日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2015.06)
なぜ今"昭和型"コーヒーチェーンが増えているのか
本コンテンツは、「ITmedia」(アイティメディア株式会社)に2015年6月3日に掲載された記事のオリジナル原稿です。
戦略研究チーム



本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

1.異業種との競争が激化するコーヒーチェーン市場

 一杯のコーヒーを巡る競争が激化している。「コンビニコーヒー」と「家庭向けコーヒー」の台頭で、近年喫茶店市場を取り巻く環境は、より厳しさを増しているのである。コンビニコーヒーは、市場規模は2014年が1,756億円と、前年比で152.8%の急成長を遂げている。中でも、セブンイレブン-ジャパンは14年12月に「セブンカフェ」の年間販売目標を、従来の6億杯から7億杯へと上方修正しており、同社の業績を牽引するヒット商品となっている。一方、家庭向けコーヒーでは、ネスレのコーヒーマシン「ネスカフェゴールドブレンドバリスタ」が、2014年5月に国内累計販売台数200万台を突破したと発表した。

 このように異業種から攻め込まれ、長期縮小トレンドが続いてきた喫茶店市場だが、ここ数年は幅広い食事メニューやゆったりとくつろげる空間の提供などが人気となって、再び回復に向かい始めている

 "勝者なきセルフ式コーヒーチェーン店の競争"でも取り上げたが、喫茶店市場は1982年の1兆7,396億円をピークに年々減少を続け、2011年では1兆182億円とピーク時から4割以上も減少してきたが、2013年には1兆602億円と上昇に転じているのである。

 その牽引役が、フルサービス型喫茶店である。1990年代以降、急速に増えたセルフサービス式のカフェとは対照的に、珈琲そのものの味を楽しむよりも、思い思いにくつろげる昭和の喫茶店に近い雰囲気が魅力となっている。短時間で多くの客を取り込み、利益を追求してきた外食産業が見落としていた商機を掘り当てた。「フルサービス型喫茶店」がシニア社会の主流の外食店になるとにらみ、大手の参入も相次いでいる。

コメダ珈琲店と星乃珈琲店の戦略比較。勝ち残りに向けた次の一手とは? 
【続きを読む】(有料会員向け)


参照コンテンツ


業界の業績と戦略を比較分析する


おすすめ新着記事

MNEXT 眼のつけどころ<br>次の時代のマーケティング戦略を考える<br>「嫌韓」層の正体-プロマーケターが読み解く
MNEXT 眼のつけどころ
次の時代のマーケティング戦略を考える
「嫌韓」層の正体-プロマーケターが読み解く

日韓関係が悪化する中、19年5月8日付で毎日新聞に掲載された「なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか」という記事がネット上で話題になった。さらに産経新聞も6月3日付で世代を切り口にした記事を掲載。しかしこれらの主張からは、年代と世代を意図的あるいは無意識的に混同して主張の確からしさを示そうとしているようにも感じられた。この「嫌韓=高齢者」というテーマについて、プロマーケターの視点から統計的真実性を追求してみたい。

成長市場を探せ 冷菓(2019年版)
成長市場を探せ 冷菓(2019年版)

17年の冷菓市場は過去最高を記録するなど、好調を維持し続けている。牽引しているのは中価格帯のアイスだ。「エッセル スーパーカップ」などのスイーツ系や、「sunao」など糖質オフを付加価値にした商品が伸びているとみられる。値上げや増税など逆風要素もある中、各社の今後の動向から目が離せない。

MNEXT 眼のつけどころ<br>次の時代のマーケティング戦略を考える<br>(3)営業の再起動とマーケティングによる市場創造の可能性
MNEXT 眼のつけどころ
次の時代のマーケティング戦略を考える
(3)営業の再起動とマーケティングによる市場創造の可能性

営業問題は日本独特のものだ。流通構造の変化によって日本の営業は岐路に立たされている。今こそ「営業の再起動」の時だ。さらに、マーケティング機能の有効性についても考えてみたい。売上を決定する要因を整理してみると、マーケティングそのうち30%程度の寄与度である。さらに機能別に分解してみると、セグメントとターゲティングがいかに重要であるかが見えてくる。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.