日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2016.09)
シェイクシャックは日本で第二のスタバになれるのか
本コンテンツは、「ITmedia」(アイティメディア株式会社)に2016年8月31日に掲載された記事のオリジナル原稿です。
ビジネス・ディベロップメント・マネジャー 村田多恵子



本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 昨年11月、ニューヨークで人気のハンバーガーショップ、シャイクシャックが外苑いちょう並木(東京都港区)に日本1号店をオープンさせた。今年4月には恵比寿にも出店し、現在日本国内2店舗となった。2020年までに10店舗を開業予定だ。シェイクシャックは好業績が続いており、2016年の売上見通しを当初予想の2.42億ドル(約254億円)から2.45~2.49億ドル(約257億円~261億円)に引き上げた。

 日本での展開は、スターバックスの日本導入を成功させた実績を持つサザビーリーグ(東京都渋谷区)が独占契約を結んだ。スターバックスの参入は、日本で喫茶店や低価格コーヒーチェーンとは異なる新しい市場をつくり市場全体を活性化させた。シェイクシャックは日本のハンバーガー市場で新しい市場をつくれるのか、その可能性と条件を探ってみたい。


シェイクシャックの強さ

 シェイクシャックは、2001年にNYのマディソンスクエアパークにホットドッグカートを出店したのがはじまりで創業は2004年。2015年1月には、ニューヨーク証券取引所に上場した。現在は世界9ヶ国に78店舗を展開し急成長している。

 日本でも開店から8ヶ月が経過したにもかかわらず、外苑いちょう並木店には週末になると長い行列ができている。日本人はもともと行列好きといわれるが、ニューヨークの1号店もいまだに平均1時間待ちの行列だという。行列しても食べたいシェイクシャックの強さは三つある。


第二のスタバとして新たな市場を想像できるか?シェイクシャックの強みとは【続きを読む】(有料会員向け)
※会員のご登録はこちらをご覧ください。

参照コンテンツ


業界の業績と戦略を比較分析する


おすすめ新着記事

MNEXT 中堅ビジネスの再成長への提案<br>―大手よりも伸びる中堅企業のナゼ?
MNEXT 中堅ビジネスの再成長への提案
―大手よりも伸びる中堅企業のナゼ?

どうしたら会社が持続的に成長できるのか。経営者にとって最大の悩みだ。当社独自の分析では、直近10年間で成長していたのは大手企業よりもむしろ中堅企業であった。つまり、中堅企業は大手よりも優れた成長戦略を採ったということだ。では、どのような戦略で「壁」を突破し再成長を遂げたのか、事例を交え解説する。

成長市場を探せ 麦茶飲料(2019年版)
成長市場を探せ 麦茶飲料(2019年版)

無糖茶市場が拡大を続けている。なかでも成長著しいのが麦茶飲料で、2018年は前年比14%増、9年連続の伸長だ。背景には、近年の猛暑から熱中症対策飲料としての認知が進んだこと、加えて健康効果も知られるようになり、通年商品化したことが挙げられる。需要最盛期を迎え、ますますの市場拡大が期待される。

戦略ケース  アルビオンはいかにして
戦略ケース  アルビオンはいかにして"500億円の壁"を突破したか

「スキコン」のアルビオンが好調だ。2018年度の売上高は688億円と、過去23年間で約3倍の伸びである。しかし、順風満帆な成長だったわけではない。2009年度には"500億円の壁"に直面し、売上が落ち込んだのだ。見事復活を遂げ、"壁"を突破した背景には、同社の基軸である化粧品専門店への集中戦略があった。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.