日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


消費者調査データ No.286
コーヒーチェーン(2019年1月版)
王者スターバックス、追うドトール



本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2017年度(2017年4月~2018年3月)のカフェ業界の売上は、前年度比4.6%増と拡大傾向が続いている(帝国データバンク)。

 今回は、当社が任意に選んだ24のコーヒーチェーンについて、「知っている(認知率)」「自宅や会社・学校の近くにある(近隣立地)」「利用したことがある(利用経験)」「今後(も)利用したい(利用意向)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査でも、前回(2018年3月版)同様、「ドトールコーヒー(以下ドトール)」と「スターバックスコーヒー(以下スターバックス)」が首位を競り合う形となった。「スターバックス」は、6項目中再利用意向を除く5項目でが首位を獲得。一方の「ドトール」は、5項目で「スターバックス」次ぐ2位となったものの、再利用意向では3.8ポイントの小差ながら「スターバックス」を抑えて首位を獲得した。3位グループは、「コメダ珈琲店」と「タリーズコーヒー(以下タリーズ)」「サンマルクカフェ」だが、利用経験、3ヶ月内利用意向や今後の利用意向などでは2位との差が大きい。

 ユーザーのロイヤリティの指標である再利用意向についてみると、上位3位は「ドトール」「スターバックス」「タリーズ」の大手チェーン、次いで「コメダ珈琲店」「星乃珈琲店」「椿屋珈琲店」とフルサービス型のコーヒーチェーンが並ぶ。サードウェーブコーヒーの旗手として注目されていた「ブルーボトルコーヒー」は、前回(2018年3月版)より13.6ポイント再利用意向を落とし、順位も首位から7位に後退した。フルサービス型のコーヒーチェーンが手堅くファンを掴んでいるのと対照的に、サードウェーブコーヒーの波は退潮傾向だ。

 コーヒーチェーンは成長市場ではあるものの、業界トップの「スターバックス」が1,392店(国内 2018年9月末現在)、「ドトール」が1,114店(2018年12月末国内)と業界内での競争に加え、低価格で手軽なコンビニのカウンターコーヒー(淹れたてコーヒー)との脅威にもにさらされている。成長をけん引する新たな業態や次のトレンドがどこから生まれてくるかが注目される。


当社人気コンテンツ「戦略ケース 勝者なきセルフ式コーヒーチェーン店の競争」の続編、「戦略ケース コーヒーチェーン競争の行方 進む異業種とのボーダレス化」を公開中!2018年現在、異業種との競争へとシフトするコーヒーチェーン業界の競争の行方を占います。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示24ブランド】
  • ブルーボトルコーヒー
  • ドトールコーヒー
  • スターバックスコーヒー
  • タリーズコーヒー
  • セガフレード・ザネッティ
  • エクセルシオール・カフェ
  • サンマルクカフェ
  • プロント
  • ベックスコーヒーショップ
  • シアトルズベストコーヒー
  • カフェ・ド・クリエ
  • カフェ・ベローチェ
  • カフェミラノ
  • カフェ・コロラド
  • コナズコーヒー
  • ホリーズカフェ
  • 珈琲館
  • UCC 上島珈琲店
  • 喫茶室ルノアール
  • コメダ珈琲店
  • ミヤマ珈琲
  • 星乃珈琲店
  • 椿屋珈琲店
  • 元町珈琲


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2018年12月18日~21日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,008サンプル
サンプル構成(%)



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

新製品投入やフルーツティーなどで伸びる紅茶飲料、コロナ禍でも好調
新製品投入やフルーツティーなどで伸びる紅茶飲料、コロナ禍でも好調

2010年をピークに2015年までダウントレンドにあった2紅茶飲料の生産量は、2016年に反転。2019年は119万8,600Kℓで、4年連続の拡大、過去最高を記録した。今年4、5月は新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で、ペットボトル飲料は全体として低迷したが、紅茶飲料の市場は、トレンドのフルーツティーの新製品やリニューアルで活気をみせている。

伸びる地域ブランド農産物 拡がる購入チャネル
伸びる地域ブランド農産物 拡がる購入チャネル

直売所だけでなく、ネットでの取り扱いの増加などで、地域ブランドの農産物を目にする機会が増えてきている。実際に今回の調査でも、全体の半数を超える人が、最近1年以内に地域ブランド農産物を購入したことがあると答えた。今後の購入意向も高く、多少高くても買いたいと考える人も多い。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ネットチャネルでの購入も増加。加えて消費者の食・健康意識の高まりを背景に、今後も成長余地は大きいとみられる。

消費者調査データ ミネラルウォーター類<br>20年ぶり前年割れも上位ブランド盤石
消費者調査データ ミネラルウォーター類
20年ぶり前年割れも上位ブランド盤石

2019年のミネラルウォーター類の生産量は、20年ぶりの前年割れとなった。今年3月には新型コロナの感染拡大で備蓄需要が伸びたものの、4月は外出自粛などの影響で売上が減少、厳しい状況が続いている。潜在的な成長力は高いこの市場をけん引するのは、2大ブランド「サントリー天然水」「い・ろ・は・す」だ。






コロナ経営危機を乗り越える!中堅ビジネス向け無料オンライン相談
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.