日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2019年01月31日



戦略200+・企業活動分析
株式会社ドトール・日レスホールディングス
18年2月期は減益、外食産業の不振が影響



本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2018年2月期決算の総括

ドトール・日レスホールディングスの2018年2月期の連結決算は、売上高1,312億円(前期比3.4%増)、営業利益103億円(同1.7%減)と増収減益であった。セグメント別にみると、日本レストランシステムグループでは「星乃珈琲店」の店舗網拡大や、他ブランド展開の強みを活かした「星野珈琲店」と「洋麺屋五右衛門」の同地区同時出店など、グループ内での相乗効果の創出を図ったものの、外食産業全体の不振や人件費の高騰などから売上高425.9億円(前年比2.3%増)、セグメント利益47.5億円(同11.9%減)と増収減益となった。ドトールコーヒーグループでは、今季のテーマ「MADE IN JAPAN~厳選された国産素材の提供~」を軸に、季節に合わせた魅力ある商品づくりに注力した。またドトールバリューカードを中心とした販売促進をドトールコーヒーショップに加えてエクセルシオールカフェにおいても展開したことで、顧客の店舗利用頻度が上昇した。新業態の「梟書茶房」「ドトール珈琲農園」など、新たな成長への投資も積極的に行い、売上高817.5億円(前年比4.3%増)、セグメント利益47.6億円(6.9%増)と増収増益となった。今後は、ホールディングス全体のリ・ブランディングや新商品の開発を含めた商品力のアップ、新規出店、新業態開発のほか、フランチャイズ・ビジネスなどグループノウハウの共有化によるシナジー創出により高収益の体質を目指すとともに、高成長が期待できるアジアを中心とした海外事業の展開を推し進める。


最新版ダウンロード(PDF)


バックナンバー
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ

企業活動分析 サンプルのご案内

当コンテンツの全体像をより具体的にイメージしていただけるように、掲載中の239社の中から1社を抜粋してサンプルとしてご用意いたしました。下記よりご利用下さい。


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

成長市場を探せ 納豆(2020年版)
成長市場を探せ 納豆(2020年版)

「健康に良い」「免疫力を高める」などのイメージを持つ納豆が売れている。市場規模は2018年までに7年連続のプラスと成長を続けている。最近では納豆菌の研究が進み、免疫機能を高めるとされる菌株を使った商品も好調だ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内感染が報じられてからは、予防に効果があるというフェイクニュースが流れたことも記憶に新しい。健康意識の高まりを背景に、今後も持続的な成長が期待できそうだ。

成長市場を探せ 家庭用冷凍食品(2020年版)
成長市場を探せ 家庭用冷凍食品(2020年版)

2018年の冷凍食品(家庭用)の国内生産量は前年比3.7%増と、4年連続で伸長。輸入品を含む国民一人当たりの消費量も直近10年間で24%増加した。背景にあるのは、技術革新による高品質化と、ライフスタイルの変化に伴う食の簡便化・省力化ニーズの高まりだ。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>新型コロナウイルスのインパクト! コロナは購買行動にどのような影響を与えた!?
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
新型コロナウイルスのインパクト! コロナは購買行動にどのような影響を与えた!?

2020年1月16日に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内での罹患者確認から2ヶ月が経った。感染症対策商品が売れ、マスクや消毒用アルコールなどの品薄は未だ改善の見通しが立っていない。今回は、新型コロナウイルスの発生が生活者の購買行動にどのような影響を及ぼしているのか調査した。衛生意識の高まりや、テレワークの浸透などで生活様式が変わっていく中、新型コロナウイルスは今後の消費者の購買行動にも変化をもたらしそうだ。






会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.