日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
株式会社ドトール・日レスホールディングス(2018年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2018年2月期決算の総括

ドトール・日レスホールディングスの2018年2月期の連結決算は、売上高1,312億円(前期比3.4%増)、営業利益103億円(同1.7%減)と増収減益であった。セグメント別にみると、日本レストランシステムグループでは「星乃珈琲店」の店舗網拡大や、他ブランド展開の強みを活かした「星野珈琲店」と「洋麺屋五右衛門」の同地区同時出店など、グループ内での相乗効果の創出を図ったものの、外食産業全体の不振や人件費の高騰などから売上高425.9億円(前年比2.3%増)、セグメント利益47.5億円(同11.9%減)と増収減益となった。ドトールコーヒーグループでは、今季のテーマ「MADE IN JAPAN~厳選された国産素材の提供~」を軸に、季節に合わせた魅力ある商品づくりに注力した。またドトールバリューカードを中心とした販売促進をドトールコーヒーショップに加えてエクセルシオールカフェにおいても展開したことで、顧客の店舗利用頻度が上昇した。新業態の「梟書茶房」「ドトール珈琲農園」など、新たな成長への投資も積極的に行い、売上高817.5億円(前年比4.3%増)、セグメント利益47.6億円(6.9%増)と増収増益となった。今後は、ホールディングス全体のリ・ブランディングや新商品の開発を含めた商品力のアップ、新規出店、新業態開発のほか、フランチャイズ・ビジネスなどグループノウハウの共有化によるシナジー創出により高収益の体質を目指すとともに、高成長が期待できるアジアを中心とした海外事業の展開を推し進める。

【最新版 2019.01.31 更新】
ドトール・日レス
企業活動分析
更新状況
14年 15年 16年 17年 18年
- -
戦略200+・企業活動分析「ドトール・日レスホールディングス」
戦略200+・企業活動分析


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

消費者調査データ  ヨーグルト<br>ブームに一服感、具体的な健康訴求で再成長なるか
消費者調査データ  ヨーグルト
ブームに一服感、具体的な健康訴求で再成長なるか

過去10年拡大を続けてきたヨーグルト市場だが、18年は微減となった。今回の調査では、「明治ブルガリアヨーグルト」が全項目で首位を獲得。健康効果などの報道が一段落したことでブームには一服感がみられるが、各社はより細分化した個別需要にこたえる商品開発でテコ入れを図っている。再び成長軌道にのることができるか。

消費者調査データ  ノンアルコール飲料<br>「オールフリー」「ドライゼロ」火花散らす
消費者調査データ  ノンアルコール飲料
「オールフリー」「ドライゼロ」火花散らす

2018年までに4年連続で伸長しているノンアルコール飲料市場。今回もサントリー「オールフリー」が再購入意向を除く6項目で首位を獲得、僅差で「アサヒ ドライゼロ」が追う展開となった。昨年の消費税増税で税率が8%に据え置かれたことで、割安感も高まっているノンアルコール飲料。今後のさらなる成長に期待したい。

JMRからの提案  市場転換期の戦略対応<br>ミレニアルマーケティング事例
JMRからの提案  市場転換期の戦略対応
ミレニアルマーケティング事例

市場転換期の戦略では、セグメンテーションが重要となる。ここでは、商品・ブランドをセグメントし直すことで成長を手にした五つの成功事例をとりあげる。まずひとつ目が、ダイハツの軽自動車「タント」だ。






成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.