日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
ブランド・エクイティ




1.ブランド・エクイティとは

 ブランド・エクイティとは、ブランドがもつ資産価値を指します。資産から負債を差し引いた正味資産と言うこともできます。
 この概念の背景には、ブランドはただの名前や記号ではなく無形の資産として価値があり、したがって会計上も無形資産として計上されるものだという考え方があります。


2.ブランド・エクイティとブランド・マネジメント

 ブランド・エクイティの代表的論者には、『ブランド・エクイティ戦略』の著者であるデーヴィッド・A・アーカーや、『戦略的ブランド・マネジメント』の著者のケビン・レーン・ケラーがいます。
 アーカーは、ブランド・エクイティの構成要素として、ブランドロイヤリティ、ブランド名認知、知覚されたブランド品質(品質イメージ)、ブランド連想(ブランドによる心理的・感情的な連想)、その他の資産(特許や商標や流通関係等)の五つを挙げています。たとえば、ブランド認知やブランド・ロイヤルティが高ければマーケティング・コストが抑えられます。他に比べて高い知覚品質を有していれば、競合他社より高い価格設定ができます。このように、高いブランド・エクイティは企業に多くの競争優位をもたらします。また品質イメージとブランド連想は顧客の安心感につながり、使用満足を高めることになり、企業だけでなく顧客にも価値を提供することになります。
 また、P.コトラーは、ブランド・エクイティの根底にある基本的資産は顧客エクイティであると論じています。したがって、ブランド・マネジメントによってロイヤル・カスタマーの生涯価値(顧客との長期的取引からもたらされる利益)を伸ばすことがマーケティング計画の要となります。


3.ブランド価値ランキング

 ビジネスウィーク誌とブランドコンサルティング会社のインターブランド社が発表した2007年(2006年7月~2007年6月)世界ブランドランキングによると、トップはランキングがスタートして以来、7年連続でコカ・コーラ、次いでマイクロソフト、IBM、GE、ノキアとなっています。このランキングは、アナリスト予測や財務書類、独自の分析から、ほかの企業資産の評価と同様の方法で、各ブランドが将来稼ぎ出すであろう価値を基にブランドを評価したもので、日本企業では6位にトヨタ、19位にホンダ、25位にソニーが入っています。また、伸び率のトップはランキング20位のグーグルで前年比44%増とブランド価値を大きく伸ばしています。



おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>2018年、印象に残ったもの
消費者調査データ
2018年、印象に残ったもの

毎年恒例、2018年はどんな一年だったのか。地震や豪雨、台風などの自然災害、安室奈美恵の引退、大谷翔平や大坂なおみの活躍――。今年起こった出来事や人物、歌、商品などから、印象に残ったものを当社モニターに聞いた結果をランキング形式で発表!

消費者調査データ<br>スナック菓子<br>カルビーの王座揺るがず。PBは再購入意向で上位に
消費者調査データ
スナック菓子
カルビーの王座揺るがず。PBは再購入意向で上位に

成長基調にあるスナック菓子市場。今回の調査では、前回までと同様に「ポテトチップス」(カルビー)が全項目で首位を獲得。再購入意向を除く6項目で「かっぱえびせん」「じゃがりこ」が2位、3位を占め、カルビーが強さを見せつけた。一方再購入意向では「セブンプレミアム」や「ローソンセレクト」といったコンビニPBが上位に食い込んでおり、今後NBとPBの間での激しい競争が予想される。

消費者調査データ<br>シャンプー<br>人気のモイストダイアン、ボタニカルは新たな定番に定着できるか
消費者調査データ
シャンプー
人気のモイストダイアン、ボタニカルは新たな定番に定着できるか

2017年のシャンプー市場は横ばいまたは微増とみられている。今回の調査では、過去2回の調査と同様、「ラックス」「パンテーン」「メリット」の3ブランドが上位を占めた。一方で再購入意向では男性向けの「サクセス薬用シャンプー」、オーガニックやボタニカルをうたう「モイストダイアン」「ボタニカルシャンプー」など、はっきりと特徴を打ち出した商品が上位にランクインした。商品の入れ替わりが激しい市場で、これらが定番となれるかに注目したい。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.