日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2019.02)
第12回 ネクスト戦略ワークショップ
「消費行動のネット情報依存への転回と情報的マーケティング」講演録
選択の多重化と購入意欲の経路分析
ディレクター 大澤博一
プロジェクト・チーフ 中山有希





本コンテンツは、2018年11月21日開催の「第12回ネクスト戦略ワークショップ」の講演内容を要約したものです。

 どのようにチャネル設計をして、どう商品を店頭で売っていくか。消費者の購買意欲をどう作っていくか。今、こういった経路を考えていくことが非常に重要です。消費社会白書2019の調査では、オンライン店舗と実店舗の使い分け、食品の購入チャネル、インターネットを使ったキャンペーンの効果などについても詳しく分析しました。


ドラッグストアの台頭

 まず、商品ごとの購入先について見てみます。食品購入のメジャーチャネルは、「食品スーパー」「コンビニエンスストア」「大型総合スーパー」です。そこに、四つ目のチャネルとして「ドラッグストア」が台頭してきています。

図表1.購入先選択 ―食品購入四つのメジャーチャネル



 ドラッグストアの1年内利用率は、38.8%でした。特に注目したいのは、居住地域別の利用率に差がある点です。利用率のトップは北関東で47.5%、東京都(23区内)は28.7%と最も低かったです。

図表2.ドラッグストアの食品売上シェア



 ではドラッグストアでは実際、なにが買われているのでしょうか。食品スーパーと比べてみると、野菜・果物はスーパーの割合が圧倒的です。一方で、菓子、飲料や酒類などでは、その差が2割を切っています。

 また、コンビニとの比較では、牛乳などの乳製品、調味料、卵などはドラッグストアで買われる方が多いです。お菓子や缶詰などは差がかなり小さいです。コンビニとドラッグストアは競争が激しいということが言えると思います。実際、地方で両店が並んで出店した場合、コンビニがドラッグストアに客を取られてしまうということもあるそうです。

図表3.ドラッグストアでの食品購入の優位性



 このように、都市部で重点にすべきチャネルと、地方で重点にすべきチャネルは違っているということがデータから分かると思います。そもそも、ドラッグストアとそれ以外のチャネルでは、儲けを出す構造が違います。例えば、スーパーの売場で一番お金がかかるのは生鮮食品です。人手も必要で、廃棄ロスもあります。そのため、あまり儲からない売り場でもあります。一方、缶詰やお菓子などは利益の高い商品です。陳列すれば、あまり手のかからない売場だからです。しかし、この利益を生み出している商品がドラッグストアに奪われつつあります。

 ドラッグストアの市場規模は7兆円といわれています。スーパーよりも販管費が低く、従業員も少なめです。人手がないので、商品を陳列して安く売るという戦略です。一方のスーパーは、人手が多いので、コストがかかりますが、旬や季節の提案、クロス陳列などもやってもらいやすいです。


次は「現代人の購買行動」
【続きを読む】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。

より詳細なファインディングは「消費社会白書2019」をご覧ください

書籍イメージ
消費社会白書2019
ネット情報依存化する行動と消費パラドックス

  • 発刊以来16年間の知見とデータから「今」を鋭く分析し、「半歩先」を提案
  • オリジナルの時系列調査から現在の消費者の実像に迫る
  • 中長期だけでなく、短期のマーケティング戦略を構築するための基本データが満載



第12回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ ウイスキー(2020年版)
企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ ウイスキー(2020年版)

酒類全体のダウントレンドのなかで、ウイスキーの快進撃が続いている。2018年度のウイスキーの課税数量は182,743kl、前年度比9.4%増で、11年連続で拡大している。そのきっかけとなったのは、サントリーがスタートさせた「ハイボール復活プロジェクト」。ハイボールという飲み方提案を通じて、若者向けのアルコールとしての地位を確立したことが大きい。

戦略ケース ぶれない基軸で何度も危機を乗り越える チョーヤの成長戦略
戦略ケース ぶれない基軸で何度も危機を乗り越える チョーヤの成長戦略

日本食ブームなどで海外でも人気が高まっている日本の梅酒。その製造・販売のパイオニアがチョーヤ梅酒だ。同社は1959年に梅酒の販売を始めて以降、大手メーカーの参入や生活者の酒離れなど、幾度も苦境に立たされてきた。それでも2018年度の売上高は124億円、国内シェアトップの地位を築いている。中堅企業である同社は、どのように危機に立ち向かい、今日の成長を遂げたのか。

消費者調査データ エナジードリンク<br>「コカ・コーラ エナジー」「アイアンボス」 新商品で再びブームなるか
消費者調査データ エナジードリンク
「コカ・コーラ エナジー」「アイアンボス」 新商品で再びブームなるか

2019年のエナジードリンク市場は前年比116%と2桁の伸びだ。今回調査ではいずれのブランドも3ヶ月内購入は6%台で、ユーザー層は大きいとは言い難い。しかし再購入意向は高く、ユーザー層は活発だ。新商品も登場する中、再びブームは訪れるのか。

会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.