日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


12月2日発刊 好評発売中!



本体価格を訂正いたしました。
(訂正前)税込10,000円 → (訂正後)税込11,000円)
なお、プレミアム会員サービスセットの価格には変更ございません。


発行:2019年12月
A4版カラー
定価:11,000円(税込)

 「消費社会白書」の最新刊を今年も発刊いたします!発刊以来17年間の知見とデータから「今」を鋭く分析し、「半歩先」を提案。中長期だけでなく、短期のマーケティング戦略を構築するための基本データが満載!

 2020年は、東京オリンピックの開催や消費増税後の不確実性の増す経済環境下など、人々の経済条件や価値観が大きく変化します。今年の白書では「中流家庭から『豊潤生活』への転換」をテーマに、消費者のライフスタイルの転換にフォーカスしました。

 本書が皆様のお役に立てれば幸いです。





消費社会白書2020 構成

見えてきた21世紀の消費
-中流家庭から「豊潤生活」への転換

第1章 生活保守、日常充実、自己実現へと収斂する価値観
  1. (1)価値観の大勢-「理想」「家族」「日々の充実」
  2. (2)2019年の価値観、「自己実現」「生活保守」「日常充実」「他者依存」「現在享楽」
  3. (3)拡がる階層格差

第2章 階層化し、サービス化する消費―持ち家、クルマ、便利家電の次
  1. (1)底堅さを保つ消費
  2. (2)支出意欲を刺激する消費欲望
  3. (3)選択サービスで決まる階層ライフスタイル

第3章 生活に浸透するスポーツ―新たな贅沢消費
  1. (1)半数に迫るスポーツ実施率
  2. (2)学生と管理職・経営者がする競技スポーツ
  3. (3)効用の多い競技スポーツ
  4. (4)スポーツ消費の階層化
  5. 【コラム】人気に火がついたラグビーワールドカップ

第4章 食生活をめぐる現実と家族の理想の食生活
  1. (1)家庭内での「めいめい食」
  2. (2)調理のアウトソーシング
  3. (3)現実と乖離する食・調理意識
  4. (4)家庭の味から国民食へ

第5章 食選択と購入を巡る業態チャネルの棲み分け
  1. (1)地域間の同質化がすすむチャネル利用環境
  2. (2)選択チャネルの集中
  3. (3)個人属性に左右されるチャネル選択
  4. (4)進む食品チャネルのせめぎ合い
  5. (5)伸びるチャネルで異なる牽引層
  6. (6)世代交代が促すチャネル選択の長期変動

第6章 ブランドに求められる「品質」と「信頼」
―ファッションのブランド離れと生活浸透
  1. (1)選択基準はモノの「品質」から、サービスの「信頼」へ
  2. (2)ファッションブランドの日用品化
  3. (3)進むブランド離れ

第7章 商品・サービスへの潜在欲望と顧客説得の相乗効果
  1. (1)商品カテゴリーによって異なる欲求形成
  2. (2)購入の意志決定を分ける消費欲望
  3. (3)情報接触による購買意欲の形成
  4. (4)購買経路分析-ピンボールモデル


価格・プレミアム会員年会費セット割引

「J-marketing プレミアム会員サービス」とのセット割引もご用意しています。


●「消費社会白書2020」+プレミアム会員(個人)年会費セット
  「消費社会白書2020 (11,000円)」
    +J-marketing.netプレミアム会員(個人)年会費(10,000円)
  合計 21,000円 → 合計 15,000円(セット割引 6,000円OFF)でご提供

※セット割引は個人でお申込みの方に限らせていただきます。
※プレミアム会員登録手続き完了まで1~2営業日程度頂戴する場合がございます。
※既に個人プレミアム会員に登録済みの方も、一律上記セット価格にてご継続手続きを承ります。
※プレミアム会員サービスについてはこちらをご覧ください。

ご購入

※書籍はお申し込み後1~2営業日程度で発送いたします。
※PDF版の販売開始時期は未定となっております。



おすすめ新着記事

団塊3代の消費物語<br>―中流家庭の成長と成熟、そして、豊潤生活へ
団塊3代の消費物語
―中流家庭の成長と成熟、そして、豊潤生活へ

どんなスポーツイベントに行き、海外旅行でどんな体験をし、どんなコンサートに行ったのか―。自らの固有体験が自らを彩る財となり、ライフスタイルになっている。消費支出は「必需支出」から「選択支出」へ進み、現在成長しているのは「経験支出」である。この消費スタイルにどう行き着いたのか。戦後史の歴史的主役を演じてきた団塊世代の3代に焦点を当ててみる。

見えてきた21世紀の消費<br>―中流家庭から「豊潤生活」への転換
見えてきた21世紀の消費
―中流家庭から「豊潤生活」への転換

2020年は、東京オリンピック・パラリンピックが開催されるだけでなく、「豊潤生活」へ価値ライフスタイルが進化する転換年になりそうだ。昭和の「中流家庭」の第2章である。世界的なイベントと世界秩序の構造的な変化、加えて消費増税後の成熟した日本経済の不確実性の増大によって、人々の経済条件と価値観が変化した。物的財で差別化されたライフスタイルから、経験財で彩られる価値ライフスタイルへの転換である。

MNEXT 眼のつけどころ<br>消費行動のネット情報依存への転回と情報的マーケティング
MNEXT 眼のつけどころ
消費行動のネット情報依存への転回と情報的マーケティング

「消費社会白書2019」をまとめる上で、従来の消費行動の通説を塗り替えるべき多くの現実が明らかになった。ここでは、八つの通説の検証から見えてきた現実と、それにもとづく新しいマーケティングへの「転回」をコンパクトに提案する。「情報による市場化」、すなわち「情報的マーケティング」である。






成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.