半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年10月29日

「消費社会白書2022」のふたつのアナザーストーリー
文責:大場美子

 今回の「消費社会白書2022」には、三つの異なる表紙デザインとキャッチコピーがありました。当社顧問の西橋裕三氏より、ご提案いただいたものです。いずれも現在とこれからの消費市場と消費をみつめた白書2022の三つの側面が見事に表現されています。

 制作物としては、ひとつに絞らざるを得ないのですが、他の2案を埋もれさせるのはあまりにもったいなく、西橋氏に許可をいただき三つの作品と、その意図をここでご紹介させていただきます。


A.コロナからの、KAITOU 




 「コロナからの、KAITOU」の「KAITOU」は、敢えてローマ字で表現しています。ここには、消費者と消費の状況を表す三つのキーワードが掛けられています。

 ひとつめは、コロナという事態から引き出された消費者の反応・対応という意味での「回答」(Response)です。人々がコロナに際してどのような気持ちを抱き、どのような行動をとってきたのか、これからどう変わっていこうとしているのかを捉えようとしています。

 ふたつ目は、昨年から続いてきたコロナの下で、凍り付いてしまった大多数の消費者のマインドの「解凍」(Unfreeze)です 。

 10月下旬、新規陽性数は減少傾向が続き、ワクチン接種も進展するなど、コロナ感染収束への展望も開けつつあります。しかし、現時点では一部の層を除き、大多数の消費者のマインドは凍結したままです。

 それでも、消費者マインドは来年以降、徐々に改善されていき、消費回復の層も領域もともに緩やかながら、段階的に広がっていくと期待されます。

 消費を取り巻く状況が徐々に「暖まって」いき、凍結していた消費者のマインドも少しずつ解けていくという意味での「解凍」というコトバです。

 三つ目は、今後の消費の先行きをどうみるべきか、そしてこれから拓けるチャンスをどのようにつかんでいくべきかを示す、解決策としての「解答」(Solution)です。

 デザインは、積み上がるピラミッド構造の氷の結晶のうち、右下端のひとかけらがこぼれ落ちている、解凍がはじまるというイメージです。

 凍り付いた消費マインドを、「解凍」(Unfreeze)するマーケティングを進めていこう、と言うメッセージが込められています。


B.「ひとり本位」社会の到来




 「ひとり本位」社会の到来は、「消費社会白書2022」の中の価値観についてのメッセージの柱です。

 コロナの下で人づきあいが疎遠になって、「人と人とのつながりを大切にしたい」という気持ちがある一方で、長期的にはむしろ、「人付き合いはわずらわしい」「ひとりの方が気楽だ」といった意識が強まっています。また結婚や子育てを回避する意識も高まっていることがわかりました。

 こうした結果は、社会のシングル(Single)化、ソロ(Solo)化、「サル化」*1を示唆するといえそうです。

 ひとりでも生きていけると感じられるのは、ネットなどのITC技術の支えのおかげでもあり、バーチャルな連携が保たれていれば生きていくのに困らない、といった感覚が生まれていると思われます。

 一方で、対面で他者に共感を覚えるという、人間らしさに欠かせないモノが失われつつあるのではないか。人間どうしが共感する力がホモサピエンスのサバイバルする力になっていた、という説があります。大人に差しかかかると遠い祖先は一泊以上の長い旅に出て、旅先で別の集団に出会い、そこで世話になり一宿一飯の恩義を受ける、そうして世界を拡げていった。

 「サル」から「ヒト」へと進化を続けてきたはずが、デジタル技術を手に入れたことで「ヒト」は再び「サル」へと先祖返りしてしまった、とも言えます。

 表紙デザインは、一見すると3本の木のように見えますが、幹から広がっているのは幹から伸びる枝や葉ではなく、一枚の葉っぱだった、というものです。最初は大地も描いたのですが、根を張る大地さえも見えない空間に立っている一枚の葉の姿が「ひとり本位」社会を象徴しています。


C.コロナの地平を超えて




 今や、コロナはアマゾンやヒマラヤなどの奥地まで席巻しております。地理的な距離だけでなく、人々の間でのイデオロギーの対立やパラダイムの対立といった、さまざまな壁も乗り越えて、コロナは我々の生活を浸食していき、現在に至っています。

 地球全体を覆ったコロナ、ひいては地球環境問題、今の我々の立ち位置から見える地平の先がどうなっているのか、この先ずっと延々と続く大地が広がっているのか、それともどこかで断崖ができ大地が途切れてしまっているのか、我々の文明の先の姿は見えてはいない。

 それでも、先に拓ける地平を見極めていきたい、コロナ後の社会と消費の展望を開いていこう、というメッセージがこの第3案のタイトルと表紙デザインには込められています。


 「消費社会白書2022」の表紙は、A案としました。お伝えするメッセージが、皆様が抱えておられます課題の解決に資する「KAITOU」となりましたら幸いです。


11月11日に開催する「ネクスト戦略ワークショップ」では、「消費社会白書2022」のエッセンスをご紹介します。オンライン開催ですので、お気軽にご参加下さい。

    【注釈】
  • *1 山際寿一(2014)「『サル化』する人間社会」、集英社インターナショナルより


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

花王「アタックZERO」、前回に引き続き全項目で首位
花王「アタックZERO」、前回に引き続き全項目で首位

2020年の国内の衣料用洗剤市場は微減となり、特に粉末洗剤で落ち込みが大きい。今回の調査では、昨年の調査に続き、花王「アタックZERO」が全項目で首位を獲得。前回特徴的だった広告接触と店頭接触の高さに代わって、3ヶ月以内購入と再購入意向の高さが目立った。広告、店頭戦略からトライアル、継続使用に結び付けた好例といえるだろう。

低迷続く消費 好不調の格差も目立つ
低迷続く消費 好不調の格差も目立つ

消費は好不調の格差が目立つが、着実に改善している。新型コロナ新規感染者数は低水準で推移しており、イベントや飲食店等への行動制限緩和策が打ち出されることとなった。マインドの急回復の下で、お店の客足や街のにぎわいなども戻ってくれば、消費回復の動きも具体化していくと期待される。ただし、コロナに関連する政治的リスクは、今後の消費の行方を左右する第一の要因として、引き続き要注意だ。

首都圏など関東甲信で伸び続ける持家の住宅着工
首都圏など関東甲信で伸び続ける持家の住宅着工

国土交通省公表の「建築着工統計調査」によると、新設住宅着工戸数の伸びは、2020年6月を底に上昇に転じ、2021年3月以降はプラスが続いている。さらに持ち家では直近の2ヶ月間、コロナ前の水準を上回っている。この傾向は首都圏をはじめとする関東甲信で顕著で、アクセスのよさからも持ち家の立地として魅力度が上がってきていると考えられる。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.