日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2020年04月17日
消費者調査データ No.315
デリバリーサービス(2020年4月版)
人気のピザ、リピート意向の高い食品宅配サービス



本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2018年の日本の外食市場の規模は前年比0.3%増の25兆7,692億円と推計されている(日本フードサービス協会)。このうち、成長が著しいとみられているのが、フードデリバリーだ。

 今回は、当社が任意に選んだフードデリバリーなど(食材宅配、ネットスーパー含む)28のチェーンやサービスについて、「知っている(認知率)」「自宅で利用できる(利用可能)」「利用したことがある(利用経験)」「最近3ヶ月内に利用した(3ヶ月内利用)」「最近1ヶ月内の利用が昨年に比べて増加した(頻度増加)」「今後(も)利用したい(今後の利用意向)」の6項目に対してインターネットモニターに対して行った調査結果に、「利用経験者における今後の利用意向(再利用意向)」の分析加えてランキング形式でお届けする。

 今回の調査では、米国から1985年に上陸、日本で初めて「デリバリーピザ」を流行させた「ドミノ・ピザ」が7項目中5項目で首位を獲得、同じく宅配ピザチェーンの「ピザーラ」が4項目で2位を獲得し、デリバリーピザの人気ぶりを証明した。

 専業のデリバリーサービスでは、国内最大規模の「出前館」が、利用経験、3ヶ月内利用で4位、頻度増加と今後の利用意向で3位に入った。2016年に日本に上陸し話題となった「Uber Eats」は、これまでの利用経験では13位だが、3ヶ月内利用では7位、今後の利用意向では8位と善戦している。また、専業デリバリーサービスは、再利用意向で、NTTドコモの「dデリバリー」が首位、楽天の「楽天デリバリー」が3位、「Uber Eats」が5位、「出前館」が7位など、10位内に4サービスがランクインした。

 外食産業におけるデリバリー比率は3%程度という推計もあり、市場規模はまだ小さいが、今後の成長が期待される分野でもある。さらに今年2月以降の新型コロナウイルス国内感染の拡大と、感染防止のための外出自粛などでデリバリーサービスは注目を集めており、とくに、ユーザーのロイヤリティの指標となる再利用意向の高いデリバリー専業サービスの拡大が予想される。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示28サービス】(調査時には下記に加え、「その他」の項目を追加している)
  • 出前館
  • Uber Eats
  • d デリバリー
  • LINEデリマ
  • 楽天デリバリープレミアム(旧楽びん!)
  • マックデリバリー(日本マクドナルド)
  • モスバーガーのお届けサービス
  • ファーストキッチン
  • お届けケンタッキー(ケンタッキー・フライド・チキン)
  • ドミノ・ピザ
  • ピザーラ
  • ナポリの窯
  • 銀の皿
  • 柿家鮨
  • 釜寅
  • 宅配御膳菱膳
  • ガスト、ジョナサン、バーミヤンなどすかいらーくグループのレス
  • 上海エクスプレス
  • セブンミール(セブン-イレブン)
  • ワタミの宅食
  • オイシックス
  • ヨシケイ
  • らでぃっしゅぼーや
  • イオンネットスーパー
  • アイワイネット(イトーヨーカドー)
  • 楽天西友ネットスーパー
  • コープネットスーパー、パルシステムなどの生協の個配
  • Amazonフレッシュ


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2020年3月13日(金)~3月17日(火)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,023サンプル
サンプル構成(%)






参照コンテンツ


おすすめ新着記事

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>働き方の多様化が後押しするデリバリーサービス利用
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
働き方の多様化が後押しするデリバリーサービス利用

新型コロナウイルスの感染拡大にともない、自粛や店内飲食の制限などの影響を余儀なくされているファーストフードチェーン。彼らが活路を見出しているのが、デリバリーやテイクアウトなどのサービスだ。今回の調査では、実際にこうしたサービスがどの程度利用されているのか、また在宅勤務などの多様な働き方がサービスの利用率に与える影響などを探っていく。

消費者調査データ 炭酸飲料<br>盤石「コカ・コーラ」、高リピート意向のPB
消費者調査データ 炭酸飲料
盤石「コカ・コーラ」、高リピート意向のPB

炭酸飲料の市場は2019年は冷夏の影響で微減となったものの、ここ15年ほどアップトレンドが続いている。今回の調査でも、「コカ・コーラ」が複数の項目で首位を獲得。再購入意向ではイオンと西友のPBが上位に入った。炭酸飲料は新型コロナウイルスの影響で業務用需要が大きく減少。イベントの自粛や規模縮小、リモートワークなどが続いており、最需要期の夏を迎えても飲料への逆風は続きそうだ。

消費者調査データ 紅茶飲料<br>成長市場をリードする「午後の紅茶」
消費者調査データ 紅茶飲料
成長市場をリードする「午後の紅茶」

成長市場をリードする「午後の紅茶」
今2019年の紅茶飲料の販売数量は4年連続の増加となった。ここ最近のトレンドは、働く人をターゲットにした新製品や、フルーツのフレーバーティなど新たな切り口の商品の新発売が相次いでいるが、今回の調査結果では、リーディングブランドである「午後の紅茶」がランキングのトップを独占した。






会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.