日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ
サバ缶(2018年版)

 



 水産缶詰の生産量が減少するなか、サバの缶詰が好調だ。日本びん詰レトルト食品協会によると、2017年の水産缶詰の生産量は10万6千トン(2008年比8%減)と、ここ10年間ゆるやかな減少傾向にある。

 一方サバの缶詰は、2017年の生産量が3万9千トン(同53%増)と大きく伸長、ツナ缶(マグロ・カツオ類)を逆転した。業界推計では、売上高シェアで初めてサバ缶がマグロ缶を上回ったという報道も出ている(日本経済新聞 電子版 2018年5月21日付)。




 背景にあるのは、消費者の健康志向だ。サバには不飽和脂肪酸の一種であるEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれている。これらは高血圧の予防や中性脂肪の低下に効果があるとされており、食物繊維を含む食品と合わせて食べることでダイエット効果も見込めるというのだ。「サバ缶ダイエット」としてテレビ番組で紹介されたことで人気に勢いがついた。

 またサバは漁獲量が安定しており、缶詰が100-200円前後と安価で購入できる。近年マグロやカツオの漁獲量が減少し、2017年には一部のツナ缶で値上げの動きがみられたことも追い風となった。


 このように、健康志向と低価格から生産量を伸ばしてきたサバ缶。日本人の魚離れも叫ばれるなか、水産業界の救世主となれるのか。今後の動向に注目したい。


サバ缶についての消費者調査の結果、「食と生活」のマンスリー・ニュースレター「健康・美容意識が作るサバ缶ブーム 世代で異なる選好理由」は、会員コンテンツとして公開中です!

参照コンテンツ


シリーズ 成長市場を探せ


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>RTD(2019年1月版)<br>ストロングゼロ、ウィルキンソン。<br>高アルコールは定番の氷結、ほろよいを超えるか
消費者調査データ
RTD(2019年1月版)
ストロングゼロ、ウィルキンソン。
高アルコールは定番の氷結、ほろよいを超えるか

アルコール市場が低迷する中、RTDは数少ない成長市場だ。今回の調査では、過去2回と同様に「キリン 氷結」が再購入意向を除く6項目で首位を獲得した。それを追うのはサントリーの「ほろよい」。2社がトップブランドを争う中、健闘を見せているのが再購入意向で首位を獲得したアサヒの「ウィルキンソンRTD」だ。激戦が繰り広げられるRTD市場に注目したい。

第12回 ネクスト戦略ワークショップ講演録<br>ロングセラーブランドの長寿化
第12回 ネクスト戦略ワークショップ講演録
ロングセラーブランドの長寿化

ロングセラーブランドにとって避けられない課題が、顧客の流出だ。強みである潜在顧客基盤の大きさを活用して、これから5年先、10年先も支持されるためにはどのような戦略が必要になってくるのか。顧客の新陳代謝がうまくいっているカルピスやハーゲンダッツの事例を取り上げながら、解説していく。

消費者調査データ<br>ノンアルコール飲料(2019年1月版)<br>オールフリーとドライゼロがリード、トクホや透明タイプにも注目
消費者調査データ
ノンアルコール飲料(2019年1月版)
オールフリーとドライゼロがリード、トクホや透明タイプにも注目

ノンアルコール飲料が好調だ。今回の調査では、「オールフリー」が7項目中6項目で首位を獲得。ノンアル市場はビールテイストが8割強を占めるが、カクテルや梅酒などRTDテイストの成長が目立つ。透明タイプや強炭酸などソフトドリンクのトレンドも取り入れ、今後も各社の動向から目が離せない。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.