日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2015.03)
ブルーボトルに対抗するスターバックスの新たな挑戦

スターバックスの復活と新たな時代への挑戦
マルチフォーマットは成功するか
戦略研究チーム



本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
ご登録はこちらをご覧ください。

 スターバックスは、コーヒー豆販売の専門店として、1971年シアトルにオープンした。

 当初、飲食サービスは提供していなかったが、1982年に現在のCEOであるハワード・シュルツが、小売・マーケティング担当役員として入社して以降、カフェ業態に転換した。

 飲食サービスに反対していた創業陣に反発し、シュルツは一度独立し、イル・ジョルナーレというイタリアン・エスプレッソ・バーを開業した。その後、イル・ジョルナーレがスターバックスを買収することで、カフェとして新生スターバックスが誕生した。

 全世界に21,366店舗(2014年度末)を展開する外食の巨人となった同社を分析した。


1.第三の生活空間「サードプレイス」提供による急成長(1987年~2004年)

 90年代半ばまでのアメリカには、自宅以外で、友人との歓談や、読書をするような場所が少なかった。コーヒーショップはあったが、安物のコーヒーを飲む場所で、あまり文化的な場所ではなかった。自宅でも職場でもなく、歓談やリラックスができるような生活空間を、スターバックスは「サードプレイス」と呼び、スターバックスが顧客にとっての「サードプレイス」になることを目指してきた。スターバックスは、高品質なコーヒーと「サードプレイス」を提供することで成長してきた。

 差別的な「サードプレイス」を提供するために、スターバックスは四つの点に注力した。

 一点目は、いうまでもなくコーヒーへのこだわりだ。

 それまで安い飲み物というイメージだったコーヒーを、豆の種類や原産地、煎り方までこだわった。

 二点目は、店の内装へのこだわりだ。

 土地や一戸建ての店舗を自己所有していなかった初期のスターバックスは、一軒ずつ店舗デザイン設計を考え直していた。それでいてどの店もスターバックスだと分かるよう、ごく初期の段階から専属のデザイナーと建築家のチームを持ち、カップ、ナプキン、壁など、あらゆるデザインを統一した。

 三点目が、バリスタの育成だ。

 ハワード・シュルツは、入社初期にミラノで知ったエスプレッソ・バーに衝撃を受けた。コーヒーがおいしく、バーが人々の生活に溶け込み、知識豊富なバリスタが顧客から敬意を持たれていたからだ。

 彼はこの経験から、店舗での顧客満足のためには、バリスタと顧客の良好な関係が重要であると考えた。そこで、バリスタの多くを占めるパートタイマーに対しても健康保険制度を設け、充実した研修を受けさせるなど、店舗従業員を大切にする方針を、ごく初期から堅持した。

 これにより、スターバックスのバリスタは、十把一絡げに語られるような飲食店のパートタイム従業員とは異なり、質が高いという評判を得た。

 四点目が、直営にこだわったことだ。

 店舗イメージやコーヒー品質を高水準に保つため、基本的にFCは受け付けず、直営店舗として運営した。直営で店舗を開けない場所については、有名ホテルや百貨店など、スターバックスのブランドを損なわない場所でのみ許可した。その場合も、スターバックスのバリスタと同じ研修を受けてもらい、厳しい品質保持契約を結んだ。

 上記により、スターバックスは、それまでのアメリカになかった、特別な雰囲気の中で高品質なコーヒーが飲める「サードプレイス」として、店舗数と売上を急拡大していった。92年の上場からシュルツ退任の2000年まで、スターバックスの年平均成長率は実に49%に達した。


>> その後の低迷と復活、そしてブルーボトルなどの「サードウェーブ」に対抗する
スターバックスの新時代の挑戦とは? 【続きを読む】(有料会員向け)


参照コンテンツ


業界の業績と戦略を比較分析する


おすすめ新着記事

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>ウィズ・コロナ時代の新たな食生活 増える女性の調理負担
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
ウィズ・コロナ時代の新たな食生活 増える女性の調理負担

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛で、大企業を中心に導入が進んだ在宅勤務。この新たな生活様式が、家庭での食生活にどのような変化をもたらしたのか。今回の調査で明らかになったのは、在宅時間の増加により女性の調理負担が増加したことだ。またそれを軽減するために、外食のテイクアウトや宅配サービスの利用も増えている。

消費者調査データ 冷菓<br>強い「ハーゲンダッツ」、2位以下は接戦つづく
消費者調査データ 冷菓
強い「ハーゲンダッツ」、2位以下は接戦つづく

2018年度の冷菓市場規模は、前年比101.4%の5,186億円と2011年から7年連続で拡大した。今回の調査でも「ハーゲンダッツ」の強さは際立つが、ここ最近はスイーツ系アイスの伸長が目立つ。足元の巣ごもり消費下でも、身近で手軽なスイーツ代替として人気という。冷菓はこれからが需要の最盛期だが、見通しの悪い状況下で、成長の可能性の模索が続く。

企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ ウイスキー(2020年版)
企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ ウイスキー(2020年版)

酒類全体のダウントレンドのなかで、ウイスキーの快進撃が続いている。2018年度のウイスキーの課税数量は182,743kl、前年度比9.4%増で、11年連続で拡大している。そのきっかけとなったのは、サントリーがスタートさせた「ハイボール復活プロジェクト」。ハイボールという飲み方提案を通じて、若者向けのアルコールとしての地位を確立したことが大きい。






会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.