半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
マルチブランド戦略
マルチブランド戦略とは

 マルチブランド戦略とは、同じ製品カテゴリーに複数のブランドを展開することを指します。1メーカーによる市場カバー力をアップし、その市場自体を活性化することが可能な戦略です。

 コトラーによれば、ブランド戦略には、新商品を既存のブランド名や製品カテゴリーに加えるのか、それとも新しいものにするかの組み合わせによって、「ライン拡張」「ブランド拡張」「マルチブランド」「新ブランド」「共同ブランド」の五つの選択肢がありますが、そのひとつであり、現在の市場において、有効なブランド戦略と言うことができます。

 代表的な企業としては、ネスレP&Gロレアルなどがあります。たとえば、ネスレはミネラルウォーターのカテゴリーに、「ペリエ」「ヴィッテル」「コントレックス」など6ブランドを展開しています。


マルチブランド戦略のメリット・デメリット

 ブランド戦略は、市場シェア獲得競争にとって要となります。マルチブランド戦略の本来のメリットとして次の八つがあげられます。

  1. 当該商品カテゴリー全体の情報発信量を増大させ、市場を活性化する
  2. 既存ブランドのイメージを維持しつつ、新ブランドによって市場のカバー力が増す
  3. 自社の既存ブランドのポジショニングを維持したまま、別ブランドを展開することによって、競合のラインエクステンションに対する防衛が可能である
  4. 市場の各セグメントに個別のブランド名で商品を提供することで、競合の市場参入に対する防衛が可能である
  5. 新商品を新ブランドで市場に投入することで、既存ブランドの強みを維持すると同時に、リスクを回避できる
  6. 流通別にブランドを展開することで、流通の独自性に対応できる
  7. ブランドを複数化することで、当該市場の価格競争をある程度回避できる
  8. ブランドイメージの分散させずに、幅広い価格帯をカバーできる

 一方、デメリットとして次の四つがあげられます。

  1. 宣伝広告量が複数のブランドに分散することで、消費者へのメッセージ量が希薄化し、ブランド育成が進まない
  2. 流通ビッグバンによりメーカーの流通リード力が低下する中、新ブランドはますます小粒化する。その結果、流通リード力がさらに低下する悪循環が起こる
  3. 生産・物流が非効率化する
  4. ブランドの氾濫により商品の差別化があいまいになった結果、ユーザーのブランド離れが起き、ブランドが小粒・短命化する

 マルチブランド戦略は本来、当該市場においてメインブランドの価値を強化しつつ、新しい価値を提案する戦略であるはずですが、安易なブランド追加により、逆に既存ブランドも含めポジショニングがあいまいになり、自社内カニバリゼーションを起こしているという状況が多く発生しているようです。この状況を打破するためには、顧客セグメントに基づいて、各ブランドにどんなポジションを持たせるのか、「ブランドのポートフォリオを持つ」という発想が必要です。



参照コンテンツ


関連用語


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

新着記事

2024.02.21

企業活動分析 味の素の23年3月期は為替の影響や販売増で過去最高益を更新

 

2024.02.20

23年11月の「旅行業者取扱高」は19年比で76%に

2024.02.19

23年12月の「商業動態統計調査」は小売好調で34ヶ月連続のプラスに

2024.02.19

24年1月の「景気の現状判断」は12ヶ月連続で50ポイント超えに

2024.02.19

24年1月の「景気の先行き判断」は3ヶ月連続で全国で50ポイント超えに

2024.02.16

23年12月の「家計収入」は15ヶ月連続のマイナス

2024.02.16

23年12月の「消費支出」は10ヶ月連続のマイナス

2024.02.15

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 男性子育て層の約5割が利用 バンドワゴン効果で拡大する新NISA

2024.02.14

企業活動分析 パナソニックHD A2Wや車載機器・電池などの販売増や為替の影響で増収、原材料高騰が響き2割減益(23年3月期)

週間アクセスランキング

1位 2024.02.07

企業活動分析 ソニーグループの23年3月期は為替の影響やPS5販売増で2桁増収わずかに増益

2位 2023.12.27

2024年の日本を読み解く―24の視点

3位 2021.10.14

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション―産業衰退死段階の生き残り戦略【1】

4位 2024.02.09

消費者調査データ スナック菓子(2024年2月版) 圧倒的な強さ、カルビー「ポテトチップス」 再購入意向の高いPB商品

5位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area