日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2020年01月07日

「消費社会白書2020」特別コンテンツ
食生活の現実と理想
取締役 大場美子



 消費社会白書から紹介する第3弾は食生活である。食生活には、家族の変化が如実に表れる。家族揃った夕食をとっている人は半数を割り、調理時間は短縮。食事に使う器の数も減っており、一汁三菜の献立は希なものになっている。

 平日のある日の夕食から、食生活の現実をみてみよう。9割が自宅で食べているが、家族全員揃って食べた人は41%、自分ひとりが35%だった。世帯人員2人以上の世帯でみても、家族揃って食べたのは48%と半数未満であった。

 夕食に味噌汁をとっている人は22%と少数派だ。味噌汁の代わりはお茶や水など清涼飲料と、ビール類などアルコール飲料になっている。おかずはさまざまだが、その中で出現率が最も高いのは野菜サラダであった。






 主食、主菜、副菜といった組み合わせパターンをみると、一汁三菜の伝統的スタイルは3%にすぎず、絶滅寸前と言っていい。最も多いのは、主食のみと複数主食を合わせた「主食中心」で34%、次いで「汁なし二内菜食」が23%となる。

 夕食に使う器の数は、平均が3.0個、1個と2個がそれぞれ17%で合わせて34%、3個まで入れて65%であった。器の数は単身層で少なく、既婚子独立のライフステージで多くなる。






 調理時間は平均が32分、30分未満が全体の53%と過半数だった。共働き家庭が圧倒的多数派になっても、食事の準備は、女性が中心だ。限られた時間に調理し後片付けをするために、器の数は少ない方が合理的である。

 一方、食事についての考え方は保守的である。「家族揃って食卓を囲むべき」「一汁三菜が望ましい」「なるべく手作りすべきだ」という家族とあるべき食事についての考え方は根強い。

 分析してみると、こうした考え方は、男性よりも女性が強くもっている。また「生活保守」の価値観と関連しており、「ちゃんとした生活」のための食事に手を抜いてはいけないという観念があるようだ。こうした価値意識と現実との葛藤をどう解決していくかは、食に関連する商品やサービスを提供する側の重要なテーマになっている。



より詳細なファインディングは「消費社会白書2020」をご覧ください

書籍イメージ
消費社会白書2020
見えてきた21世紀の消費-中流家庭から「豊潤生活」への転換

  • 発刊以来17年間の知見とデータから「今」を鋭く分析し、「半歩先」を提案
  • オリジナルの時系列調査から現在の消費者の実像に迫る
  • 中長期だけでなく、短期のマーケティング戦略を構築するための基本データが満載



「消費社会白書2020」特別コンテンツ


「ネクスト戦略ワークショップ」講演録


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

特集:コロナ禍の消費を読む 消費動向速報 コロナ下で盛り上がるネット購買
特集:コロナ禍の消費を読む 消費動向速報 コロナ下で盛り上がるネット購買

ネット通販の利用が伸びている。総務省の「家計消費状況調査」によると、ネットを利用した支出総額は2017年1月以降上昇傾向にある。2020年2,3月には一時前年割れとなったものの、コロナ禍の影響が深まった4月以降は伸び続け、その勢いも増している。中でも伸びが顕著なのが、出前、家電、医薬品、書籍、食料品の5品目だ。感染再拡大の動きは、こうしたネット購買の盛り上がりを更に後押ししそうだ。

特集:コロナ禍の消費を読む 消費動向速報 コロナ下の必需消費「宅内充実」
特集:コロナ禍の消費を読む 消費動向速報 コロナ下の必需消費「宅内充実」

新型コロナウイルス感染症の影響で、3月以降下落に拍車がかかった選択的支出の中で、特に落ち込みが顕著だったのが、外国パック旅行費、宿泊料、映画・演劇等入場料などだ。一方で伸びているのがゲームソフト等、家事代行料、ビデオレコーダー・プレイヤー、テレビゲーム機、植木・庭手入れ代で、コロナ禍においても宅内余暇と住環境の充実のため「必需支出」として高い伸びを続けている。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>働き方の多様化が後押しするデリバリーサービス利用
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
働き方の多様化が後押しするデリバリーサービス利用

新型コロナウイルスの感染拡大にともない、自粛や店内飲食の制限などの影響を余儀なくされているファーストフードチェーン。彼らが活路を見出しているのが、デリバリーやテイクアウトなどのサービスだ。今回の調査では、実際にこうしたサービスがどの程度利用されているのか、また在宅勤務などの多様な働き方がサービスの利用率に与える影響などを探っていく。






会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.