日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
株式会社ポーラ・オルビス ホールディングス(2018年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2017年12月期決算の総括
2017年度からスタートした4ヶ年中期経営計画の初年度となる2107年12月期の連結決算は、売上高2,443億円(前年同期比11.8%増)、営業利益389億円(同44.9%増)と、増収増益となった。国内化粧品市場は、前年下期以降、陰りが見られていた訪日観光客のインバウンド消費が再び増加傾向に転じたことにより堅調に推移しているが、インバウンドを除く市場規模は前年並みと推測されている。海外市場においても、中国、アジアでは堅調に成長し、緩やかな拡大傾向が続いている。このような市場環境下、国内のさらなる収益性向上と海外事業の黒字化、次世代の成長ブランドの創出に努めた結果、ビューティーケア事業においては、基幹ブランドである「POLA」はリンクルショットが牽引役となり大幅増収・増益となった一方、「ORBIS」は既存顧客の離脱トレンドが続き減収・減益、海外ブランドは「Jurlique」「H2O PLUS」ともに減収となったが計画通り損失を改善、育成ブランドは「THREE」「DECENCIA」が引き続き好調を維持し、事業全体では増収増益となった。不動産事業においては、昨年に譲渡したポーラ恵比寿ビルの影響により減収減益となった。2018年度以降は、(1)ポーラの継続的成長 (2)オルビスの再成長シナリオ構築、Jurlique・H2O PLUS黒字化を優先課題として、持続的成長を目指す。

【最新版 2018.09.06 更新】
ポーラ・オルビス ホールディングス
企業活動分析
更新状況
14年 15年 16年 17年 18年
- -
戦略200+・企業活動分析「ポーラ・オルビス ホールディングス」
戦略200+・企業活動分析


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する







マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.