日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2018年05月22日

急成長を続ける化粧品ブランド「THREE」
差別化と脱しがらみで日本発の世界ブランドへ
ビジネス・ディベロップメント・マネジャー 舩木龍三



 ポーラオルビスグループの育成ブランド「THREE」が快進撃を続けている。

 「NATURAL」「HONEST」「CREATIVE」をコンセプトに、ライフスタイルブランドとして2009年に導入された「THREE」は、9年間で売上を80億円にまで伸ばし、2016年には黒字化を達成している。とくに2014年以降、急成長している。当時はオーガニックコスメがブームになっていたが、その波には乗らず、かといって機能競争がすすんでいる大手メーカーとも一線を画した展開をしてきている。今や多くの製品が、毎年ベストコスメを獲得するほどの人気ブランドに育った。


図表.「THREE」成長の軌跡(一部推定を含む)
図表

同じ土俵に立たないブランディング

 ブームや機能競争にも乗らず、なぜ「THREE」は成功することができたのだろうか。その成功要因は、三つある。

 ひとつ目は、競合メーカーに対して、同じ土俵に立たないブランディングが挙げられる。大手企業はマスを狙い、多くの顧客に受け入れられるようなブランディングをするが、「THREE」はそうではない。ニッチでもトンガリのあるブランディングで、特定顧客にフィットするブランディングをしているのである。「THREE」を運営する株式会社アクロの石橋寧社長はこう語る。

「当社のブランドは100%自然由来ではなく、それを最良とも考えていない。天然由来率は99%が最高値で、自然の力と科学の力、互いの良い点を最大限に活かし、化粧品としての機能を十分に発揮することが重要と考えている。都会的で洗練されたスタイリッシュさが失われぬよう、内容物だけでなく、外箱や容器などの細部にも強いこだわりを持ち、ブランディングを行ってきた」(週刊粧業 2014年6月2日)


メインチャネル(百貨店)のしがらみに捉われないチャネル展開

 導入当初は、ほかのブランドと同様に百貨店に限定したチャネル展開を図っていたが、転機を迎えたのは2012年である。この年、来店客自身が複数のブランドから自由に商品を選び、購入できるセミセルフ業態・コスメセレクトショップである「イセタンミラー」1号店が新宿ルミネにオープンした。2013年には同業態の「フルーツギャザリング」がオープンし、セミセルフ業態の出店ラッシュが続いた。

 この流れに乗り、2012年以降セミセルフ業態への出店を強化した。これがふたつ目の要因だ。

 2017年末の国内取扱い店舗数は、百貨店38店、セミセルフ59店、直営店9店となっており、百貨店拡大と同時にセミセルフ業態へのチャネル拡大が成長に大きく貢献している。

 いまでこそ、外資系ブランドを含め、セミセルフ業態や直営店を出店しているものの、それまで百貨店をメインチャネルとするブランドは、「しがらみ」もあり出店できなかった。しかし「THREE」はいちはやく、マルチチャネルを展開していたのである。


フラッグシップショップによる情報発信と送客効果

 チャネル展開に拍車をかけるきっかけになったのは、直営で展開するコンセプトショップの出店である。そのフラッグシップとなったのが化粧品だけでなく、カフェやスパを併設した「THREE AOYAMA」である。

「『自然体で生きることこそ美しい』というTHREEのフィロソフィーを、体感を通してお届けするフラッグシップショップです。一日のはじまりから心・からだ・肌のバランスをニュートラルに整えることができる三つの空間 -SHOP DINING SPA - の中で、知性と生命力、そして一人一人の自分らしさを、新しい気づきとともに呼び覚まします。」(同社ホームページ)

というように、シンプルで洒落た2階建て店舗である。

 また、"日本のハーブで作る、マイブレンド薬草茶"といったメーキャップやスキンケアだけでなく幅広いテーマでワークショップが、月5~6回開催されている。

 結果、生活感度の高い生活者を集め、メディアでも取り上げられ、セミセルフ業態への出店拡大につながると同時に既存店への送客効果も生んでいる。


日本発の世界ブランドへ

 「世界で通じる日本発ブランドを」が石橋社長の夢である。日本発を謳うためには、まず日本人に評価されなければならないと国内展開に集中してきたが、2015年以降は海外展開も加速させている。

 海外店舗は現在では、タイ、台湾、インドネシア、マレーシア、 香港、韓国、シンガポールの7ヶ国に進出し、店舗数は36店になった。今後は、欧米へも展開していくだろう。

 以上のような「THREE」の戦略から、中堅企業が勝つための競合メーカーと「同じ土俵に乗らない」ブランディング、「しがらみに捉われない」という原則が学べるはずだ。


好評につき、本コンテンツの続編を執筆いたしました。
THREEの成功の要因である、巧みなターゲティングについて詳しく解説しています。
快進撃続くTHREE―「ブルーオーシャンターゲティング」で第3の価値創造


特集:中堅企業の成長戦略


参照コンテンツ


業界の業績と戦略を比較分析する


おすすめ新着記事

強い「チョコレート効果」、リピート意向高い機能訴求商品
強い「チョコレート効果」、リピート意向高い機能訴求商品

2020年はコロナ禍の巣ごもり消費でチョコレートの需要が伸びた。今回の調査では、前回同様に「チョコレート効果」(明治)が複数項目で首位を獲得、強さを見せつけた。チョコレートの一大需要期であるバレンタイン商戦も、今年はステイホームやECへのシフトなどで大きく様変わりする可能性が高い。生活環境が大きく変化する中での競争の行方が注目される。

消費動向速報 平均消費性向上昇と消費復活の予兆
消費動向速報 平均消費性向上昇と消費復活の予兆

平均消費性向は、低下トレンドから上昇トレンドへ転換している。家計黒字の金額の前年同月差は、一貫してプラスを保ってきたが、足許でマイナスに転じている。家計黒字幅の減少の影響は、主に、預貯金の取り崩しという形で顕在化している。平均消費性向上昇への転換と預貯金取り崩しの動きからは、支出意欲の復活の兆しが垣間見える。

盤石「カップヌードル」、「きつね」と「どん兵衛」和風麺は激戦区
盤石「カップヌードル」、「きつね」と「どん兵衛」和風麺は激戦区

2019年度のカップめんの生産量は、ほぼ横ばいの39億7,021万食となった。今回の調査でも前回同様、「カップヌードル」が盤石の強さを見せつけた。2位以下では「赤いきつね/緑のたぬき」と「どん兵衛」が僅差でしのぎを削っている。コロナ禍の巣ごもり消費でカップめんの需要は伸びているが、拡大した市場で今後どのようなヒット商品が生まれるかに注目だ。

会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.