日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


消費者調査データ No.292
キャッシュレス決済(2019年4月版)
Suica、WAON、nanaco、上位に満足度で食い込むQRコード決済



本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2017年の国内キャッシュレス決済の市場規模は約80兆円と推計され、今後も高い伸びが予想されている。

 今回は、スマホ決済や電子マネーなどを中心に当社が任意に選んだ32のキャッシュレス決済について、「知っている(認知率)」「3ヶ月以内に広告やキャンペーンを見た(広告接触)」「普段使う店や交通機関で使える(近隣利用可能)」「使ったことがある(利用経験)」「3ヶ月以内に使った(3ヶ月以内利用)」「今後(も)使いたい(購入意向)」「利用経験者ベースの今後の利用意向(再利用意向)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査では、多くの項目で交通系の「Suica(JR東日本)」、流通系の「WAON(イオン)」「nanaco(セブン&アイ)」が上位を争い、それを「楽天Edy(楽天)」、「Amazonギフトカード(Amazon)」が追う展開となった。

 「Suica」は、最大市場である首都圏で、交通系電子マネーとの相互利用が可能なこと、鉄道系やコンビニなどで使えることなどもあって、7項目中5項目で首位となった。特に関東圏での強さは圧倒的で、

        全体   関東圏  (%)
  • 利用経験  34.6   58.6
  • 今後の意向 28.8   50.3
と高い。

 一方、「WAON」「nanaco」は、北海道、東北、中国、九州などで利用経験や今後の意向が高い(地方別の詳細データは有料会員向けダウンロードサービスをご利用ください)。

 2018年以降注目の高まっているQRコード決済についてみると、3ヶ月内に広告やキャンペーンをみた(広告接触)で、「PayPay」が34.3%と2位の「楽天Edy」に14ポイントの大差をつけて首位を獲得した。2018年12月の「100億円あげちゃうキャンペーン」が奏功していると考えられる。そのため認知も58.2%の6位とQRコード決済のなかではもっとも高いが、近隣利用可能が10.8%、利用経験は7.8%にとどまっており、知名度の割には浸透度は低い。しかし再利用意向は、上位交通系の80%台には及ばないものの73.6%と高いことから、今後利用可能なチャネルの増加とその周知が浸透することで、一層の伸びが期待できるのではないか。

 キャッシュレス決済は、政府が現在20%程度のキャッシュレス比率を倍の40%に上昇させることを目指していることもあり、急激な拡大が期待されている。昨年来、QRコード決済を中心に、新たなキャッシュレス決済が続々登場してきているが、成長市場の覇者となるのはどれなのか。市場のゆくえが注目される。


本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示32ブランド】
  • 楽天Edy
  • Kitaca
  • Suica
  • PASMO
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • PiTaPa
  • SUGOCA
  • WAON
  • nanaco
  • ウェブマネー
  • BitCash(ビットキャッシュ)
  • iTunesカード
  • Google Play カード
  • Amazonギフトカード
  • デビットカード
  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • LINEペイ
  • Origami Pay
  • d 払い
  • au Pay
  • メルペイ
  • Pring(プリン)
  • pixiv PAY(ピクシブペイ)
  • Apple Pay(アップルペイ)
  • Google Pay(グーグルペイ)
  • Alipay(アリペイ)
  • Amazon Pay
  • ドコモiD
  • au WALLET


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年3月29日(金)~4月2日(火)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,022サンプル
サンプル構成(%)






参照コンテンツ


おすすめ新着記事

新製品投入やフルーツティーなどで伸びる紅茶飲料、コロナ禍でも好調
新製品投入やフルーツティーなどで伸びる紅茶飲料、コロナ禍でも好調

2010年をピークに2015年までダウントレンドにあった2紅茶飲料の生産量は、2016年に反転。2019年は119万8,600Kℓで、4年連続の拡大、過去最高を記録した。今年4、5月は新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で、ペットボトル飲料は全体として低迷したが、紅茶飲料の市場は、トレンドのフルーツティーの新製品やリニューアルで活気をみせている。

伸びる地域ブランド農産物 拡がる購入チャネル
伸びる地域ブランド農産物 拡がる購入チャネル

直売所だけでなく、ネットでの取り扱いの増加などで、地域ブランドの農産物を目にする機会が増えてきている。実際に今回の調査でも、全体の半数を超える人が、最近1年以内に地域ブランド農産物を購入したことがあると答えた。今後の購入意向も高く、多少高くても買いたいと考える人も多い。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ネットチャネルでの購入も増加。加えて消費者の食・健康意識の高まりを背景に、今後も成長余地は大きいとみられる。

消費者調査データ ミネラルウォーター類<br>20年ぶり前年割れも上位ブランド盤石
消費者調査データ ミネラルウォーター類
20年ぶり前年割れも上位ブランド盤石

2019年のミネラルウォーター類の生産量は、20年ぶりの前年割れとなった。今年3月には新型コロナの感染拡大で備蓄需要が伸びたものの、4月は外出自粛などの影響で売上が減少、厳しい状況が続いている。潜在的な成長力は高いこの市場をけん引するのは、2大ブランド「サントリー天然水」「い・ろ・は・す」だ。






コロナ経営危機を乗り越える!中堅ビジネス向け無料オンライン相談
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.