半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2014年10月21日



ポケット版・会社早わかり
株式会社ジェーシービー(JCB)
14年3月期は増収減益。海外でのシェア拡大が課題

JCBの2014年3月期決算の総括と戦略計画

JCBの2014年3月期決算は、年間取扱高18兆9,348億円(前年度比 21.3%増)となり、大幅に取扱高が増加したものの、営業利益は▲7%、経常利益は▲8%の減益となった。会員数は8,447万人(同5.3%増)で、そのうち海外の会員数は1,735万人と、同18.4%増と大幅に増加した。加盟店数も同12.8%増となっており、会員数と加盟店数の好循環が続いている。この背景には、フィリピン、ラオス、インドネシア等東南アジアを筆頭に諸外国の大手銀行との加盟店業務提携を増やしたことがある。しかし、事業環境は依然として厳しい側面もある。また、カード発行と加盟店拡大をフランチャイズ化しているVISA、MasterCardなど他の国際ブランドと同様、JCBも海外事業においてはフランチャイズ化に転換したが、世界シェアは会員数、ショッピング取扱高ともに大きく水をあけられている。今後は、VISA、MasterCardのシェアに少しでも近づくためにも、強みでもある柔軟性(Flexibility)を持ったブランドの差別化をすることで、それぞれの国に適した独自の国際ブランドになるべきであろう。そして、加盟店手数料の引き下げを武器に、大きくシェアを伸ばした中国・韓国市場を皮切りに、他のアジア諸国でいかに会員数・加盟店数を伸ばせるかが今後の重要課題である。また、業界の再編・淘汰の多いマザーマーケットである国内においても、引き続き新たな提携カード、地銀との提携でより一層の地位確立も求められる。


戦略や業績をより深く分析するには「戦略200+・企業活動分析」をご利用下さい


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.