半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年10月29日

「消費社会白書2022」のふたつのアナザーストーリー
文責:大場美子

 今回の「消費社会白書2022」には、三つの異なる表紙デザインとキャッチコピーがありました。当社顧問の西橋裕三氏より、ご提案いただいたものです。いずれも現在とこれからの消費市場と消費をみつめた白書2022の三つの側面が見事に表現されています。

 制作物としては、ひとつに絞らざるを得ないのですが、他の2案を埋もれさせるのはあまりにもったいなく、西橋氏に許可をいただき三つの作品と、その意図をここでご紹介させていただきます。


A.コロナからの、KAITOU 




 「コロナからの、KAITOU」の「KAITOU」は、敢えてローマ字で表現しています。ここには、消費者と消費の状況を表す三つのキーワードが掛けられています。

 ひとつめは、コロナという事態から引き出された消費者の反応・対応という意味での「回答」(Response)です。人々がコロナに際してどのような気持ちを抱き、どのような行動をとってきたのか、これからどう変わっていこうとしているのかを捉えようとしています。

 ふたつ目は、昨年から続いてきたコロナの下で、凍り付いてしまった大多数の消費者のマインドの「解凍」(Unfreeze)です 。

 10月下旬、新規陽性数は減少傾向が続き、ワクチン接種も進展するなど、コロナ感染収束への展望も開けつつあります。しかし、現時点では一部の層を除き、大多数の消費者のマインドは凍結したままです。

 それでも、消費者マインドは来年以降、徐々に改善されていき、消費回復の層も領域もともに緩やかながら、段階的に広がっていくと期待されます。

 消費を取り巻く状況が徐々に「暖まって」いき、凍結していた消費者のマインドも少しずつ解けていくという意味での「解凍」というコトバです。

 三つ目は、今後の消費の先行きをどうみるべきか、そしてこれから拓けるチャンスをどのようにつかんでいくべきかを示す、解決策としての「解答」(Solution)です。

 デザインは、積み上がるピラミッド構造の氷の結晶のうち、右下端のひとかけらがこぼれ落ちている、解凍がはじまるというイメージです。

 凍り付いた消費マインドを、「解凍」(Unfreeze)するマーケティングを進めていこう、と言うメッセージが込められています。


B.「ひとり本位」社会の到来




 「ひとり本位」社会の到来は、「消費社会白書2022」の中の価値観についてのメッセージの柱です。

 コロナの下で人づきあいが疎遠になって、「人と人とのつながりを大切にしたい」という気持ちがある一方で、長期的にはむしろ、「人付き合いはわずらわしい」「ひとりの方が気楽だ」といった意識が強まっています。また結婚や子育てを回避する意識も高まっていることがわかりました。

 こうした結果は、社会のシングル(Single)化、ソロ(Solo)化、「サル化」*1を示唆するといえそうです。

 ひとりでも生きていけると感じられるのは、ネットなどのITC技術の支えのおかげでもあり、バーチャルな連携が保たれていれば生きていくのに困らない、といった感覚が生まれていると思われます。

 一方で、対面で他者に共感を覚えるという、人間らしさに欠かせないモノが失われつつあるのではないか。人間どうしが共感する力がホモサピエンスのサバイバルする力になっていた、という説があります。大人に差しかかかると遠い祖先は一泊以上の長い旅に出て、旅先で別の集団に出会い、そこで世話になり一宿一飯の恩義を受ける、そうして世界を拡げていった。

 「サル」から「ヒト」へと進化を続けてきたはずが、デジタル技術を手に入れたことで「ヒト」は再び「サル」へと先祖返りしてしまった、とも言えます。

 表紙デザインは、一見すると3本の木のように見えますが、幹から広がっているのは幹から伸びる枝や葉ではなく、一枚の葉っぱだった、というものです。最初は大地も描いたのですが、根を張る大地さえも見えない空間に立っている一枚の葉の姿が「ひとり本位」社会を象徴しています。


C.コロナの地平を超えて




 今や、コロナはアマゾンやヒマラヤなどの奥地まで席巻しております。地理的な距離だけでなく、人々の間でのイデオロギーの対立やパラダイムの対立といった、さまざまな壁も乗り越えて、コロナは我々の生活を浸食していき、現在に至っています。

 地球全体を覆ったコロナ、ひいては地球環境問題、今の我々の立ち位置から見える地平の先がどうなっているのか、この先ずっと延々と続く大地が広がっているのか、それともどこかで断崖ができ大地が途切れてしまっているのか、我々の文明の先の姿は見えてはいない。

 それでも、先に拓ける地平を見極めていきたい、コロナ後の社会と消費の展望を開いていこう、というメッセージがこの第3案のタイトルと表紙デザインには込められています。


 「消費社会白書2022」の表紙は、A案としました。お伝えするメッセージが、皆様が抱えておられます課題の解決に資する「KAITOU」となりましたら幸いです。


11月11日に開催する「ネクスト戦略ワークショップ」では、「消費社会白書2022」のエッセンスをご紹介します。オンライン開催ですので、お気軽にご参加下さい。

    【注釈】
  • *1 山際寿一(2014)「『サル化』する人間社会」、集英社インターナショナルより


参照コンテンツ


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


新着記事

2024.02.21

企業活動分析 味の素の23年3月期は為替の影響や販売増で過去最高益を更新

 

2024.02.20

23年11月の「旅行業者取扱高」は19年比で76%に

2024.02.19

23年12月の「商業動態統計調査」は小売好調で34ヶ月連続のプラスに

2024.02.19

24年1月の「景気の現状判断」は12ヶ月連続で50ポイント超えに

2024.02.19

24年1月の「景気の先行き判断」は3ヶ月連続で全国で50ポイント超えに

2024.02.16

23年12月の「家計収入」は15ヶ月連続のマイナス

2024.02.16

23年12月の「消費支出」は10ヶ月連続のマイナス

2024.02.15

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 男性子育て層の約5割が利用 バンドワゴン効果で拡大する新NISA

2024.02.14

企業活動分析 パナソニックHD A2Wや車載機器・電池などの販売増や為替の影響で増収、原材料高騰が響き2割減益(23年3月期)

週間アクセスランキング

1位 2024.02.07

企業活動分析 ソニーグループの23年3月期は為替の影響やPS5販売増で2桁増収わずかに増益

2位 2023.12.27

2024年の日本を読み解く―24の視点

3位 2021.10.14

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション―産業衰退死段階の生き残り戦略【1】

4位 2024.02.09

消費者調査データ スナック菓子(2024年2月版) 圧倒的な強さ、カルビー「ポテトチップス」 再購入意向の高いPB商品

5位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area