日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
ツー・サイド・プラットフォーム




ツー・サイド・プラットフォームとは

 ツー・サイド・プラットフォームとは、提携関係を結んだ2種類のユーザー・グループ(典型的には売り手と買い手)に取引を促すためのインフラとルールを提供し、結びつける製品やサービスを指します。このような製品やサービス(プラットフォーム)はある共通の取引基盤を提供し、ユーザー・グループに参加の資格を与える、という仲介業者のような役割を担います。プラットフォームは双方のユーザー・グループにサービスを提供し、それぞれに利益を得るので、どちらのユーザー・グループに対してもコストと利益の両方が存在します。
 具体例としてはカードビジネスがあります。カード会社はユーザーからカード発行代を取って、もう一方でそれが使えるお店に対して、そのお店が使えることを保障してお店からもお金を取ります。つまりこれは二面、売り手と買い手という関係からいうと、二面市場ということになるわけです。売り手の、ユーザーからみると、使えるお店が増えるとそのカードの利用価値は上がりますし、お店の方からみると、発行枚数が増えれば増えるほどお客様は増える、という相乗効果が生まれます。その他にも、パソコン市場におけるOS、ゲーム機、携帯電話などがあります。


強いプラットフォーム

 ツー・サイド・プラットフォームの特徴は、2種類のユーザー・グループが互いに引きつけられる「ネットワーク外部性」が働くことです。「ネットワーク外部性」とは「お客さまが増えれば増えるほどお客さまの効用が上がる」という関係のことです。このネットワーク外部性のために、売り手が他の売り手もプラットフォームに参加すると予測すれば、売り手のプラットフォームへの参加が増え、結果大きな買い手の需要につながります。一方、売り手が他の売り手がプラットフォームに参加しないと予測すれば、売り手のプラットフォームへの参加が減り、買い手の需要も小さくなります。結果としてツー・サイド・プラットフォーム市場では「収穫逓増の法則」が働きます。つまり、ユーザーの数が増えれば増えるほどプラットフォームの利益が大きくなるのです。
 また、プラットフォームを変えることによるコスト、スイッチングコストと言いますが、この変更コストが高いかどうかという点も影響します。たとえばパソコンのOSを替えるとなると操作の問題、ハードの買い替えなど大変な苦労を伴います。このようにスイッチングコストが高いことも強いプラットフォームの特徴と言えます。
 市場の成熟化が進むと、少数のプラットフォームによる独占もしくは寡占が起こります。クレジットカードはその典型といえます。パソコンのOS市場では1社が市場をほぼ独占しています。このように、ツー・サイド・プラットフォーム市場での「勝者」は大きな利益を得ることになります。



参照コンテンツ


関連用語


おすすめ新着記事

成長市場を探せ 冷菓(2019年版)
成長市場を探せ 冷菓(2019年版)

17年の冷菓市場は過去最高を記録するなど、好調を維持し続けている。牽引しているのは中価格帯のアイスだ。「エッセル スーパーカップ」などのスイーツ系や、「sunao」など糖質オフを付加価値にした商品が伸びているとみられる。値上げや増税など逆風要素もある中、各社の今後の動向から目が離せない。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>健康志向と「映え」で伸びるチーズ需要
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
健康志向と「映え」で伸びるチーズ需要

チーズ市場が伸びている。農林水産省によると、チーズの消費量は過去10年で40%以上の成長率だ。特に18年にはチーズの健康効果やEPA発効による値下げがメディアで報じられ、注目が高まった。消費者はどのようにチーズを食べているのか、チーズの食頻度増加の要因を探ってみた。

マーケティング用語集 プラットフォーマー
マーケティング用語集 プラットフォーマー

プラットフォーマーとは、市場プラットフォームを提供する企業や組織を指します。市場プラットフォームとは、市場に参加する売り手、買い手や関与者を結びつける役割や機能のことです(J.ティロール)。AGFAと呼ばれるアップル(Apple)、グーグル(Google)、フェイスブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社はプラットフォーマーの代表的な存在で、膨大な個人データを蓄積し活用することで、さらに市場支配力を強めています。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.