日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.288
ファーストフードチェーン(2019年2月版)
盤石のマクドナルド、再利用意向トップはシェイクシャック





本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 ファーストフード業界の好調が続いている。売上高は、2015年12月から2018年11月まで36ヶ月連続のプラスだ(日本フードサービス協会)。

 今回は、当社が任意に選んだ29のファーストフードチェーン(ファストカジュアルを含む)について、「知っている(認知率)」「自宅や会社・学校の近くにある(近隣立地)」「利用したことがある(利用経験)」「今後(も)利用したい(利用意向)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査では、前回(2018年3月版)と同様6項目中、再利用意向を除く5項目で「マクドナルド」が首位を獲得、再利用意向でもトップと1.6ポイント差の3位につけた。「マクドナルド」は、前々回(2015年9月版)中国メーカー製の期限切れチキンナゲットの問題や、異物混入問題が取りざたされた影響などから、再利用意向を大きく落としたが、前回(2018年3月版)の2位、今回の僅差の3位と完全復活をとげた。

 2位争いはこちらも「モスバーガー」と「ケンタッキーフライドチキン」だが、利用経験、3ヶ月内利用、今後の意向などで、首位の「マクドナルド」には大きく水をあけられている。

 今回、再利用意向で首位を獲得したのは、2015年に日本初上陸を果たし、現在10店舗(2019年1月現在)を展開するファストカジュアル(ファーストフードとファミリーレストランの中間的な業態で、従来のファーストフードチェーンよりは単価の高い商品を扱うチェーンが多い)の「シェイクシャック」である。同じくファストカジュアルの「クアアイナ」も前回に引き続き5位以内を確保、ファストカジュアル業態の人気を物語る。昨年から今年にかけて、「ファットバーガー」「クチノバ」といったファストカジュアルのチェーン店が上陸を果たした。有力チェーンのひしめく市場で、新しいチェーンがどこまで存在感を示せるかが注目される。


本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示29チェーン】
  • マクドナルド
  • モスバーガー
  • ケンタッキーフライドチキン
  • ロッテリア
  • ベッカーズ
  • フレッシュネスバーガー
  • ファーストキッチン
  • ドムドムバーガー
  • バーガーキング
  • クアアイナ
  • シェイクシャック
  • カールスジュニア
  • UMAMIバーガー
  • サブウェイ
  • カレーハウスCoCo壱番屋
  • カレーショップC&C
  • すき家
  • 吉野家
  • なか卯
  • 松屋
  • てんや
  • 名代富士そば
  • はなまるうどん
  • 丸亀製麺
  • ゆで太郎
  • タコベル
  • 築地銀だこ
  • ミスタードーナツ
  • クリスピー・クリーム・ドーナツ


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年1月11日~16日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,2178サンプル
サンプル構成(%)



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

成長市場を探せ 納豆(2020年版)
成長市場を探せ 納豆(2020年版)

「健康に良い」「免疫力を高める」などのイメージを持つ納豆が売れている。市場規模は2018年までに7年連続のプラスと成長を続けている。最近では納豆菌の研究が進み、免疫機能を高めるとされる菌株を使った商品も好調だ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内感染が報じられてからは、予防に効果があるというフェイクニュースが流れたことも記憶に新しい。健康意識の高まりを背景に、今後も持続的な成長が期待できそうだ。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>新型コロナウイルスのインパクト! コロナは購買行動にどのような影響を与えた!?
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
新型コロナウイルスのインパクト! コロナは購買行動にどのような影響を与えた!?

2020年1月16日に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内での罹患者確認から2ヶ月が経った。感染症対策商品が売れ、マスクや消毒用アルコールなどの品薄は未だ改善の見通しが立っていない。今回は、新型コロナウイルスの発生が生活者の購買行動にどのような影響を及ぼしているのか調査した。衛生意識の高まりや、テレワークの浸透などで生活様式が変わっていく中、新型コロナウイルスは今後の消費者の購買行動にも変化をもたらしそうだ。

成長市場を探せ 電気洗濯機(2020年版)
成長市場を探せ 電気洗濯機(2020年版)

電気洗濯機の生産金額は2008年頃から前年割れが続き、2013年には最大時の半分程度まで縮小。しかし2014年からは5年連続で上向いている。下支えするのが高付加価値化だ。自動で洗濯方法を最適化する「AIお洗濯」や、洗剤や柔軟剤の「自動投入」、スマホ連携など、時短・省手間ニーズを取り込んでいる。今後もこうした高付加価値化が進むことで、市場の拡大が見込まれる。






会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.