日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



ポケット版・会社早わかり
サントリーホールディングス株式会社(2018年12月期)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
サントリーホールディングスの2018年12月期決算の総括と戦略計画

サントリーホールディングスの2018年12月期の連結決算は、売上高2兆5,173億円(酒税込み・前年同期比4.0%増)、営業利益2,509億円(同1.1%減)と増収減益となった。海外事業や米蒸留酒大手のビームサントリーやRTDなど「酒類」に加えて、天然水やコーヒー飲料が好調で売り上げは拡大した一方、「飲料・食品」で人手不足などを背景とする物流費の高騰が響いた。売上比率で51%を占める「飲料・食品」は、「サントリー天然水」ブランドが、主力のミネラルウォーターに加え「スパークリング」が大きく伸長したことで前年を上回り、コーヒー飲料では「クラフトボス」が好調を維持した。そのため「飲料・食品」は売上は4.9%増となったが、営業利益は2.5%減となった。売上比率で40.4%の「酒類」はバーボンウイスキーが好調、チューハイやハイボール缶などのRTDは前年同期比10%と2桁増。ビール類も市場全体が4%程度縮む逆風下で、主力の「ザ・プレミアム・モルツ」が"神泡"プロモーションの影響などで前年比プラスとなったことなどから、2%減に踏みとどまった。2019年は、新ジャンル主力の「金麦」をフルリニューアル、同カテゴリで新製品も発売する。さらに自社蒸留所でつくられた原酒をブレンドしたウイスキー「碧 Ao」を発売。その他セグメントでは「セサミン」などのサプリメントや、外食などの積極展開を図る。減益要因となった物流費については、長期的な視点から人工知能(AI)やロボットのフル活用などデジタルテクノロジーを活用しての費用削減を目指す。2019年12月期は、売上高が2%増の2兆5,700億円、営業利益が0.1%増の2,510億円を見込む。


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

消費者調査データ カップめん(2019年12月版)<br>定番が上位かためるカップめん市場
消費者調査データ カップめん(2019年12月版)
定番が上位かためるカップめん市場

2018年の生産額は前年比1.2%増と、堅調に推移しているカップめん市場。今回も「カップヌードル」が再購入意向を除く6項目で首位を獲得。再購入意向でも僅差の2位など、圧倒的なブランド力を見せつけた。メーカー各社は減塩や低糖質といった健康志向に応える商品開発で若年層や女性などのユーザー開拓を図っており、一層の市場拡大につながるかが注目されている。

消費者調査データ 2019年、印象に残ったもの<br>──改元、ラグビー、タピオカ
消費者調査データ 2019年、印象に残ったもの
──改元、ラグビー、タピオカ

2019年に印象に残った出来事ランキング1位は「改元/天皇陛下即位」、人物ランキングでも「天皇皇后両陛下」だった。時代の区切りであり、即位礼正殿の儀、即位パレード、祝賀御列の儀など話題の行事が続いたことも後押ししたようだ。このほか、歌では米津玄師「パプリカ」、ヒット商品では「タピオカ」、流行語ではラグビー日本代表の「ONE TEAM」という結果となった。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>ブーム終焉近い?タピオカドリンク、今後の飲用意向伸びず
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
ブーム終焉近い?タピオカドリンク、今後の飲用意向伸びず

最近は落ち着きを見せてきたものの、「タピる」「タピ活」などの流行語を生み出し根強い人気のタピオカドリンク。一体どのような人たちが飲んでいるのか。調査の結果見えてきたのは、ブームの頭打ちの気配だ。






成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.