日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


第12回 ネクスト戦略ワークショップ
ネット情報依存化する行動と消費パラドックス
進め 情報的マーケティング
2018年11月21日(水)14時~



前回(2017年11月)の開催要項と講演録はこちら

開催によせて



新しいマーティングの定石をご提案

 弊社独自調査による「消費社会白書2019」の最新の分析結果から、これからの消費動向を予測し、マーケティングに役立つ事例を紹介する「ネクスト戦略ワークショップ」を、今年も開催します。

 今回は、これからの消費とそれを取り巻く環境について最新の分析結果をもとに紹介します。

 SNSや口コミサイトなど「ネット情報」は、既存メディアに匹敵するほど消費者の行動に影響力を持つようになってきています。
 人々が商品やサービスの購入を決めるプロセスで、消費意欲がどんなきっかけで盛り上がったり下がったりするのか、などについても分析しています。
 また、ロングセラーブランドに焦点を当て、ブランドが生き残っていくために必要な施策について考察していきます。


「消費社会白書」について
■「消費社会白書2018」(昨年版)

 ワークショップでは弊社が毎年発刊している「消費社会白書」から、ポイントを絞った内容を紹介しています。
 この消費社会白書は毎回、オリジナルの質問紙の検討を重ね、消費者調査を実施。全国の人口構成比に合わせて各年代の男女から収集したデータを、様々な手法を使って分析しています。特定カテゴリーに捉われず消費全体を俯瞰できる唯一の書籍です。





プログラム

I.
14:00~14:45
(45分)

情報的マーケティング ―通説のパラドックス                           
代表取締役社長 松田久一
II.
14:45~15:30
(45分)

「消費社会白書2019」から(1)(仮題)
III.
15:30~16:15
(45分)

「消費社会白書2019」から(2)(仮題)
休憩
16:15~16:25
(10分)

IV.
16:25~17:10
(45分)
ケース・事例報告(仮題)
V.
17:10~17:30
(20分)
検討会(ディスカッション)
※プログラムおよび登壇者は10月18日現在のもので、予告なく変更する場合があります。ご了承ください。





開催要項

  日時 : 2018年11月21日(水) 14:00~17:30
  会場 : JMR生活総合研究所 会議室(パレスサイドビル2F)

      東京メトロ東西線竹橋駅直結(詳しいアクセス方法はこちら

会場は駅直結、窓外に皇居の風景を臨む開放的なオフィスです


  参加費:・有料会員 30,000円
      ・無料会員 35,000円
       (ともに税込み 。「消費社会白書2019」書籍代含む)
※お申込みには無料会員または有料会員へのご登録が必要です。ご登録はこちらから。

  定 員 : 30名(ご応募多数の場合は先着順とさせていただきます)





お申し込み

お申込みには無料または有料の会員登録が必要です。ご登録がまだの方は、まずは以下よりご登録をお願いいたします。



会員登録がお済みでない方
※会員サービスの詳細はこちらから。


会員登録がお済みの方
※調査会社、シンクタンク、コンサルティング、広告代理店、学生の皆様には、
ご参加をお断りさせて頂いております。何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。



マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.