半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年05月31日

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 第132号
冷蔵庫は食材で一杯!内食化で「買いたくても買えない」!?


本コンテンツは、食生活についての消費者への独自調査をもとに、その分析結果をまとめたオリジナルレポートです。調査結果の分析パートと、主要各紙から食生活のトレンドを整理した業界クリップの2部構成でお届けします。

1.半数の人は冷凍庫が8割以上埋まっている(本文抜粋)
レポートイメージ
レポートイメージ

 在宅時間の増加で食材を購入する量が増えたために、冷蔵庫の中の空きスペースが減っているようだ。今回は、冷蔵庫の利用状況や、冷蔵庫の空きスペースが、買い物にどのような影響を与えているのか調査を行った。

 最近1週間で、自宅で夕食を食べた回数をみてみると、毎日自宅で食べている人が全体の8割となっている。2020年2月(感染症の拡大)以前と比較した増減では、4人に1人が「増えた」と回答している(図表1)。夕食の食材購入頻度は、約半数が「週1~2日程度」、頻度増減では「増えた計」と「減った計」は同程度であった(図表2)。


レポートダウンロード

レポートのPDFダウンロードには有料の会員登録が必要です。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 半数の人は冷凍庫が8割以上埋まっている
  2. 東京や大都市郊外、子育て層では冷蔵庫を意識した買い物が多い
  3. コロナで増えた、小分け小容量の買い方
  4. 宅内食の増えた人で高まる冷蔵庫を意識した買い方

* 業界クリップ 2021年4-5月(全7頁)

  1. 消費者の動き        【3回目の緊急事態宣言】
  2. 売れている食品・メニュー  【菓子市場が低迷】
  3. 東京市場          【オフィスコンビニの配送ロボット】
  4. 地産地消          【産地直送のECサイトの人気】
  5. 食品企業の経営       【研究開発活動の強化】
  6. 製品開発          【サブウェイの腸活サンド】
  7. 価格政策          【定額サービス相次ぐ】
  8. プロモーション       【コロナに対応した販促テーマ】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【イオンがPBを強化】
  10. ヘッドラインクリップ    2021年4-5月の動向



最新バックナンバー


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

「カップヌードル」が全項目で首位、再購入意向でPBがランクイン
「カップヌードル」が全項目で首位、再購入意向でPBがランクイン

2020年のカップめんの生産量は、前年比2.6%増の3,989億円と、上半期の緊急事態宣言で大きく需要を伸ばした。2021年はその裏年にあたるため、前年比ではマイナスが予想されていたにも関わらず、6月以降はプラスとなった。調査結果では、前回に引き続き、日清食品の「カップヌードル」が圧倒的な強さをみせた。

経験財化で市場拡大目指すKINTO―自動車サブスクの新しいカタチ
経験財化で市場拡大目指すKINTO―自動車サブスクの新しいカタチ

トヨタの自動車サブスク「KINTO」が利用者を増やしている。21年6月までにユーザー数の累計は約2万人を数える。日産やホンダもサブスクを展開しているが、KINTOの強みは「モビリティマーケット」のような周辺サービスである。ドライブにぴったりなお出かけ先や、クルマライフを充実させるサービスをストーリー仕立てで紹介するものだ。クルマを通じた体験を「経験財」として提供することが狙いである。

大きく変貌するサブカルタウン中野に、ビッグなビジネスチャンス到来!
大きく変貌するサブカルタウン中野に、ビッグなビジネスチャンス到来!

サブカルの聖地、中野。最近ではアニメや漫画とのタイアップによって、ブランドづくりに活用する事例もみられ、サブカルへの注目度も高まっている。そんな中、サブカルタウン中野で、かつてない大規模な再開発計画が進行中。多種多様な人種が行き交う"文化の交差点"は、ビジネス機会をうかがう場としても目が話せない注目のエリアだ。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.