半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年12月23日

戦略200+・企業活動分析
キヤノン株式会社
20年12月期は減収減益。コロナ禍の経済停滞が要因
2020年12月期決算の総括

キヤノンの2020年12月期の連結決算は売上高3兆1,602億円(前年比12.1%減)、営業利益1,105億円(同36.6%減)となった。2020年度は、2月までは順調に推移したものの、新型コロナウイルスの影響で第2四半期には世界各国における都市封鎖などで経済活動が著しく停滞した結果、初の四半期ベースでの赤字決算となった。その後徐々に持ち直し、第4四半期には増益となったが、通期では大幅な減収減益となった。オフィス向け複合機やレーザープリンターは、感染拡大の影響からオフィスの稼働率が低下して大きく需要が減少し、露光装置や有機ELディスプレイ製造装置などの産業機器は旺盛な受注はあるものの、厳しい渡航制限によって顧客先での設置作業が中断されて伸び悩んだ。医療機器も、コロナの影響から医療機関への立ち入りが制限されて十分な営業活動が行えなかった。しかしそのような中でも、この時代に生き残るための追加の構造改革を計画どおり進めた。2016年からスタートした5ヵ年計画(フェーズV)では、新たな成長に向けて四つの新規事業(メディカル、ネットワークカメラ、商業印刷、産業機器)の拡充に挑み、「戦略的大転換」の第一段階となる事業ポートフォリオの入れ替えを完了させた。2021年度からは新たな5カ年計画「グローバル優良企業グループ構想フェーズVI」がスタート、フェーズVからの流れを引き継ぎ、「生産性向上と新事業創出によるポートフォリオの転換を促進する」を基本方針として、「産業別グループへの全社的組織再編による事業競争力の強化」、「本社機能の徹底強化によるグループ生産性の向上」の主要戦略を推進する。


企業活動分析レポートのダウンロードには有料の会員登録が必要です。
レポートでは企業の戦略や活動を当社独自のフレームに沿って時系列で整理しています。競合比較や業界分析などに幅広くご活用いただけます。

分析レポートのサンプルを見る

分析レポートのダウンロード


バックナンバー
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ

企業活動分析 サンプルのご案内

当コンテンツの全体像をより具体的にイメージしていただけるように、掲載中の239社の中から1社を抜粋してサンプルとしてご用意いたしました。下記よりご利用下さい。


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

カルビー「ポテトチップス」圧倒的な強さ
カルビー「ポテトチップス」圧倒的な強さ

2020年のスナック菓子市場は小売金額ベースで前年比1.8%増と、堅調な動きを続けている。今回の調査では、認知、購入経験でカルビーの「ポテトチップス」が圧倒的な強さをみせた。店頭接触や3ヶ月以内購入などでは「かっぱえびせん」「ポテトチップス(湖池屋)」が高い評価を得ているが、再購入意向では流通PBが上位に食い込んできた。

広く浸透する食品PB、高まる品質評価
広く浸透する食品PB、高まる品質評価

近年、多くの流通企業がプライベートブランドを拡大してきた。今回は、食品を中心としたPBが生活者にどのように捉えられているのか調査を行った。その結果、1年以内の購入率が9割を超えるなど生活に広く浸透していること、ナショナルブランドと比較しても品質に遜色がない一方、お得感があるなどの評価を得ていることがわかった。

経験財化、ブランド選択、チャネル
経験財化、ブランド選択、チャネル

コロナによって食生活は変化しました。それにともない、食の経験財化が進んでいます。この変化に対応するためには、ブランドの効果や購買行動の変化、チャネル選択などを考慮した価値拡張のマーケティングが必要になります。本稿ではその具体策として、ターゲットスライドやリアルプロモーション、ブランドの感情説得、購入先の使い分け、インセンティブ好き、価値上げによる値上げの六つを提案いたします。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.