半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年03月05日

特集:コロナ禍の消費を読む 消費動向速報
宅内食の充実が支える基礎的支出、伸びる教育関連とクルマ関連サービス
主任研究員 菅野守


図表の閲覧には有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインしてお読みください。

 コロナ禍で、消費動向が変化しています。その変化をいち早く把握し、ビジネスに役立てるために、官公庁などが発表する統計データから気になる動向をご紹介します。


基礎的支出はプラスの伸びを保ち続ける一方、選択的支出の伸びは低下を続け、消費支出に対する選択的支出の構成比も、低下に歯止めがかからない。
基礎的支出では、感染対策支出や宅内充実支出の伸びが続いている。中でも、宅内食(自宅での食事)の充実に関連した飲料や調味料などの支出の伸びが目立っている。選択的支出では、教育関連サービス支出とクルマ関連サービス支出は、プラスの伸びを示している数少ない項目となっている。旅行・レジャー、イベント、外食などへの支出を中心に低迷が続いている。

1.続く選択的支出のウェイト低下

 2020年10月以降、基礎的支出はプラスの伸びを保ち続ける一方、選択的支出の伸びはマイナスに沈んだまま、伸び率の値も低下し続けている(図表1)。


図表1.基礎的支出と選択的支出の前年同月比伸び率の推移

ログインして図表をみる


 消費支出に対する選択的支出の構成比も、2020年10月をピークに、低下に歯止めがかからない(図表2)。


図表2.基礎的支出と選択的支出の構成比の推移

ログインして図表をみる


2.宅内食の充実が支える基礎的支出の伸び

 基礎的支出では、感染対策支出や宅内充実支出の伸びが続いている。2020年10月~12月にかけては特に、宅内食の充実に寄与する品目への支出が目立っている。

 図表3は、2020年10月から12月にかけて、基礎的支出の中で特に伸びている品目を示している。伸びている内訳をみると、「炭酸飲料」「コーヒー」「焼酎」などの飲料(酒類も含む)が3項目、「他の調味料」や「つゆ・たれ」などの調味料が2項目、「保健用消耗品」や「他の家事用消耗品のその他」などの感染対策支出が2項目、「他の冷暖房用器具」や「電気冷蔵庫」などの住設機器が2項目、「信仰・祭祀費」といった冠婚葬祭支出が1項目となっている。特に、飲料の3項目と調味料の2項目は、宅内食(自宅での食事)の充実に関連して伸びている支出といえるだろう。


図表3.基礎的支出における前年同月比伸び率の上位品目

ログインして図表をみる


 図表3は、基礎的支出の品目のうち、2020年10月~12月のいずれかで月あたり支出金額が500円以上、前年同月比伸び率の値が+10%以上となった計10項目を、2020年12月時点での伸び率の大きい順に列挙した。


3.選択的支出の中でプラスを保ち続ける教育関連サービス支出とクルマ関連サービス支出

 旅行・レジャー、イベント、外食などへの支出を中心に低迷が続いている選択的支出の中で、教育関連サービス支出とクルマ関連サービス支出は、プラスの伸びを示している数少ない項目となっている。

 2020年10月以降一貫して大幅なプラスが続いているのは、「高校補習教育・予備校」と「住宅関係負担費」の2品目である。2020年12月に大幅なプラスとなっているのは、「授業料等:私立大学」「他の月謝類」「自動車整備費」の3品目である。「高校補習教育・予備校」「授業料等:私立大学」「他の月謝類」の3項目は教育関連サービス支出であり、「自動車整備費」はクルマ関連サービス支出である。

 他方で、2020年10月以降一貫して大幅なマイナスが続いているのは、計9項目である。その内訳をみると、「外国パック旅行費」「国内パック旅行費」「航空運賃」「鉄道運賃」「有料道路料」「映画・演劇等入場料」の6項目は旅行・レジャーやイベント関連の支出といえる。「飲酒代」は外食への支出、「スポーツクラブ使用料」も外出を伴う余暇支出である。「幼児教育費用」は、教育関連サービス支出の中でマイナスが続いている数少ない項目となっている。

 図表4は、2019年10月~2019年12月と2020年10月~2020年12月の計6ヶ月の間に1回以上、月あたり支出金額が500円以上となったものを対象に、「全ての月で伸び率がプラスで、 2020年10月~2020年12月のいずれかで伸び率の値が+20%以上となった5項目」と、「全ての月で伸び率の値が-20%以下となった9項目」の計14項目を選別の上、 それらを分類し列挙している。


図表4.選択的支出における前年同月比伸び率の上位品目

ログインして図表をみる



特集:コロナ禍の消費を読む


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

カルビー「ポテトチップス」圧倒的な強さ
カルビー「ポテトチップス」圧倒的な強さ

2020年のスナック菓子市場は小売金額ベースで前年比1.8%増と、堅調な動きを続けている。今回の調査では、認知、購入経験でカルビーの「ポテトチップス」が圧倒的な強さをみせた。店頭接触や3ヶ月以内購入などでは「かっぱえびせん」「ポテトチップス(湖池屋)」が高い評価を得ているが、再購入意向では流通PBが上位に食い込んできた。

広く浸透する食品PB、高まる品質評価
広く浸透する食品PB、高まる品質評価

近年、多くの流通企業がプライベートブランドを拡大してきた。今回は、食品を中心としたPBが生活者にどのように捉えられているのか調査を行った。その結果、1年以内の購入率が9割を超えるなど生活に広く浸透していること、ナショナルブランドと比較しても品質に遜色がない一方、お得感があるなどの評価を得ていることがわかった。

経験財化、ブランド選択、チャネル
経験財化、ブランド選択、チャネル

コロナによって食生活は変化しました。それにともない、食の経験財化が進んでいます。この変化に対応するためには、ブランドの効果や購買行動の変化、チャネル選択などを考慮した価値拡張のマーケティングが必要になります。本稿ではその具体策として、ターゲットスライドやリアルプロモーション、ブランドの感情説得、購入先の使い分け、インセンティブ好き、価値上げによる値上げの六つを提案いたします。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.