日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
ブランド・エクイティ
ブランド・エクイティとは

 ブランド・エクイティとは、ブランドがもつ資産価値を指します。資産から負債を差し引いた正味資産と言うこともできます。

 この概念の背景には、ブランドはただの名前や記号ではなく無形の資産として価値があり、したがって会計上も無形資産として計上されるものだという考え方があります。


ブランド・エクイティとブランド・マネジメント

 ブランド・エクイティの代表的論者には、『ブランド・エクイティ戦略』の著者であるデーヴィッド・A・アーカーや、『戦略的ブランド・マネジメント』の著者のケビン・レーン・ケラーがいます。

 アーカーは、ブランド・エクイティの構成要素として、ブランドロイヤリティ、ブランド名認知、知覚されたブランド品質(品質イメージ)、ブランド連想(ブランドによる心理的・感情的な連想)、その他の資産(特許や商標や流通関係等)の五つを挙げています。たとえば、ブランド認知やブランド・ロイヤルティが高ければマーケティング・コストが抑えられます。他に比べて高い知覚品質を有していれば、競合他社より高い価格設定ができます。このように、高いブランド・エクイティは企業に多くの競争優位をもたらします。また品質イメージとブランド連想は顧客の安心感につながり、使用満足を高めることになり、企業だけでなく顧客にも価値を提供することになります。

 また、P.コトラーは、ブランド・エクイティの根底にある基本的資産は顧客エクイティであると論じています。したがって、ブランド・マネジメントによってロイヤル・カスタマーの生涯価値(顧客との長期的取引からもたらされる利益)を伸ばすことがマーケティング計画の要となります。


ブランド価値ランキング

 ビジネスウィーク誌とブランドコンサルティング会社のインターブランド社が発表した2007年(2006年7月~2007年6月)世界ブランドランキングによると、トップはランキングがスタートして以来、7年連続でコカ・コーラ、次いでマイクロソフト、IBM、GE、ノキアとなっています。このランキングは、アナリスト予測や財務書類、独自の分析から、ほかの企業資産の評価と同様の方法で、各ブランドが将来稼ぎ出すであろう価値を基にブランドを評価したもので、日本企業では6位にトヨタ、19位にホンダ、25位にソニーが入っています。また、伸び率のトップはランキング20位のグーグルで前年比44%増とブランド価値を大きく伸ばしています。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

「消滅可能性都市」から緑豊かな「国際アート・カルチャー都市」へ!池袋は今、魅力爆上がりタウンに大変身中!(前編)
「消滅可能性都市」から緑豊かな「国際アート・カルチャー都市」へ!池袋は今、魅力爆上がりタウンに大変身中!(前編)

何かとカオスでダークなイメージがつきまとう街、池袋。しかし2014年、豊島区が「消滅可能性都市」に選ばれたことをきっかけに、官民挙げての再開発プロジェクトが発足。今回は新たに「まち全体が舞台の誰もが主役になれる劇場都市」へと生まれ変わった池袋を訪ねました。

強い「チョコレート効果」、リピート意向高い機能訴求商品
強い「チョコレート効果」、リピート意向高い機能訴求商品

2020年はコロナ禍の巣ごもり消費でチョコレートの需要が伸びた。今回の調査では、前回同様に「チョコレート効果」(明治)が複数項目で首位を獲得、強さを見せつけた。チョコレートの一大需要期であるバレンタイン商戦も、今年はステイホームやECへのシフトなどで大きく様変わりする可能性が高い。生活環境が大きく変化する中での競争の行方が注目される。

盤石「カップヌードル」、「きつね」と「どん兵衛」和風麺は激戦区
盤石「カップヌードル」、「きつね」と「どん兵衛」和風麺は激戦区

2019年度のカップめんの生産量は、ほぼ横ばいの39億7,021万食となった。今回の調査でも前回同様、「カップヌードル」が盤石の強さを見せつけた。2位以下では「赤いきつね/緑のたぬき」と「どん兵衛」が僅差でしのぎを削っている。コロナ禍の巣ごもり消費でカップめんの需要は伸びているが、拡大した市場で今後どのようなヒット商品が生まれるかに注目だ。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.