半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2019.01)
第12回 ネクスト戦略ワークショップ
「消費行動のネット情報依存への転回と情報的マーケティング」講演録
ロングセラーブランドの長寿化
事例研究チーム



本コンテンツは、2018年11月21日開催の「第12回ネクスト戦略ワークショップ」の講演内容を要約したものです。

 日本には、発売から60年以上経過したロングセラーブランドがたくさん存在します。今年の消費社会白書の調査では、このロングセラーブランドに焦点を当てました。調査結果から分かったことは、ロングセラーブランドにとって既存客の流出は避けられないこと、生き残りには顧客の新陳代謝が必要なこと、潜在顧客基盤は大きいことなどでした。


ロングセラーブランドの特長

 まず潜在顧客の大きさについて、見ていきます。ロングセラーブランドの例として、お菓子のポッキー(グリコ)、アイスのハーゲンダッツ(ハーゲンダッツジャパン)、飲料のカルピス(アサヒ飲料)、ビールのスーパードライ(アサヒビール)を挙げて、商品の認知、購入経験、1年以内の購入、購入意向について聞きました。

 特長として、全てで認知と購入経験が非常に高いということが確認できます。さらに見ていくと、どのブランドも購入意向は高いのですが、1年以内に購入した率が商品によってばらつきがありました。

 また、スーパードライを除いた3ブランドは購入意向が1年以内購入を超えていました。知っているし、買ったことはあるけど、最近買っていないという状態です。そのため、キャンペーンなど何らかの刺激を与えることで、また購入してもらえるチャンスがあるといえます。


図表1.潜在顧客基盤が大きいロングセラーブランド



 次にこれらの商品の購入理由を調査しました。8割の人が、「品質がよい」「なじみのある味」「安心感がある」「信頼できる」といった項目を購入理由として挙げました。これは、品質や信頼感といったイメージがロングセラーブランドの強みとなっているということを裏付けています。


次は「避けられない購入頻度の減少」
【続きを読む】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。

より詳細なファインディングは「消費社会白書2019」をご覧ください

書籍イメージ
消費社会白書2019
ネット情報依存化する行動と消費パラドックス

  • 発刊以来16年間の知見とデータから「今」を鋭く分析し、「半歩先」を提案
  • オリジナルの時系列調査から現在の消費者の実像に迫る
  • 中長期だけでなく、短期のマーケティング戦略を構築するための基本データが満載



第12回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.06.13

24年4月の「消費支出」は2ヶ月連続のプラス

2024.06.12

24年4月の「家計収入」は19ヶ月連続のマイナス

2024.06.11

24年5月の「景気の現状判断」は3ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.11

24年5月の「景気の先行き判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.10

企業活動分析 ロレアル(L'Oreal S.A.)23年12月期は増収増益、過去最高を記録

2024.06.10

企業活動分析 ユニ・チャームの23年12月期は、23年12月期は増収増益、売上高は7年連続で過去最高を更新

2024.06.10

企業活動分析 ポーラ・オルビスの23年12月期は増収増益、主力ブランドがけん引

2024.06.07

消費者調査データ 日焼け止め(2024年6月版) 首位「ビオレUV」、僅差の「ニベアUV」「アネッサ」

2024.06.06

24年4月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は悪化

2024.06.06

24年3月の「現金給与総額」は27ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.06.05

24年5月の「乗用車販売台数」は5ヶ月連続で前年割れに

2024.06.04

24年4月の「新設住宅着工戸数」は11ヶ月ぶりのプラスに

週間アクセスランキング

1位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2024.05.29

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター なぜ今、若い男性は銭湯にハマるのか?

4位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

5位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area