日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2020年01月16日

第13回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録
豊潤生活と食の現実
本コンテンツは2019年11月14日開催した「ネクスト戦略ワークショップ」の講演録に加筆・修正を加えたものです。
ディレクター 大場美子

本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 サザエさんに代表されるような「中流家庭」のライフスタイルが分解し、「経験満喫」や「富裕階級」「サービス重点型」といったライフスタイルが生まれています。「消費社会白書2020」では、財の所有パターンを分類して、ライフスタイルを構成しました。

 持ち家か賃貸か、クルマを所有しているか、冷蔵庫や大型テレビのような物的財をどれほど持っているか、サービス支出にどれほどお金をかけているか。そういった条件を、この分類に使っています。


中流家庭以後の豊潤生活への転換

 かつて多くの人が目指した「中流家庭型」のライフスタイルに属する人は、全体の16.6%でした。持ち家やクルマと多くの家電製品を所有し、外食やスポーツ観戦などのサービス支出がほかと比べるとそれほどありません。おそらく昭和の時代は、ここに属する人の割合がもっと高かったと思われます。大多数の人が所属していた中流家庭型は、いまでは全体の中のひとつのセグメントにすぎなくなっています。

 この中流家庭型よりも大きくなっているのが、「経験満喫型」と「ミニマムライフ型」です。

 「経験満喫型」は、サービス支出も旺盛で、物的財も豊富に持っています。この層は18.3%です。属性でみると、子育て層から子供が独立したファミリー層の割合が高いです。一方、「中流家庭型」は、ライフステージでいうと子手離れ層や子独立層が多くいます。

 20代30代の若い層では、「ミニマムライフ型」に属する人が多いです。家は賃貸、収入は400万円以下、生活レベルは上中下の「下」と答える人が多いのも特徴です。居住地域をみると、東京23区の比率が1番高くなっています。規模としては最大の19.8%です。

 昭和の時代であれば、社会人になって最初は賃貸でミニマムライフ。結婚して、子供が生まれると、持ち家やクルマなどを購入します。これが、ひとつの従来型ライフスタイルのプロセスでした。

 しかし、現代はいくつかの選択肢が存在します。

 今回のテーマになっている「豊潤生活」というのは、特定のタイプを示しているわけではありません。サービス財への支出が高く、豊かな生活をしている人たちを表しています。そういったライフスタイルへの転換がだいぶ進んでいると考えられます。


スポーツを行う目的は人それぞれ

 次に、現代人の生活とスポーツの関係を見てみます。ラグビーワールドカップ日本大会、2020年の東京オリンピックと、ビッグイベントが続きます。そうした観点から、スポーツを消費社会白書で取り上げることにしました。

 1年間にスポーツを行ったかを尋ねたところ、46%の人が何らかのスポーツを行ったと答えました。また、テレビやインターネットを通じてスポーツ観戦をした人の割合は53.4%、会場観戦をした人の割合は19.4%でした。



図表1.スポーツをほぼ半数が実施し、観戦している



 これを詳しく見ると、実施しているスポーツの種類で1番多いのはウォーキングで21.2%でした。ストレッチ、筋力トレーニングと続きます。競技スポーツの実施率は野球が1番高かったのですが、割合は4.6%と低いです。テレビ・ネット観戦で、最も比率が高いのは野球で33.2%です。次いで、サッカー、テニス、水泳となります。これは、TV放映の有無が大きく影響しているといえます。

 今回の消費社会白書の調査は、ラグビーワールドカップが始まる前の今年7月に実施しました。ラグビーの実施率に対する回答は、2,000人中6人でした。テレビ観戦をした人の割合は、3.6%。ところが、日本対南アフリカのTVの平均視聴率は41%でした(ビデオリサーチ調べ)。

 経験満喫型や富裕層型などの人たちは、全体よりもスポーツ実施率が高かったです。これは、会場観戦率についても同様です。

 スポーツの魅力は、人それぞれです。フィジカルを鍛える、セルフコントロール力を高める、集中力を養う、コミュニケーションを楽しむなど多様です。このように幅広い目的をカバーしてくれるというのが、スポーツの魅力ではないでしょうか。豊潤生活の中で、スポーツというものの価値が高まっていく可能性があります。


次は「変化する現代人の食生活」
【続きを読む】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。



「ネクスト戦略ワークショップ」講演録


「消費社会白書2020」特別コンテンツ


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

強い「チョコレート効果」、リピート意向高い機能訴求商品
強い「チョコレート効果」、リピート意向高い機能訴求商品

2020年はコロナ禍の巣ごもり消費でチョコレートの需要が伸びた。今回の調査では、前回同様に「チョコレート効果」(明治)が複数項目で首位を獲得、強さを見せつけた。チョコレートの一大需要期であるバレンタイン商戦も、今年はステイホームやECへのシフトなどで大きく様変わりする可能性が高い。生活環境が大きく変化する中での競争の行方が注目される。

消費動向速報 平均消費性向上昇と消費復活の予兆
消費動向速報 平均消費性向上昇と消費復活の予兆

平均消費性向は、低下トレンドから上昇トレンドへ転換している。家計黒字の金額の前年同月差は、一貫してプラスを保ってきたが、足許でマイナスに転じている。家計黒字幅の減少の影響は、主に、預貯金の取り崩しという形で顕在化している。平均消費性向上昇への転換と預貯金取り崩しの動きからは、支出意欲の復活の兆しが垣間見える。

盤石「カップヌードル」、「きつね」と「どん兵衛」和風麺は激戦区
盤石「カップヌードル」、「きつね」と「どん兵衛」和風麺は激戦区

2019年度のカップめんの生産量は、ほぼ横ばいの39億7,021万食となった。今回の調査でも前回同様、「カップヌードル」が盤石の強さを見せつけた。2位以下では「赤いきつね/緑のたぬき」と「どん兵衛」が僅差でしのぎを削っている。コロナ禍の巣ごもり消費でカップめんの需要は伸びているが、拡大した市場で今後どのようなヒット商品が生まれるかに注目だ。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.