半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2020年08月03日

特集:コロナ禍の消費を読む
消費動向速報 コロナ下の必需消費「宅内充実」
主任研究員 菅野守


図表の閲覧には有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインしてお読みください。

 コロナ禍で、消費動向が変化しています。その変化をいち早く把握し、ビジネスに役立てるために、官公庁などが発表する統計データから気になる動向をご紹介します。


「家計調査」選択的支出:選択的支出に垣間見えるコロナ下の「必需消費」

1.旅行、イベント、外食関連への支出は不振を極める

 新型コロナウイルス感染症の影響で、2020年3月以降下落の動きに拍車がかかった選択的支出の中で、特に落ち込みが顕著だった品目が、外国パック旅行費、宿泊料、映画・演劇等入場料などだ。

 選択的支出の品目のうち、2019年3月から5月の間の月あたり支出金額が500円以上のものについて、2020年3月から5月にかけての前年同月比伸び率の値が3ヶ月連続で-30%以下のものを選び出し、2020年5月時点での前年同月比伸び率のマイナス幅の大きい順に列挙した(図表1)。


図表1.最近3か月間で支出減少が顕著な選択的支出の品目

ログインして図表をみる


 選別された計14項目のうち、「外国パック旅行費」「宿泊料」「映画・演劇等入場料」「国内パック旅行費」「飲酒代」「鉄道運賃」「幼児教育費用」の7項目は、3ヶ月連続で-50%以下となっている。特に、前年同月比減少率の上位5項目は、2020年4月と5月に、-90%近く、またはそれ以上のマイナス幅を記録している。

 旅行、イベント、外食など外出を伴う余暇への支出の激減ぶりは、コロナ禍で、まさに「需要蒸発」ともいうべき状況だ。


2.選択的支出でも宅内余暇と住環境の充実のための支出は好調

 悪化が進む選択的支出の中で、2020年3月から5月の間に、逆に支出が伸び続けている品目もある。

 2020年3月から5月の前年同月比伸び率が3ヶ月連続で+15%以上のものを選び出し、2020年5月時点の前年同月比伸び率の絶対値のプラス幅の大きい順に列挙した(図表2)。

図表2.最近3か月間で支出増加が顕著な選択的支出の品目

ログインして図表をみる


 選別された計11項目のうち、「ゲームソフト等」は3ヶ月連続で+100%以上となっている。「家事代行料」「ビデオレコーダー・プレイヤー」「テレビゲーム機」「植木・庭手入れ代」の4項目は、2020年3月からの3か月中2か月間、+70%以上のプラス幅を記録している。

 「家事代行料」とは、「炊事,洗濯,室内,庭の掃除など通常の家事を世帯員以外の者に行わせ,そのサービスの対価として支払った賃金及び料金」を指し、ホームヘルパー、ハウスキーパー、ベビーシッター、ハウスクリーニングなども含まれる。「植木・庭手入れ代」とは、「植木や庭の維持,管理に必要なサービスに関するもの」を指す。具体的には、庭木のせん定代、庭木薬剤散布代、造園代金などだ。

 選択的支出の中で特に伸びているこれら5項目のうち、「ゲームソフト等」「ビデオレコーダー・プレイヤー」「テレビゲーム機」の3項目は、コンテンツ関連のソフトやハードであり、家で過ごす時間を充実させるためのものといえる。「家事代行料」と「植木・庭手入れ代」は、家事を外部化するための支出であり、自宅の住環境の整備に関心を持つ人が増えているということができるだろう。

 コロナ禍で、不振が続くと予想される選択的支出の中でも、宅内余暇と住環境の充実のための支出は、高い伸びを続けている。コロナウイルス感染再拡大の動きが出てきている中でも、こうした財・サービスへの需要は、「必需支出」として、引き続き底堅さを保つと予想される。



特集:コロナ禍の消費を読む


参照コンテンツ


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.06.14

成長市場を探せ コロナ禍の「癒し」契機に急拡大するフレグランス(2024年)

2024.06.13

24年4月の「消費支出」は2ヶ月連続のプラス

2024.06.12

24年4月の「家計収入」は19ヶ月連続のマイナス

2024.06.11

24年5月の「景気の現状判断」は3ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.11

24年5月の「景気の先行き判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.10

企業活動分析 ロレアル(L'Oreal S.A.)23年12月期は増収増益、過去最高を記録

2024.06.10

企業活動分析 ユニ・チャームの23年12月期は、23年12月期は増収増益、売上高は7年連続で過去最高を更新

2024.06.10

企業活動分析 ポーラ・オルビスの23年12月期は増収増益、主力ブランドがけん引

2024.06.07

消費者調査データ 日焼け止め(2024年6月版) 首位「ビオレUV」、僅差の「ニベアUV」「アネッサ」

2024.06.06

24年4月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は悪化

2024.06.06

24年3月の「現金給与総額」は27ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.06.05

24年5月の「乗用車販売台数」は5ヶ月連続で前年割れに

週間アクセスランキング

1位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2024.05.29

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター なぜ今、若い男性は銭湯にハマるのか?

4位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

5位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area