半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2022年01月11日

コロナからの、KAITOU
経験財化、ブランド選択、チャネル
CBO 大澤博一


全文の閲覧には有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインして全文をご利用ください。

 コロナによる食生活の変化などから、食の経験財化が進んでいます。それに対応するためには、ブランドの効果や購買行動の変化、チャネル選択などを考慮した価値拡張のマーケティングが必要になります。


食べる場所で変わるパンの価値

 まず価値の上がる場所として、パンを事例に説明したいと思います。この場合、場所というのは空間的な場所だけでなく、シーンなど広い概念でとらえています。

 パンを食べる場所について、当社が毎年発刊している「消費社会白書」最新号の調査結果をみてみると、82%の人が自宅となっています。しかし、食べた場所によって、満足度に大きな違いが出ていることがわかりました。

 例えば、レストランやホテルでパンを食べた場合は満足度が高く、自宅やオフィスで食べた場合は低くなっています。さらに、場所別のパンを食べた食事の支払金額と、どれくらいお金を払ってもいいかということを聞いてみると、職場やオフィスでパンを食べた食事をした場合に支払ってもいい金額は548円でした。一方、ホテルでパンを含めた食事をする場合は5,200円、レストランでは6,300円です。つまり、職場や自宅で食べるパンの食事よりも10倍程度に価値が高くなっています。


図表


 なぜこのような価値の差が生まれるかというと、レストランの方が丁寧に作られているとか、贅沢な感じがする、一緒に食べた人と楽しい時間が過ごせたという理由が挙がりました。また、パンと一緒に食べた料理も、自宅だと1.8品ですが、レストランでは2.5品でした。パンだけではなく、パンを含めた食事やその空間が価値を上げているということができます。

 パンが、それを食べた場所によって価値が変わり、カフェやホテルで食べるパンは、他の商品と一緒に食べる補完財になります。さらにそれが外食などのサービスと結びつき、情報が付与されることで情報財化します。それが価値の高まる場所やシーンで経験されることで、経験財化していきます。この過程で、パンの価値はどんどん上がっていきます。


経験財化による付加価値アップ 事例:イータリー

 経験財化していく事例のひとつとして、「イータリー」という業態を紹介したいと思います。2002年にファリネッティという人のアイデアから生まれたものです。イタリアの高品質の食材を、伝統的な食文化と一緒に楽しんでもらうというコンセプトです。買う、食べる、学ぶが一緒にできるというのが特徴です。

 世界で40店舗以上、日本では5店舗が展開されています。ですが、日本ではそれほどうまくいっているようには見えません。その理由のひとつが、扱う商品を経験財化できていないという点を挙げることができます。

 本場イタリアの店舗では、店舗が真ん中にあり、その横に生鮮食品などの売場があります。まさに市場という雰囲気で、日本でいう築地の場外市場のようです。食材を買って、目の前で調理して食べる。そういう経験的な楽しみ方を提供しています。

 一方、日本では生鮮食品はあまり置かれておらず、総菜を買って店舗で食べるといったイートイン的な雰囲気が強いです。イタリアの店舗のように経験財化できていないというのが課題といえそうです。


ブランドによって軽減される商品選択の負担

 食生活の手作り志向、食の経験財化が進む中で、消費者は多くの情報に触れることになります。そのため、その情報を処理する負荷が非常に大きくなってきています。その負荷を軽減してくれるカギが、ブランドです。

 ビールを例に挙げて、説明したいと思います。「消費社会白書2022」の調査では、ビールのブランドを重視していると答えた人が65%でした。また、ブランドによってビールを選ぶ理由として、「知っているブランドだと安心感がある」「知っているブランドなら新商品でも使い勝手が想像できる」「ブランドの品質の良し悪しをある程度判断できる」などが挙がりました。


図表


 ビール以外にも、アイスクリームやスマートフォンについて、スペックの評価とブランドの好意度の相関関係を出しました。スマホのGalaxyやXperia、ビールのキリン一番搾り、サントリーのザ・プレミアム・モルツは、スペックと好意度に強い相関がありました。

