日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2018.12)
第12回 ネクスト戦略ワークショップ
「消費行動のネット情報依存への転回と情報的マーケティング」講演録
ストイックな規律互助の価値観と消費見通し
どうなる?これからの価値観と消費
主任研究員 菅野守



本コンテンツは、2018年11月21日開催の「第12回ネクスト戦略ワークショップ」の講演内容を要約したものです。

本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

今の時代を象徴するストイックな価値観

 現代人の価値意識と消費行動は変化しています。そういった変化が、企業活動にどのような影響を及ぼしていくのかを考えたいと思います。

 まずは価値観です。当社は価値意識の調査を続けています。今年の調査データに基づく因子分析の結果からは、価値観として一番割合が大きかったのは規律互助で、その寄与率は52%でした。規律互助の中身は、物の豊かさよりも心の豊かさ、他人同士でも助け合える人間関係、自己管理ができるといったものです。基本的には、自分に厳しく他人に優しいということができます。この規律互助の意識は、1936-1955年生まれのベビーブーマーの人たちでもっとも高いのですが、それ以降では若い世代にいくほど高まっていきます。

 特に、ジェネレーションZJ(1996-2003年生まれ)は、この意識が高いといえます。我々はこの人たちを、ストイック世代と名付けました。思春期が、どのような時代だったのかというのは意識の形成に大きなインパクトを与えます。この世代は、思春期の時期が2010年代になります。日本で「失われた20年」という時代が終わり、安倍政権となってアベノミクスが始まりました。経済や社会が若干前向きになっていく雰囲気の中で、10代を過ごしています。


次は「世代交代で強まるストイックな価値観」
【続きを読む】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。

より詳細なファインディングは「消費社会白書2019」をご覧ください

書籍イメージ
消費社会白書2019
ネット情報依存化する行動と消費パラドックス

  • 発刊以来16年間の知見とデータから「今」を鋭く分析し、「半歩先」を提案
  • オリジナルの時系列調査から現在の消費者の実像に迫る
  • 中長期だけでなく、短期のマーケティング戦略を構築するための基本データが満載



第12回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

「オールフリー」「ドライゼロ」がしのぎを削る ノンアルコール飲料の商品ランキング
「オールフリー」「ドライゼロ」がしのぎを削る ノンアルコール飲料の商品ランキング

ノンアルコール飲料の市場は2019年まで6年連続で拡大している。コロナ禍でビール系飲料が落ち込む中、家飲みの増加や健康志向の高まりが成長を支えているとみられる。まだ市場規模は小さいものの、今後の成長に期待がかかる商品分野だ。

市場「アップダウン」期のマーケティング戦略―コロナ後、消費の反発力はどこへ向かう?
市場「アップダウン」期のマーケティング戦略―コロナ後、消費の反発力はどこへ向かう?

コロナ禍で、「ワンランク上」の高級品が売れている。30年ぶりの株高も加わり、「バブル」消費の再来を思い起こさせる。「上」へ昇っていく市場だ。他方でホテルや外食など「下へ」降っていく市場もある。このめまぐるしく「アップダウン」しトレンドが読めない市場を「エレベーター市場」と規定してみる。この市場転換期に、状況を見定めて、守りと攻めを明確にしたマーケティングを展開すべきだ。

料理の強い味方 増加する加工食品の利用
料理の強い味方 増加する加工食品の利用

コロナ禍で内食が増加し、加工食品の需要が伸びている。今回は、実際に加工食品が誰に、どのように利用されているのかを調査した。その結果、在宅時間の増加とともに増えた調理の時間や手間の短縮に、加工食品が貢献している実態がみえてきた。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.