーティなど新たな切り口の商品の新発売が相次いでいるが、今回の調査結果では、リーディングブランドである「午後の紅茶」がランキングのトップを独占した。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>在宅時間の増加で増えるおうちカフェこだわり派
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
在宅時間の増加で増えるおうちカフェこだわり派

在宅勤務や外出自粛で自宅で過ごす時間が増える中、コーヒーやお茶の飲み方にも"ある変化"が起きている。今回は在宅時間の増加に着目して、コロナ前後でのコーヒーや日本茶の飲み方の変化を探った。その結果、在宅勤務をしている人ほど豆から挽いたコーヒーや茶葉から淹れた日本茶の飲用が増えていることがわかった。コロナ禍で、手間ひまかけて丁寧にコーヒーやお茶を淹れることにより、おうち時間を大切に過ごしたいという意識が垣間見える。

消費者調査データ 日焼け止め<br>盤石「ビオレUV」、ロングセラーひしめく上位に定着する「スキントーンアクア」
消費者調査データ 日焼け止め
盤石「ビオレUV」、ロングセラーひしめく上位に定着する「スキントーンアクア」

今回の調査では複数項目で「ビオレUV」が首位を獲得した。一方「スキントーンアクア」が再購入意向で首位など、ロングセラーひしめく上位で存在感を増している。10年連続で拡大してきたサンケア市場だが、今年は新型コロナウイルスの影響でインバウンド需要が激減。需要最盛期を前に先行き不透明感が続いている。






会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.