 一方で、スペックと好意が強い相関にならないブランドもあります。例えば、アップルのiPhone、アサヒスーパードライ、アイスクリームのハーゲンダッツなどです。これらのブランドは、スペック以上に好意が形成されています。


図表


 この背景には、人間が持っている心理特性が働いているといえます。単純にスペックを合計して、それが高ければ好意に結びつき、購入に繋がるわけではありません。

 ブランドの選択方法として、品質だけで選ぶと答えた人は35%でした。品質に加え、心理的特性で選ぶ人は30%でした。この心理特性のひとつに、ザイオンス効果があります。これは、なじみがある、知っている、そういう気持ちが好きに繋がるというものです。ふたつ目は、ヒューリスティックスです。富裕層が利用していたり、勢いのあるブランドだったり、モンドセレクションを受賞しているなど。そういうものが判断の近道になっていくというものです。もうひとつが、損失回避です。人は、お得な買物をするよりも損をする方が嫌だと感じます。そういった損失を回避するように行動します。

 こういった人間の心理特性を発見して、それに対応することが重要なポイントになります。


続きを読む
「認知の歪みを踏まえたブランディング 事例:アップル」

続きを読むには有料の会員登録が必要です。

前へ(ターゲットスライド、40代女性、食生活) <<


「消費社会白書2022」のご案内

消費社会白書2022 コロナからの、KAITOU
書籍イメージ

コロナで消費マインドは凍結してしまいました。
コロナに今どんな回答(KAITOU)をすればいいのか?どんな解答(KAITOU)があり、どんな解凍(KAITOU)の方法があるのか?
独自消費者調査の結果から、事実を提示し、みなさんに少しでもヒントを提供できればと存じます。

本書で網羅しきれなかった約100の設問を、性別や年代、ライフステージなど12の基本属性を軸に集計した基本集計表も販売中です。


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

星野リゾート進出が変えた「豊島区大塚」 ―官民連携で地域活性化の好事例
星野リゾート進出が変えた「豊島区大塚」 ―官民連携で地域活性化の好事例

都心再開発の多くが完工する2030年頃にかけて、人の流れが大きく変化します。「豊島区大塚」もそのひとつで、官民一体の街づくりによって新たな観光スポットに生まれ変わりました。そもそも大塚といえば、良く言えば下町レトロ、、悪く言えばちょっといかがわしい街のイメージ。それが、2018年の星野リゾート進出によって一変しました。エリアマーケティングでは、大塚のような官民一体型の地域活性策も重要になってくるでしょう。

コロナ下でも強い「ビオレUV」、再購入意向は「スキンアクア」
コロナ下でも強い「ビオレUV」、再購入意向は「スキンアクア」

2年連続で大幅縮小したサンケア市場。今年は、コロナ禍での規制緩和により外出機運も高まっており、再成長が期待されている。今回の調査も、過去同様「ビオレUV」が6項目で首位を獲得、盤石の強さをみせた。唯一首位を譲ったのが再購入意向で、「スキンアクア」が87%と圧倒的支持を獲得。各社も花粉ブロックやホワイトニングなど付加価値製品を投入しており、夏を目前にあつい戦いが予想される。

値上げの時代の生き残りマーケティング
値上げの時代の生き残りマーケティング

2022年は経済の大きな転換期になりそうです。ようやく新型コロナのエンデミック化かと思えば、ウクライナ侵攻、値上げと、経済へのマイナスインパクトが続いています。これらは表面的な現象であり、根底は新たな経済、新しいグローバルな経済秩序への転換です。日本経済に大きな影響を与えるのは、利上げ、サプライチェーン寸断、コロナ、ウクライナ侵攻の四つです。これらの要因が供給と物価に影響を与え、需要をシュリンクさせ、消費市場を減少させることになります。この状況に、マーケティングとしてどう対応したらよいか、ということをお伝えします。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.