半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
プラットフォーマー


プラットフォーマーとは

 プラットフォーマーとは、市場プラットフォームを提供する企業や組織を指します。市場プラットフォームとは、市場に参加する売り手、買い手や関与者を結びつける役割や機能のことです(J.ティロール)(参照:MNEXT 眼のつけどころ「高収益な市場プラットフォームをどうつくるか」)。

 プラットフォームによって形成された市場は、「二面市場(two-sided market)」あるいは、一般化して、「多面市場(multi-sided markets)」とも呼ばれます。売り手と買い手がプラットフォームを介して結びつくので、売り手とプラットフォーマーが取引する市場と、買い手とプラットフォーマーが取引する市場というように、複数に分かれるからです。

 市場プラットフォームでは、参加者間に相互作用が働きます。同じ側の参加者、例えば売り手であれば売り手同士との間で働く場合には「直接的ネットワーク外部性(direct network externality)」、異なる側の参加者、例えば売り手と買い手との間で働く場合には「間接的ネットワーク外部性(indirect network externality)」と言われます。こうしたネットワーク外部性が強く働くため、特定のプラットフォームが独占的になりやすく、その結果、プラットフォーマーが「超過利潤」を得やすくなります。ものづくりなどとは異なるビジネスモデルとして、ネットの領域だけでなくリアルの世界でも注目されています。

 遡るとJCBなどのクレジットカード会社は、売り手である加盟店と買い手である消費者の双方に対して、決済システムという機能(=市場プラットフォーム)を提供するプラットフォーマーです。カード会社の決済システムによって加盟店とカード会社、カード会社と消費者という二面が結びつく二面市場を形成しています。

 パソコンやスマホのOSは、ユーザーと、パソコンなどのハードメーカー、アプリケーションソフト開発者(企業)やコンテンツの提供者といった複数の関与者を結びつける役割をもった市場プラットフォームといえます。マイクロソフトやアップル社はOSを提供するプラットフォーマーです。

 配車ビジネスを展開するウーバーもプラットフォーマーであり、個人の運転手と利用者を結びつける配車システムと決済システムを、市場プラットフォームとして提供しています。創業からわずか数年で世界の主要都市に進出し、従来のタクシー業界を脅かす存在になっています。

 GAFAと呼ばれるGoogle, Amazon, Facebook, Appleの4社はプラットフォーマーの代表的な存在で、膨大な個人データを蓄積し活用することで、さらに市場支配力を強めています。同時に情報操作や、データ流出、第三者への提供などによるリスクも広く認識されるようになりました(参照:MNEXT 眼のつけどころ「世界情報寡占企業からデータ提供代がもらえる日-『グーグル後の生活』と等価交換」)。

 昨今は市場の独占とデータ独占に対する批判的な立場から、2018年4月にEUが先駆けてプラットフォーマーに対して規制を強化(GDRP:一般データ保護規則など)しています。プラットフォーマーの影響力が大きくなるほど、その社会的責任も大きくなっているといえます。


参照コンテンツ


関連用語


おすすめ新着記事

王者「コカ・コーラ」、固定ファン多い無糖炭酸
王者「コカ・コーラ」、固定ファン多い無糖炭酸

2020年の炭酸飲料の生産者販売金額は前年割れとなった。今回のランキングでは、再購入意向を除く6項目で「コカ・コーラ」が首位、2位以下もロングセラーの有糖炭酸が目立つ結果となった。しかし再購入意向では上位10位内のうち7ブランドが無糖炭酸水だ。在宅勤務中のリフレッシュなどの「巣ごもり需要」が支えているとみられ、今後の伸びが期待される分野である。

「東京エディション虎ノ門」日本上陸!マリオットの最高級ホテルは富裕層の心を掴むか
「東京エディション虎ノ門」日本上陸!マリオットの最高級ホテルは富裕層の心を掴むか

東京五輪に向けて都心での開業ラッシュが続くホテル。そのほとんどがラグジュアリー向けです。トレンドは、宿泊だけでなく、食べる、遊ぶ、集うなどをトータルに提案するライフスタイル型ホテルです。今回は、富裕層向けの中でもハイエンドに位置する「東京エディション虎ノ門」を訪れました。NYのナイトクラブを源泉とするこのブランドの独特なコンセプトと、実際に滞在して感じた空気をお伝えします。

首位争いは「オールフリー」「ドライゼロ」、再購入意向は健康系商品
首位争いは「オールフリー」「ドライゼロ」、再購入意向は健康系商品

2020年のノンアルコール飲料市場は、前年比1%増の2,266万ケースと7年連続で堅実な成長を続けている。コロナ下で飲食店での酒類提供が制限され、代替としても注目を集めるノンアルコール飲料。さらに健康志向の強まりも存在感を後押ししている。今まではノンアルコール飲料といえばビールテイスト飲料がその8割以上をビールテイストが占めていたが、昨今はバラエティ化の動きがみられる。認知や購入ではサントリーの「オールフリー」とアサヒビールの「アサヒ ドライゼロ」が首位争いを繰り広げたが、再購入意向では、別の傾向がみられる。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.