半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2004.05)
価格競争からの脱却を果たしたカゴメ
-価格を上げてブランド価値を守る
戦略分析チーム 石井



 カゴメの営業利益が2期ぶりに増加となった。4月26日に発表された2004年3月期の連結決算は、売上高が8期連続の増加となる1,549億円(前期比5.2%増)、営業利益は1.2%増の46億8,000万円、第1四半期の営業利益が前期比7割減、第2四半期が4割減だったことを考えると、下期で収益構造を大幅に改善できたことになる。  直接的には、主力商品である野菜飲料の納入価格見直しと販売促進費削減が功を奏したわけだが、小売りの特売値引き原資となる拡売費の削減を柱にした「ブランド価値経営」推進の成果でもある。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。






参照コンテンツ

新着記事

2024.03.01

現代日本の消費について何が語られたのか―目的と手段の転倒

2024.02.29

消費からみた景気指標 23年11月は10項目がプラスに

 

2024.02.29

23年12月の「広告売上高」は、3ヶ月ぶりにマイナスへ

2024.02.28

企業活動分析 キッコーマンの23年3月期は海外事業が好調で増収増益

2024.02.27

24年1月の「ファーストフード売上高」は35ヶ月連続のプラスに

2024.02.27

24年1月の「ファミリーレストラン売上高」は23ヶ月連続プラス

2024.02.26

24年1月の「全国百貨店売上高」は23ヶ月連続のプラス、インバウンドや高額商材好調で

2024.02.26

24年1月の「チェーンストア売上高」は既存店で11ヶ月連続のプラス、食料品が好調

2024.01.29

24年1月の「コンビニエンスストア売上高」は2ヶ月連続のプラスに

週間アクセスランキング

1位 2024.02.15

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 男性子育て層の約5割が利用 バンドワゴン効果で拡大する新NISA

2位 2023.12.27

2024年の日本を読み解く―24の視点

3位 2024.02.22

消費者調査データ No.402 RTD(2024年2月版) 「ほろよい」「氷結」「贅沢搾り」 熾烈なトップ争い

4位 2021.10.14

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション―産業衰退死段階の生き残り戦略【1】

5位 2016.03.16

【マーケティングFAQ】どうすればブランド力を強化できるか

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area